ピアノとフルートの発表会

今日のお仕事・・・いつも婚礼スナップの撮影の際にお世話になっている、聖歌隊のオルガニストの方からご依頼頂き、ピアノとフルートの発表会の撮影をさせて頂きました。
ピアノの発表会は何度も撮っていますが、フルートはあまり経験ありません。
会場も初めて伺う場所『奥井理(おくいみがく)ギャラリー
f0021369_229480.jpg

1995年に19歳で亡くなった札幌の若き画家、奥井理さんの作品を展示する為にご両親が開設されたギャラリー。
吹き抜けの天井と、ガラスの外にはテラスが儲けられた素敵な空間に、氏の作品が所狭しと展示されています。
私はこの仕事をしていながら「絵画」に対する知識も乏しいですし、それ見る目にも自信がありません。
ですので、彼の作品に関して語る何の言葉も持ち合わせていませんが、彼がしたため続けた文章は真っすぐ心に届くものがありました。
テーブルに置かれたノートにも、同じような感想を持たれた方々のコメントがたくさん残されています。
f0021369_229943.jpg

f0021369_2291141.jpg

さて、肝心の発表会はと言うと…
小さな子ども達ばかりかと思っていたら、高校生〜大人がほとんどで、当然レベルも高い。
「生徒さん達の発表会」と言うより「若手アーティストの演奏会」と言った風情。
適度な緊張感の中で、皆さん素敵な演奏を聴かせて下さり「眼福」ならぬ「耳福」(なんて言葉あるんでしょうか(^^;;)
f0021369_229798.jpg

最後の講師演奏…フルート二人とピアノのアンサンブル…はさすがに素晴らしかったです。
f0021369_229616.jpg

演奏人数の割に長時間で、終わる頃には外はすっかり暗くなってました。
ギャラリーの横の楓の木は、上半分だけが色付いて綺麗なグラデーション。紅葉は街にも降りてき始めたようです。
f0021369_229267.jpg

久し振りにのんびりクラシックを楽しみたくなって、今はこれを書きながら…絵画とクラッシック繋がりで…大好きなラベルの「ダフニスとクロエ」を聴いています。
色彩豊かで目をつぶると映像が瞼の裏に浮かび上がる素敵な楽曲です。
私は逆に、見ているだけで音楽が聴こえてきそうな…そんな写真を撮りたいものです。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
by aki3man | 2010-10-17 22:42 | 写真
←menuへ