『アバター』観てきました

昨日、話題の3D映画『アバター』を観てきました。

感想は…ん~、難しいなぁ。
いえ、内容自体は全然難しくないのですが「映画」として評価するのが難しい。
何と言うか、テーマパークのアトラクションと思えば充分楽しめましたが「映画」と思って観ると、評価が分かれる気がします。
3D映画と言うものが初めてだったので、そう言う面では楽しむ事ができました。
ストーリーは割合最初の方で読めちゃって、またその想像したストーリー通り、全く裏切らずに進んでくれちゃいます。
もっとも、3時間弱の3Dアトラクションと思えば、難しいストーリー展開は不必要でしょう。

さてその3Dですが、巷には4種類の3D方式があるようで、私が観たのはその中の「RealD」と言う方式。
噂ではこの方式「メガネは軽くていいが、席は真ん中じゃなきゃダメよ。飛び出し具合はまぁまぁってとこかな」…と言う事らしい。
実際もらった(そう、頂けるのです)メガネは大きさも重さも適度で、掛け心地も悪くはなかったです。
普段メガネを掛けている私はメガネonメガネとなる訳ですが、さすがにon状態で3時間は辛かろう…と、コンタクト着用で観に行きました。はい、これ正解でした(^^)
ちなみにそのメガネはこれ↓ 自分の眼鏡よりも結構大きいので、重ねても大丈夫ではあります。
f0021369_2210278.jpg

メガネは軽くて掛け心地もそう悪くなく、席も真ん中の良い場所をリザーブしたおかげで、不快な思いをする事なく堪能する事ができました。

肝心の3D、びよ~~んと、それこそどこぞやのアトラクションのように驚く様な効果ではないですが、充分「それ」と分かる効果。
ただ正直言うと、背景の2D画像と3Dで撮られた画像が馴染んで見えなかったり、前ボケに使われる独立したオブジェクトがわざとらし過ぎたり…と、やはり違和感を感じる事度々。
ただ中には酔ってしまう方もいるようですが、私はそんな事は全然なし。

3Dとは別に、映像全般は確かに美しいのですが、まんま実写の場面とCGで作られた場面の彩度が違いすぎて、どうにも居心地が悪い。
上手く言えないのですが、「ウソ」の部分はちゃんと騙される事ができるのに、ちょっと「生っぽい」部分は正直に見ちゃうと言うか・・・
ファンタジーの世界に頭の先まで浸かっちゃう事ができない、捻くれた性格のせいかも(^^;;
とは言うものの、あのモーションキャプチャーを駆使したCGはスゴいですね。

映画の詳細や内容については割愛しますが、ストーリー展開が淡白過ぎてナヴィと呼ばれる原住民やアバターに感情移入ができないまま話が進んじゃって、ラストの戦闘シーンになってやっと…と言う感じでした。
私には、所謂「不気味の谷」ギリギリのキャラクターだったのかもしれません。

そんな中一番感じた事、空中に浮く島々の様な映像は、私の大好きな「YES」のロゴやジャケットのデザインを担当したイラストレイター、ロジャー・ディーンの描く世界、まさにそのもの。
それに気付いてからは、何だか急に愛着を持って映像を楽しむ事ができた位にして(^^;;

22世紀になっても、車イスは今と全く同じだし、武器はやっぱり火器なのね…とか、通信できないって言ったとこから通信できちゃてるじゃん…とか、他にもいろいろ突っ込みどころはあるのですが、同じくキャメロン監督の『エイリアン2』で使われた「パワーローダー」そっくりなのが出てきたり(しかもシガニー・ウィーバーが出てるし!…是非操縦して欲しかったなぁ)あのヘリコプターみたいな戦闘機も見覚えがあったり、見所は他にもいろいろ(^^)

最初に書いた通り私としては映画としてトータルの評価のしづらい作品でしたが、映画がこれからどう進むにせよ、エポックメイキングな作品として名を刻むのでしょうね。
レイトショーで観たので1,500円也。3時間たっぷり楽しませてもらいましたし、高くはなかったです。
興味がある方は観てみてはいかがでしょう、綺麗な心の持ち主には素敵な映画だと思いますし(^^;;
で、心を綺麗にしなきゃならない私は次『オーシャンズ』を観てこようかと思います。
[PR]
by aki3man | 2010-02-05 22:08 | 日常
←menuへ