カテゴリ:ランニング( 5 )

先日の月曜日、初の『ランスパ』をしてきました。
ランスパ…自転車(&ブログ)仲間のしぃさん(とご主人のyosiさん)から教えて頂きました。
ランニングとスパ(温泉)の組み合わせ。
温泉をロッカールーム代わりに使わせて頂く事ができる温泉施設が、最近は幾つかあるとの事。
今回はそんな施設のうちの一つ『蔵ノ湯』を利用しました。
やはり自転車仲間のsiro_pugさんとyosiさんの3人で走る予定でしたが、残念ながらyosiさんは急な仕事で欠席。
19時に蔵ノ湯で待ち合わせ。フロントで「ランニング利用で〜す」と伝えてロッカーキーをもらいランニングの格好に着替え。
ロッカー機を再びフロントに預けるのですが、番号を覚えておく自信がないので、キーを写メしておきました^^

駐車場でストレッチ後、siro_pugさんと二人で早速走り始めました。
目指すは白石サイクリングロード。
siro_pugさんはまだ喘息が治っていず、冬シーズン初めてのランだったそうでちょっと辛そうでしたが、7km/h程度ののんびりペースで10km程。
サイクリングロードはしっかり除雪されていて走りやすかったです。
f0021369_21494259.jpg
橋の上は全然雪なかったし。
で、あんなにたくさん走ってる人がいるとは思いませんでした。
自宅そばにあんなコースがあると良いですね〜
ガーミンコネクトのデータはここ
(エキサイトブログ上には直接貼付けられないみたい)
無事1時間10分程で戻って来て、まずは水分補給。
それ程汗もかかないし、喉が渇いた気もしないのですが、思った以上に水分を失っていたらしく、ちょっと脱水症状気味。そしてちょっとハンガーノック。
と言う訳でまずは食事。
そうそう、蔵ノ湯には食事のセットがあり、丼とお風呂で700円!安過ぎ〜〜^^
今回は天津丼をセレクト。
f0021369_21494172.jpg

その後、二人での〜〜んびり露天に浸かって(浸かりすぎてちょっとクラッと来たのは内緒)疲れを癒しました。

そんなこんなで初めての『ランスパ』終了。
これ、ちょっとクセになりそうです。
もうちょっとサイクリングロードが近ければ文句無しですが、蔵ノ湯自体は通勤路沿いなので、仕事帰りにはいつでも寄れそうです。
月・金曜日の19時からだとだいたい大丈夫なので、よろしければどなたかご一緒しませんか?
いつでもウェルカムですよ〜〜〜!
但し、キロ6分台ののんびりペースで15km以内に限りますが^^;;

siro_pugさん、体調が万全じゃない中お付き合い頂きありがとうございました。
yosiさん、次回は是非!しぃさんもご一緒に^^

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
この前の日曜「きたひろしま30kmロードレース」と言うランニングイベントに参加してきました。
先月の「旭川ハーフ」に続いて二度目のレース。
ところが、その旭川ハーフ以降、アキレス腱や足の付け根(の外側)の痛みが引かず、ランニングを再開したのはやっと一週間前。
それも5km程度を2回だけ…さすがに不安で、ギリギリまで参加を迷っていました。
10km程走って様子をみてやっと出場を決めたのは金曜日の事でした。
f0021369_23381254.jpg
(駐車場は綺麗に紅葉していました)
旭川の時はこっそり一人で参加したのですが、今回は自転車仲間のでかつさんも参加なので安心です。
(でかつさん、旭川も出てたんですけど、私が内緒にしていたのでお互いにひとりぼっちでした、ごめんよ〜<でかっちゃん)

新しくなった体育館で受付し(この体育館のリニューアル記念大会だったんですね)前回の轍を踏まないように、重ね着したランシャツにゼッケンを付けストレッチしていたらでかつさん登場。
その大きな身体に隠れるように、やはり自転車仲間のGossyさんが!
びびってDNSしないようにスタートを見届け(てくれ)る魂胆か^^
自転車の400kmクラスのロングライドイベントを始め、北海道マラソンも完走している大先輩(私よりひと回り若いですが^^;;)のGossyさんに応援してもらえば完走は約束されたようなもの…な訳は無い…
いろいろとお話しさせてもらってると、自転車のヘルメットを被った素敵なカップルさんがでかつさんに話しかけてきました。
どなたかと思って伺ってみると、何と参加の前々日にブログにコメントさせて頂いたばかりのしぃさんご夫婦でした。ビックリ!
お二人ともとても素敵な方で、拙ブログも以前から見て頂いていたとの事。
こんな出会いがあると、細々でもブログを続けてきた甲斐があると言うものです。
スタート前に緊張する暇も無く楽しい時間を過ごさせて頂きました。

この日はとても風が強く気温も低め。しかも午後からは雨の予報…
こりゃまた遅い人程雨に当たる罰ゲーム的レースになる可能性が(>_<)
取りあえずでかつさんとスタート地点へ向います。
コースは何度も自転車で走っているエルフィンロード。
そうそう、私はでかつさんと同じく15kmの部です。
ハーフ走ったんだから次は30km…とも考えたのですが、30kmは15kmのコースを2周なので、同じ道を走るのが嫌いな私には精神的に無理。
「また同じ道走るのかぁ…」と思った途端テンション↓↓
できれば折り返しもしたくない、ワンウェイかグルッと周回コースがいいですね。

f0021369_23381525.jpg(←スタート前、余裕ぶっこいてます)
前回序盤でオーバーペースだったので、今回はペースに気を付けてのんびりスタート。
200〜300m程走った所ででかつさんと「次は折り返しで!」とお別れし、マイペースで進みます。
キロ5'45"程度で走る予定でしたが、往路はフォローの風に背中を押され、下りが始まる3km辺りからは5'10"くらいのペース。
コースの両脇の木々は程よく色付いていて、隣のランナーと「綺麗ですね〜」なんて話してみたり。
ほんと途中の紅葉は美しくて、その中を走るランナーのカラフルなシャツも印象的で、よっぽどポーチのiPhone引っ張り出して写真撮ろうかと思ったほど。
でもこの曇天では走りながらじゃ絶対にブレちゃうなぁ…足は止めたくないしなぁ…ピーカンだったら走りながらでも撮れたのになぁ…などと考えてるとこが、一応カメラマンの端くれみたい^^

今回のレース、ゼッケンが前だけで後ろに着いていないので、前のランナーのゼッケンのかけ算…と言う暇つぶしができないのが残念。
実はかけ算より、その番号が『素数』かどうか計算する事が密かな楽しみなのですが、いちいち振り返ってゼッケンを見せて頂く訳にもいかず…
それでも、きれいなおねーさんランナーを目標にするとペースが上がるのはいつも通り。
今回は特に、ほぼ同ペースで走ってくれた(いや、私の為にじゃないのは分ってますが)おねーさんのおかげで、随分助けられました。彼女は30kmでしたが^^;;

思ったよりもペースが落ちないまま折り返し地点。まだまだ余裕です。
折り返してからちょっと登り、しかもアゲインストでペースが落ちますが、それでも5'30"を切って随分と調子がいいみたい。
折り返して1kmちょっと走った所ででかつさんとハイタッチ!
でかつさんも笑顔です^^

12kmを過ぎた辺りから下り基調になり、思った程風の影響も無くまたペースが上がります。
アキレス腱は痛くないけど、靴の中に小石が入ってるような痛みが土踏まずにありますが、残りわずか、何とかなりそう。
当初の目標は85分(キロ5'40")で、あわよくば82分(キロ5'28")でゴールできれば良いなぁ…と思って走ってたので、このペースは計算外。
残り2kmの所でGarminのGPSウォッチを見ると『68』の数字が見えました。
(悲しい事に、老眼では肝心の秒数が読めない…
タイムは狙わず、ケガしないようにのんびり…と思ってたのに、おっさん、ちょっと欲を出して計算を始めました。
「って事はだ…68分1秒だったら、キロ6分で良いんだから楽勝で80分切りじゃん。んで、68分59秒だったら…キロ5分半以上で走らなきゃならないじゃないか!」
ん〜、今までで一番老眼が悲しかった瞬間。この不安な気持ちをどうしてくれよう…
残りは下りだし、罰ゲーム的降雨も無いし、取りあえずダッシュだ!
…あれっ、最後にこんな登りあったっけ??短いけど…
それでも頑張ってゴール。
すぐに記録証をもらってみたら『1:19:27』
おぉ〜〜、80分切っちゃった〜〜(^^)v

後でGPSデータを見てみたら、18km地点の記録は68分58秒でした…なはは。
これ、69って見えてたら最後頑張れなかったかもしれない。
上がり2kmはキロ5'16"で走ってました。
気持ちって大事なもんですね。
今回は最後までキロ6分どころか、キロ5分半を越えずに走れたので充分満足のレースでした。
まぁ前回より距離短いけどね。

f0021369_154896.jpg走り終えて体育館に戻り、預けてあった荷物を受け取り、ソックスを脱ぎ足の裏を見ると、土踏まずに水膨れ(;_;)
小石じゃなく何かがぶつかってたみたい、よく調べてみなきゃ。
痛い足を引きずりゴール地点へ戻ったら、ちょうどでかつさんがゴール!
でかつさんも目標タイムを大幅に更新したらしく「復路の方がアゲインストなの楽だった〜♪」と言ってました(の割にはヤラレた顔してましたが…なぁんて^^;;)→

今回のイベント、参加人数も少ないし全体にゆるい感じでしたが、スタッフ(ボランティア?)さんのホスピタリティと言う点では、ちょっと残念だったかも。
旭川も河川敷と言う事で一般の応援が少なかったですが、スタッフさんは皆「頑張れ〜」と声をかけてくれていました。
今回は狭いサイクリングロードで、一般の応援は皆無。なのに各所にいるスタッフさんは誰一人として声援を送ってませんでした。
強風と寒さの中ずっと立っているスタッフさんには頭が下がりますが、やっぱりちょっと寂しい…
声援はiPhoneに繋がったヘッドセットから聞こえてくるRuntasticでの声援だけ。
(FBで「いいね!」を押すと、リアルタイムで「ウォ〜〜!」と声が聞こえるのです)

それと給水。3kmちょっとで最初の給水だったので「まだ早いわ」…と、口を濡らしただけにしたら…折り返してゴール3kmちょっと前(要は同じ場所)まで無しだったのね…30kmの人にはこれでいいのか。。。

まぁそんなこんなで、無事完走してきました。
自転車のイベントにも出た事無いのに、今年は二回もランニングイベントに出る事ができてほんとに良かったです。
これから冬場しっかりトレーニングして来春のイベント…ランニングか自転車か…に出たいものです。

今回の戦利品。
f0021369_2338249.jpg
かぼちゃとタマネギときたあかり。あっ、それと長T。


にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
一昨日、初ハーフマラソンに出場してみました。
結果は、無事完走!・・・ホッ^^

実は一月前からエントリーはしていたのですが、休みが取れるかどうかもちょっと心配だったのと、何より完走する自信がなかったので誰にも内緒でした。
ここ数ヶ月、それなりに走り込んだおかげで、20km程なら何とか走りきれるかも…と言う自信がついてきた矢先、右足のアキレス腱・足の付け根と二カ所も痛みが出てきて、周りは口を揃えて「無理せずランニングは休みましょう」とのアドバイス。そりゃそうです、もっともなお話。
自分でもかなり心配になって、最後の一週間は5km走っただけ(で、その時もやっぱり痛かった)

年内に一度、ハーフを走りたいと思ったのが8月中旬、それから申し込み可能で休みが取れそうな日程の大会を探したら、たまたま見つけたのが旭川。
妻の実家が旭川なので勝手にお世話になる事を決めて^^義妹に送迎を頼んだは良いけれど、本番が近付くにつれ自信が無くなってきて泣きそうでした、ほんと。
しかも数日前からの天気予報は…雨…
DNFどころかDNSも頭に入れて、一応前日旭川入りしました。

さて当日、天気は曇りながら雨の気配はほとんど無し。予報も正午頃にパラつく程度との事。
足は相変わらずだけど、リタイヤしてもいいや、だってパンフレットにはスタートラインに立った者、全てが勝利者だ。って書いてあるもん。行くだけ行ったら参加賞のTシャツはもらえるし…そう思って会場へと足を運びました。

何せこう言うイベント、自転車も含めて一度も出た事無しな私は、どう言う感じなのか全然分からない。
周りは全員速そうな人に見えるし(いや、実際ほとんど自分より速いんだけど)何して時間つぶせば良いのか分からんし、ゼッケンの付け方も分からんし^^;;
そう、会場まで車で送り迎えしてもらえる事に甘えて、走る格好のまま着替えも持たずに会場入りして、ゼッケンを渡されたは良いけど、どうやって自分で付けるの??
会場で上半身裸になり付けてる人もいたけど、私は人様にお見せできる様な身体してないので、前を付けて、袖から手を抜いてぐるっと前後ろ入れ替えて背中側を自力で付けると言う力技。
ヨシヨシ…と思ったらゼッケンには小さく背中用。。。後ろ前に付けてました。
基!また付け直し・・・早目に来てて良かったわ…
f0021369_0463956.jpg
(ゲストランナーの千葉真子さんがおばちゃんに囲まれてました↑左にはドナルド君も)

それでも何とか準備も終え、入念にストレッチ・軽くトラック3週程走って身体を温めスタートラインに。
早目にスタートラインについたおかげで、随分と前の方でスタートする事になったみたい、選んだ訳じゃないんだけど。
ランニングウォッチのスタートボタンに手をかけて号砲を待ちます(ここだけアスリート気分^^)
そうそう、Garminのランニングウォッチの他に、iPhoneのランニングアプリも動かし片耳のヘッドセットで1km毎のペースを教えてもらいながら走る事にしていました。
だって、ランニングウォッチの小さい方の文字(ラップタイム・距離)老眼で読めないんだもん(;_;)
f0021369_0435970.jpg

トラックを3/4周走ってからコースへ。
川沿いのサイクリングロードと堤防の上の道を往復する平坦で走りやすいコース。
1km目のペースはバタバタして(見)聞き逃したのですが、ヘッドセットから流れてきた2km通過のタイムとペースを聞いてビックリ。
練習でも走った事のない4分/km台の超オーバーペース!
ついつい引っ張られて最初はオーバーペースになるよ〜と皆から聞いてはいたけど、こんなに速くなっちゃうとは。
慌ててペースダウン。「ゆっくりゆっくり」とつぶやきながら5km位まで。
で、実はこの辺りで「何でこんなの出ちゃったんだろ。無理せず10kmにしておけばもう半分なのに」「足痛い事言ってあるからDNFでも笑われないよな」とか、超〜ネガティブな想いを背負って走ってました。

オーバーペースに気付いてペースダウンした2km過ぎから、私が抜いたランナーは10数名。抜かれた人数、おそらく数百人、いや千人くらいかも、ほんとほんと。
あまりに抜かれるので自分の後ろに走ってる人いるのか心配になってきたのですが、振り返る勇気も出ず…
折り返し地点で往路を走るランナーが思った以上にいるのを見て一安心^^
なんとかかんとか10km過ぎのその折り返しを回った辺りからパラパラと雨が。。。
それでも気にする程の降りではなかったのですが、この頃からジワジワと足に痛みが。
それも予想していたアキレス腱ではなく膝が。
今まで膝は痛んだ事がなかったのですが、おそらくアキレス腱をかばってるうちにバランスを崩していたんだと思います。
膝の次は太もも、次は付け根…と、だんだん痛みは上へ。
15kmを越えた辺りからは膝が痛くて、ちょっとの登りでも足を引きずる感じ。
しかも17km辺りからは雨が本降りになって泣きっ面に蜂。

この後の事は良く覚えていなくて、気付いたら随分前にスタートした陸上競技場が見えてきていました。
このコース、フラットで走りやすいのは良いけれど、所詮河川敷、応援の人がもの凄く少なくて、たまにいても歴史の浅い大会(今回が第4回目)の悲しさか、皆さん知り合いを捜すのに一所懸命で、見ず知らずのおっさんランナーにはあまり声を掛けてもらえない。
そんな中、特にペースが上がらない復路の数少ない声援は本当に力になりました。
声援を受けた瞬間はきっとキロ4分台^^
足が痛いだけで息が上がっている訳ではなかったので、声援には必ず「ありがとうございます」と応える事を自分に科して走りました。
あっ、それと給水コップはゴミ箱に入れる事と。アマチュアランナーはアマチュアランナーらしく…ね。

走ってる途中、前を行くランナーのゼッケンの数字をかけ算して暇つぶししたり、ターゲットランナーを見つけて着いて行き、置いていかれると「はいターゲット変更〜〜!!」と心の中で叫び、綺麗なおねーさんランナーに抜かれるとその時だけはちょっと頑張って着いて行ったり(でもすぐ置いていかれる)まぁいろいろ考えながら走るのですが、何が悲しいって、前を行くヨレヨレのおじさんランナーを見つけ「あのおじさんはすぐ抜けるわ、ヨレヨレじゃん」と思った割にいつまで経っても距離が縮まらず「もしかして自分もあんな風に見えてる訳?」って気付く瞬間の切ない事ったら…(悲)

そんなこんなで無事(か?本当に)ゴール。
ゴールの時が一番のザンザン降りでした。
ヘロヘロの割にちゃんとランニングウォッチのストップを押す事は忘れず(だってこれがしたかったんだもん)
で、タイムは
2:05:09
できればハーフで2時間切りたかったですが、20km通過タイムは1:58:11と2時間切れましたし、取りあえず現実的な目標としていた2時間10分を切れたので充分満足。
走ってる間は後悔していましたが、これを書いている今は「楽しかったな、また頑張ろう!」なぁんて思っています。
でも…今日は階段を上るのも一苦労で、ちょっと身体の不自由な人になってたのは内緒^^;;

帰ってきてGarminのデータを見てみたら、11kmまではキロ5分台半ばだったのに後半はずっと6分台。
足の痛みのせいで遅くなったのはもちろんですが、その足の痛みは走り方の問題と、単純に筋力不足に起因していると思います。
要するにペースダウンは故障のせいではなく実力不足って事です。
冬場、しっかりトレーニングを積んで来年は2時間切れるように頑張りたいです。
f0021369_0455383.jpg

雨のせいでぐちゃぐちゃの完走記録証、ちょっと愛おしい。
宿泊〜送り迎え〜食事と至れり尽くせりの義親&義妹に多謝。
また来年もよろしくお願いします^^

さて、次は今月末の北広1015kmだ!
f0021369_22535271.jpg


にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
一昨日、新しいランニングシューズを買いました。
今まで使ってたのは、春に半額で買ったアンダーアーマーのシューズ。
まだランニングが続くかどうか自信がなかったので、取りあえず「ランニングシューズ」と言う括りであれば何でもよかったので^^;;
(何にも知らずに買いましたが、取りあえずトレーニングには悪くはなかったと思います、クッションの割にとっても軽いし)

最近諸先輩にシューズに関して相談すると「ちゃんとしたショップで見てもらって、ちょっと良いシューズを買った方が良い」と皆さん口を揃えます。
それではと、3次元足型計測器があって走行診断・走行分析もしてくれるアシックスショップに行ってきました。
何度か行った事はあるのですが、何分シューズの前でウロウロしていても店員さんは全然声をかけてくれなくて、よっぽど「ランニングオーラ」が出ていないんだ…と凹んだ苦い経験があります^^;;
(ちなみに、スポーツショップでサイクリングウェアを見ていると「そちらは自転車用ですね(おじさんが着るもんじゃないよ)」と言われ、アウトドアショップでトレッキングシューズを見ていると「それは山登りする方向けですね」と言われ…スポーツオーラ無しな事は良く分かっております、とほほ)

と言う訳で今回は「ランニングシューズ下さい!!」と大きな声で言ってやろう…と思ってショップに行くと、とっても可愛い店員さんがすぐに「ランニングシューズですか?」と声をかけてくれました^^
もうこの時点で、ここで買うことに決定!
まぁそんな事はどうでも良いんですけど^^;;

ショップ内の3D計測器で足を計りトレッドミルで走行診断をしてもらって、いろいろとアドバイスを受けてきました。
分かってはいましたが、やっぱりすごい扁平足で、踵は太目。
右と左で随分違っていて、プロネーションも右はオーバー、左はニュートラル。
親指は左は外反、右は内反。
特別珍しくはないけれど、ちょっとバランスは悪いらしいです。
胸も張っていて良く腕も振れていてランニングフォーム自体はとてもきれいです…と褒められましたが、腰の上下が大きく無駄があるとの事。
ふくらはぎが張って、そこからアキレス腱が痛む…と言う悪循環は、蹴り上げ過ぎる(腰が上下する)ランニングフォームのせいらしいです、フムフム。
で、どうやって直せば良いんでしょ?

そんなこんなで、クッション性に優れてトレーニングに最適、スピードよりも完走を目指したマラソンに適したシューズ…NEW YORK…を選んできました。
まぁ半分はデザイン(色)で選んだんですけど^^;;
f0021369_22335355.jpg

ひと月後には来年モデルが出るらしいですが、それは仕方ないか…
一昨日、昨日と撮影で遅かったので、やっと先ほど7km程走ってきました。
私の様な素人でも分かる程クッション性は優れていて、普通の運動靴がアルミなら、まるでクロモリの自転車に乗ってるみたい。
当然その分パワーロスしている感覚もあって、スピードが欲しければ別のセレクトになるんだろうなぁ…と言う事が分かりました。
なぁんてね、偉そうに語れる程走っちゃいないんですけど^^;;

さて、来月休みが取れればランニングイベントに出てみようかと思っています。
それまでしっかりトレーニング積まなくっちゃ。
元取らなきゃならないしね^^

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
例年になく残暑厳しい北海道ですが、気温に関係なく着実に日が短くなってきて、仕事を終えて急いで帰宅しても外は夕暮れ。
それから準備して自転車で走り出す気にはなかなか…
ライトを付けないと走れない時間帯は極力避けたい人なもので。

そんな訳で、平日仕事の後はできるだけ走るようにしています。
自転車よりも準備が簡単だしね。
ランニングは昨秋に始めたのですが、始めた途端ヘルニアを発症してしまい、昨年はほとんど走れず。
今年の春頃からまたぽちぽち走り出しました。
最初は5km走るのも大変で、走り出して1kmも行かないうちに「まだ4km以上あるんだ(;_;)」「今日は調子悪いから2kmにしちゃおうかな…」なぁんて思っていました。
走っている間も全然楽しくなんか無くて「早く走り終えたい!」の一心。
ただ走り終えた時の爽快感や達成感、そして滝汗だけが楽しみでした。
そんな感じでしたから週に1〜2度走るのがやっと。
距離も5kmで一杯。

ちなみに小中高とマラソン大会は常にTop10入りしていましたし、大学の体育祭の駅伝チームで走ったり、それなりに自信はありましたが、それは遠く遠くいずれも大昔の話・・・
だらだらと身体を動かさずに過ごした20数年のつけは大きく、思ったように身体は動きません。
そんな私でも10回20回と走っているうちに、気付けば10km程度は割合楽に走れるようになってきて、何より走っている間「気持ち良い〜」と思えるようになってきました。
自転車が気持ち良いのは乗る前から想像つきましたが、走っていて気持ち良いと言う感覚、学生時代に走っていた頃もなかった事で、自分でもちょっとビックリ。
ほとんどの人がそうだと思いますが、どっちかと言うと「キツイ・ツライ」事でしたしね。
昨今のマラソンブーム、ちょっとだけその訳が分かった気がしました。
今はだいたい1km/5m30〜40sペースでちょうど良いので、このまま距離を伸ばしハーフ2時間切るのが目標。
来年はフルに挑戦…なぁんて考えてますが、その為にはゆっくりしっかりトレーニングを続けていかなくちゃ。
巷には「3ヶ月でフルマラソン」なんて本もたくさん出ていますが、この歳でそれはちとキツイ(と言うか危ない)

登山とマラソン、ちょっと似ていますが、おそらく決定的に違うのは「マラソンにまぐれはない」ってことかと。
マラソンは充分にトレーニングして、しっかり準備をしなければ完走できないだろうなぁって思います。
登山はしっかりとした準備は必要ですが、逆に言うと準備だけしっかりしておけば、誰でもそこそこの山には登れます。
自転車のロングランもどちらかと言うと登山に近い感覚。
そっか、途中で(ゆっくり)足を止められるかどうかの違いなのかな。

自転車のシーズンは長くないので、天気が良ければ休日はできるだけ自転車に乗りたいですが、平日はランニングを続けていきたいです。
ただ…無理して走った訳ではないのですが、最近足の付け根(の外側)や膝に違和感が。
スポードをあげて走るとアキレス腱が痛む事は時々あるのですが、しっかりストレッチをすればこれは大丈夫そう。
足の付け根の違和感はちょっと心配だなぁ。
自転車で100〜200km走ってもこんな事はないのになぁ。
無理して故障しない程度に頑張る事にします。

f0021369_13531016.jpg



にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
←menuへ