「奇跡の山、富士山」

一昨日NHK総合で放映された「奇跡の山、富士山」の録画を、昨日観ました。
元々BS Hiで先月放映されたものの再放送です。
この番組の音楽は岸部眞明さん。

昨年のライブの時にもMCでお話ししていましたし、2月にメールでも「富士山の音楽で大忙しです」と仰っていました。
以来、楽しみにしていたのですが、我が家ではBS Hiが見れず、やっと一昨日の放映で…となった訳です。

オープニングはいきなり「風、走る」
この曲しかない!と言う、ベストな選曲でありました。
この「風、走る」、番組中盤でピアノソロアレンジでも演奏されていて、それがまた良かった〜
オリジナルの「風、走る」は疾風ですが、ピアノソロは爽やかなそよ風が走っていました。
そして最後の「風、走る」は、ギターにピアノを含めたオーケストレーションアレンジ。
富士山の壮大な映像と相まって、素晴らしいエンディングでした。

使われた曲は全部で20数曲。新曲も5〜6曲あったでしょうか。
「Truth」「雨降る窓辺で」「夜想曲」「Islander」…
「The Water Is Wide」の前と後にかかった2曲の新曲も印象的でした。

元々こういったドキュメンタリー番組は好きなのですが、いつも映像を撮る側の目線で観てしまいます。
この番組も、素晴らしいカメラマン達が大変な時間と労力を費やして撮影した膨大な絵の中の、ほんの一握りを編集して作られているのが観て取れました。
最初に出た、四季の富士山の定点映像、あれだけでも1年通して撮らなければならないし、番組中、ほんの数秒写されるだけの夜間撮影も、酷寒の中、一晩カメラを回し続けなければいけません。
番組は、その素晴らしい映像と素晴らしい音楽のコラボレーションでした。
折角のハイビジョン映像を、アナログ地上波(しかもゴースト入り(^^;;)でしか観れなかったのは残念ですが、いい番組を堪能しました。

ちなみにこの番組のサントラCDが6月頃に出る(かもしれない<本人談)ので、今から楽しみです。
そうそう、待ちに待った「RECOLLECTION」の楽譜も、GW明けに出る(かもしれない<本人談)らしいですよ。

4/13 加筆
音楽だけ気にしながら見直したところ、新曲は7曲(?)
富士山の火口付近の映像が流れた時の音楽、最初新曲かと思っていたのですが、何だか聴き覚えが…そう思って聴き直したら、1stアルバムに入っている「幻想の森」でした(すみません、1stはあまり聴いてない(^^;;)
映像にあまりにぴったりだったので、絵を観ながら書いたのかと思ってました。
実は絵を観ながらは1曲も書いていないらしく、イメージだけを伝えられ曲を書き、NHKの方が選曲したそうです。
[PR]
by aki3man | 2006-04-12 13:08 | ギター
←menuへ