マイブームはスパニッシュ

昨年の12月、音楽仲間のyukiさんに誘われて聴きに行った「スパニッシュコネクション」のライブがとても素敵で、以来すっかりスパニッシュがマイブームです。
実は随分前からスパニッシュギターは聴いていて、大好きなジャンルだったのですが、なかなかライブに足を運ぶ機会がありませんでした。

私がスパニッシュギターを聴く切っ掛けとなったのが、↓このアルバム((「GYPSY SOUL」の方)
f0021369_23275131.jpg

あの有名なNARADAレーベルのアルバムですが、丁度10年前に馴染みのCD屋さんでかかっていたのを偶然聴いて、売り物ではなかったらしいのですが…レコード時代に「カットアウト盤」と言うのがあったのをご存知でしょうか、あれと同じ扱いらしかったです…店のオーナーにお願いして無理矢理分けてもらったCD。
(「ForPromotionOnly」と書かれてます)↓
f0021369_23354287.jpg

今で言うコンピアルバムですが、買ってきて聴いてみると"Al Di Meola" "Paco de Lucia" "Oscar Lopez"など、蒼々たるラインナップで、以来ずっと聴き続けています。
「Narada Guitar: 15 Years of Collected Works」の方はまだ売っているようですが、こちらは普通の(?)フィンガーピッキングのコンピアルバム。
私のお勧めは「GYPSY SOUL」の方なのですが…

前置きが長くなっちゃいましたが、そんな訳で「スパコネ」のアルバムが年末から年始にかけての蛇回しとなってました。
ツアー限定のこのアルバム↓
f0021369_23452742.jpg

で、数日前に新しいスパニッシュなアルバムがAmazonから届きました。
随分前から気になっていて、Amazonの『欲しいものリスト』に入れっぱなしだったCD。
ビセンテ・アミーゴ の「イデアの街」
激しすぎなく、ちょっとセンチメンタルなメロディラインが美しい…
買って正解でした。
しばらくはこれが蛇回しになりそう。
f0021369_003983.jpg

そうそう、ついでに、こちらも以前から『欲しいものリスト』に入れていたミシェル・カミロを2枚購入。
ジャズとラテンの混合…と言った風情ですが、圧倒的な技術で聴かせてくれます。
スパニッシュ…とはちょっと違いますが。

他にも数枚届いたアルバムがありますが、そのお話はまた今度。

あっ、そうそう、スパニッシュギター、フラメンコギターを聴いてしばらく振りにナイロン弦を手にしましたが…全然練習する気にはなれませんでした、なはは。
やっぱりギターは諦めて、パルマ(あの独特の手拍子)教室にでも通おうかしら…


追伸
調べてみたら「GYPSY SOUL」も、US Amazonでは扱っているようです。
これ
レヴューも「純粋なフラメンコではないけれど、彼らの才能や情熱は素晴らしい」と言った感じの事を書いている方が多く、概ね好評です(^^)
[PR]
by aki3man | 2009-01-09 23:50 | ギター
←menuへ