デフレ

そろそろ皆さんも忘年会ラッシュじゃないですか?
私も先日はギターサークルの、昨日はカメラマン仲間の忘年会。
この後も2〜3回、忘年会が続きます。

昨日の忘年会、3,500円で生ビール飲み放題&国産黒豚しゃぶしゃぶ他、数十種類のメニュー食べ放題で、3,480円。
個室だし、味もまぁまぁ。
ギターサークルの忘年会も生ビール飲み放題+コース料理で3,500円。
一昔前まで、忘年会は4,500〜5,000円、4,000円だと発泡酒…って感覚でした。
ところが、情報誌等を見ると、今年は4,000円以下の忘年会コースがメインです。
やっぱり不況のせいで、忘年会の予算が2〜3割減なのでしょうね。

話は変わりますが…
最近は服を買うのもユニクロやイオン、ポスフール等ばかりで、百貨店や路面店ではほとんど買わなくなりました。
最近買ったの衣料品、スーツ@5,000- ビジネスシャツ@880- フリース@980- …
どれも見る限りではそんなに安く感じないし、充分実用に耐えます。
もちろん、消費者としては安いのは大歓迎ですし、文句を言う気はサラサラないのですが、作り手・売り手の事を考えると、何とも複雑。
作っているのはほとんど中国や東南アジア諸国ですが、企画〜販売している人達は切ないだろうなぁ…と思っちゃいます。
やはり、物には適正価格があると思うんですけど。

このデフレで低価格が当たり前になってしまうと、今後景気が戻っても安くて良いもの(と感じられるもの)が入手できない…流通しているものに対してちゃんとした価値観を見いだせない…そうならないでしょうかね。
形態は全く違いますが、モノを作って売る立場としては、非常に考えさせられる最近の価格設定です。
価格が下がると言う事は、モノの価値が下がると言う事とイコールになるのでしょうか…
同じ気持ちでシャッターをきっても、価値は価格と共に目減りするのなら(写真で形にする)想い出の価値まで目減りしてしまう…そんな気がしてしまいます。決してそんな事は無いんですけどね。

まぁ、一消費者として安い事に文句を言うのは贅沢でしょうが、逆の立場にもなっちゃう訳で、何だか(気持ちの)一人デフレスパイラルです(^^;;

そうは言っても、気心の知れた友人たちとの飲み会は本当に楽しいです。
安い会費で楽しい時間を過ごせるんですから、もう少しこの恩恵にあやかるとします。
[PR]
by aki3man | 2009-12-09 18:39 | 日常
←menuへ