8mmフィルム

妻が実家から面白い物を持って帰ってきました。
子供の頃の写真…ならぬ、8mmフィルム
「フジカシングル8」と言って、ご存知の方はどれくらいいらっしゃるでしょう。

運良くうちの社長が映写機を持っていたので、早速借りてきて先ほどまで家で上映会をしました。
居間の壁には、妻が2〜4歳頃、動物園や雪祭り、海水浴などに行った時の映像が驚く程色鮮やかに映し出されました。
f0021369_22343471.jpg
1ロール3分程ですが、何本かのフィルムをゆっくり楽しみました。
カタカタカタカタ…ビデオとは違う独特の雰囲気が懐かしさを増幅するのでしょう。
「かわいいね〜のりちん」と、妻は大はしゃぎでした(^^)

今の子供達は生まれた時からビデオがありますが、私の頃は写真が精一杯。
それでも、話し始めた頃の“声”が録音されたオープンテープが残っていますから、良い方でしょうね。
オープンテープの録音はカセットテープに、そしてCDへと形を変えて残してあります。
この8mmフィルムも、早いうちにDVD化して残そうと思います。

写真もそうですが、やはりこういう物は何年も経ってからその本当の価値が分かるもんですね。
私がいつも撮っている写真達も、10年20年の後、笑顔のお手伝いをしてくれると嬉しいです。

f0021369_22561985.jpg
f0021369_22563117.jpg

[PR]
by aki3man | 2007-02-17 22:58 | 日常
←menuへ