吹き替え

ドラマはお好きですか?
私はあまり日本の連ドラは見ないのですが、海外ドラマは割合良く見ている方かもしれません。
昔は「奥様は魔女」「じゃじゃ馬億万長者」「バイオニック ジェミー」「チャーリーズエンジェル」「ナポレオンソロ」「スパイ大作戦」「謎の円盤UFO」…etc

近年はと言うと「ER」「24」「フレンズ」「ビバリーヒルズ○○白書」「アリーmyラブ」「ザ・ホワイトハウス」「トゥルー・コーリング」
そして今一番楽しみにしているのは「デスパレートな妻たち」と「プリズン・ブレイク」です。
「デスパレート…」はシーズン2ですが、前作はエミー賞を総なめした作品。
「プリズン…」も本国で大ヒット中(現在シーズン2放映中)のFOX作品です。

海外ドラマの場合、気になるのが吹き替えです。
「刑事コロンボ」の小池朝雄さん(小池さん亡き後は石田太郎さん)や「名探偵ポワロ」の熊倉一雄さんなどは、吹き替えを感じさせない程馴染んでしまっています。
(ちなみにどちらも、ほとんどの作品を見た大好きなドラマ)

「アリーmyラブ」の若村麻由美さんもハマり役でした。
以前『AVANTI』で彼女が「吹き替えは大変、右の耳でヘッドフォンから流れる英語の原音を聴きながら、左の耳で日本語で喋っている相手役のセリフを聴き、右目でモニタの映像を見ながら、左目で台本を読む。本人の息継ぎのタイミングまで覚えてしまった」と話していたのを思い出します。
それくらいしなければ、あれだけの吹き替えは出来ないのでしょうね。

いろいろな海外ドラマを見ていると「あっ、この声はベントンだ」「この声、よく聞くよね…ビバヒルの○○の声だ!」とか思い出します。これも楽しみの一つですね。

さて、前述の「デスパレート…」の(ほぼ)主役“スーザン”の声をやっているのが萬田久子さん。
これが…言っちゃ悪いですが、最悪(>_<)
もう30話以上も見ているとすっかり慣れてしまって、あれはあれでありなのかと思っていますが、他が上手いだけに違和感たっぷりです。
それにしても大変な仕事ですね。

海外ドラマは見本市があって、バイヤーが買い付けをする訳ですが…
この話はちょっと長くなるので、続きはまた明日。
[PR]
by aki3man | 2007-03-02 22:05 | 日常
←menuへ