自分の仕事

自分の職業、「写真屋」
スタジオで記念写真や婚礼の写真、集合写真なんかを撮っている。
今回のような災害がある度に、もっと人の役に立つ仕事に就けばよかったかも…と意味の無い考えが頭をよぎる。

今日TVを見ていたら、被災者が自宅に戻り、飾られた写真を一番にしまい込んでいる光景が映し出されていた。
とても嬉しかった。
大切な人の写真、愛する人と一緒の写真、薄っぺらな紙にプリントされたただの写真だけど、もしかしたら前を向く手伝いをしているのかもしれない。
今自分ができる事は少ないけど、毎日頑張ってきた事が時ちゃんと役に立っていたんだと初めて気付かされた。

今日も結婚したお二人の写真を撮らせて頂いた。
広告写真や報道写真のようにたくさんの人の目に触れる事はないけれど、その代わり使い捨てられる事の無い、一人一人の宝物になる写真。(できれば今回のような想いで使われる事がなければいいのだけれど)
そんな「力」を持った写真を撮る事ができる仕事を誇りに思う事ができた。

当り前だけど、役に立たない仕事なんて無いんだよね。
「僕が撮ってきた写真、ちゃんとあなたの力になってますか?」

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
by aki3man | 2011-03-14 00:08 | 日常
←menuへ