白石康次郎 と 野口健

先日のトップランナーに海洋冒険家の白石康次郎氏がでていました。
彼の事は本で読んで知っていましたが、実際に話を聞くと人柄や育ちの良さ、賢さが良く分かって非常に面白かったです。
以前、野口健氏の講演を聞いたのですが、野口氏ととても似たところがあります。
実はこの二人、対談形式の本を出していています。

f0021369_063375.jpg「大冒険術」
一年程前に読んだのですが、この本がとても面白い。
野口氏の本は他にも何冊も読んでいますが、二人とも本当に「生死をかけた」チャレンジの事を、サラッと気負い無く述べているところが、逆に凄さを感じさせます。

以前は「冒険家」と言う職業(?)を羨ましく思う事も無く、どちらかと言うと逆に人に迷惑をかける(事の多い)ネガティブなイメージさえ持っていましたが、トップランナーで白石氏が「SOSを出すのは恥ずかしい事。出す前に引き返す勇気が必要」と述べていているのを聞き、野口氏の本にも同様の事が書かれていたのを思い出しました。
彼らのように生死をかける判断決断ではないにせよ、引き返す勇気、諦める勇気は、とても大切なのかもしれません。
本当の意味での勇気を持った人間でなければ「冒険家」を名乗る事は許されないのでしょうね。

私は軟弱なウィークエンドキャンパー&日帰りトレッカーですので、「自然と相対する事は…」などと大上段に構えて述べられる何も持っていませんが、彼らの本を読んだ子ども達が彼らのフォロアーとなる事を期待しています。
野口氏が植村直己氏の本を読んで憧れたように。
こんな歳になってからこのような本に出会った事に、ちょっとホッとしてます。
以前、沢木耕太郎の「深夜特急」を読んだ時にも同じ事を思いました。
だって、若い頃に読んでいたら絶対に影響を受けてたはずですもん(^^;;

そうそう、命はかけてないし本も書けないけど…それでも、願わくば私の写真を見てカメラマンに憧れる子どもが一人でも表れてくれれば…なぁんてね。
[PR]
by aki3man | 2007-09-23 23:39 | 日常
←menuへ