0.4mm/1.3m

震災以来、いろいろな事を考える機会を与えられている気がします。
ちょっと思い立って計算してみた事を一つ。
(まだ調べてませんが、きっと似たシミュレイションをしているサイトがたくさんあるんだと思います。後ほど調べてみて間違いがあれば訂正しますが、間違いにお気付きの方はご指摘下さい。)


地球の直径は約13,000km。
太平洋の平均水深は4,000m。
所謂空気の層、対流圏は1〜20,000m。
成層圏でも50,000m。

地球を直径1.3mのボールに置き換えたら、太平洋なんて0.4mmの厚さしかない。エベレストだって1mmにも満たない。
プレートがちょっとズレただけ…多分このボールに蚊が止まる衝撃より少ない…で、波紋が広がるのも見えない程の波が起きる、そんな(宇宙にとっては)ほんのちょっとの事。
でもその事で数万人の命が奪われる。
空気だって成層圏まで入れても5mm。
たったこれだけの厚さに、CO2をどんどん溜め込んじゃってる。

良い年してそんな事を想像して「自分がいかに小さな存在か」なぁんて今更語る気はないけど、改めてイメージすると、ちょっとおかしな気がしてくる。
もちろん今の文明を否定する気もないし捨てる気もないけれど、やっぱり何だか釈然としない。
f0021369_12223215.jpg

ついでに調べて計算してみた。
地球と月の関係、同様の例えだと直径35cmのボールが約40m先(!)にある事になる。
スペースシャトルの飛行高度は500km程度と記憶しているので、たかだか5cm位離れた所を飛んでる計算。
宇宙は広いと言うか、地球が小さいと言うか…いや、やっぱり人間は小さいな…

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
by aki3man | 2011-04-03 13:43 | 日常
←menuへ