カテゴリ:写真( 52 )

今月から市内の有名ホテルの写真室をうちの会社が担当する事になりました。
ホテルの写真室勤めは10数年振りです。
年々婚礼数が減ってきているので、頑張って魅力的な写真商品を作って、少しでも婚礼ゲットに尽力できればと思っています。

と言う訳で、前撮りもスタジオだけではなくホテル内ロケを。
最近の婚礼撮影のトレンドではあります。
f0021369_235668.jpg

衣装屋さんや美容室とも相談して新しい商品を作って、少しでも他のホテルさんと違いを見せなきゃ。
婚礼絶対数は決して増えていないのに、婚礼会場は増える一方。
カップル達には良い事ですが、我々は死活問題です。
写真の良いところは、ハードで新しい会場に適わなくても、ソフトで対抗できるところですから、素敵なカットを残すべく頭をしぼっています。
自分の年齢と結婚なさる方の年齢はどんどん広がっていきますが(^^;;若いカップル達に素敵な想い出を形にして残してあげられたら…そう思いながら今日もシャッターをきることとします。
どなたか結婚なさる方いらっしゃったらご紹介お願いします…なぁんて(^^)
f0021369_04174.jpg

[PR]
by aki3man | 2008-03-13 23:44 | 写真
卒業シーズンですね。
今日は某大学の卒業式の撮影に行ってきました。
たくさんある学科のうち二つだけなのですが、130~150名の集合写真を俯瞰で撮影。f0021369_20154792.jpg毎年撮らせて頂いていますが、いつもこちらの指示を素直に聞いて下さって、とてもスムーズに撮影できます。
もっとも今年は(載せた写真は少人数の方ですが)もう一学科は元々人数が多いのに、予定外にご父母も入られたのでちょっと慌てました(^^;;

来週は小学校の卒業式。、
子どもがいないせいか、普通に暮らしていると年度替わりをそれ程意識しないので、こう言う撮影で季節の変わり目を特に感じたりします。
皆さんはきっと、もっと年度替わりを意識しているんでしょうね(^^)
[PR]
by aki3man | 2008-03-12 20:41 | 写真
写真を始めて30年、仕事にしてから20年以上経ちました。
仕事にしてからは純粋に楽しんで撮る事が少なくなってしまいましたが、ギターを再開してから撮る事が多くなったライブの写真は、趣味に徹して撮りたいように撮らせてもらっています。
普段撮っている「商品」とは違い、「作品」創りも楽しいものです。

そんなこんなでここ数年で撮りためたライブの写真を、機会があればプリントして発表の機会を持ちたい…そんな事を考えるようになりました。
所謂「写真展」ですね。
考えてみると、仕事で写真展を催した事は何度かありますが、個人的には20代の頃に喫茶店の店内を使って一度やっただけ…そろそろ一度くらい良いかなぁ…なぁんて(^^;;
もちろん発表の時期も場所も全然未定です。
どなたか良い場所ご存知の方いらっしゃいませんか?

被写体はプロ、アマそれぞれですが、承諾を頂かないといけませんので「K部さんは大丈夫だろうけど、O尾さんは無理だろうなぁ、Tommyはメールで確認しなきゃ…」などと思いを巡らせています。
とは言え、まだまだカット数も足りませんので、今年中にもう数組…ギターに限らず、でもできればアコースティックなライブの写真を撮らせて頂きたいと思っています。
被写体も一緒に募集しちゃおうっと(^^)

そう、これを読んで頂いているギター仲間の方々も是非ご登場頂きたいです(^^)v
f0021369_1523864.jpg
f0021369_1524644.jpg
f0021369_1525478.jpg

[PR]
by aki3man | 2008-02-22 23:02 | 写真
今日、うちのお店に中学生が勉強に来ました。
仲良くしているカメラマンが担当している中学校の「体験学習」の授業の一環。
多くの生徒は、接客業や製造業の体験を選んだようですが、うちには一人の女の子が来ました。
もちろん彼女の夢は「カメラマン」になる事。

カメラマンと言ってもたくさんの種類がある事。
カメラマンになる為に、いろいろな進路の選択肢がある事。
そして、私が撮っている写真の事。
そんな事を一通り話した後、実際に業務用のカメラを使って写真を撮らせたり、それを加工修正しプリント〜仕上げを見せたりさせたり。
途中昼食をはさんで、正味5時間程の体験でした。

中学生ならではの素朴な質問もありましたが、その瞳は真剣そのものでした。
私にはカメラマンと言う職業を選んだ事より、たくさんある仕事の中から15才でやりたい事を見つけている事自体素晴らしいと思えました。

彼女がこの数時間で何を思ったか知る由もないですが、少しでもこの仕事の素晴らしさを感じ取ってくれたら…そして願わくば、その夢を諦めずに頑張って素敵なカメラマンになって欲しいです。
何年か経って無事カメラマンになった時に、彼女にとってエポックメイキングな出来事として懐かしく今日の一日を思い出してくれたら、先輩カメラマンとしてこれほど嬉しい事はありません。
[PR]
by aki3man | 2007-11-21 00:21 | 写真
明日明後日は連休の予定でしたが、急に仕事が入りました。
また小学校の修学旅行です。
親しくしているカメラマンが身内の不幸で行けなくなり、急遽オファーが来ました。
行き先は今回も旭川方面。
旭山動物園、科学館等に行って、泊まりは久しぶりの白金温泉。

白金温泉と言えば、大雪青年の家には学生時代にサークルの合宿で十数回行きました。
(あっ、もちろん今回はホテル泊まりです)
♪しらぁかぁばぁの〜林を行けば〜♪ 懐かしいです。
専門職員は大学の先輩が多かったので、キビシくて有名だった割に、我々は楽しく過ごせました。

話しが逸れました。
一泊二日ですからアッという間ですが、頑張って仕事してきます。
ゆっくり温泉に浸かっては来れないんですけどね(^^;;
[PR]
by aki3man | 2007-09-04 17:56 | 写真
最近、ちょっと車のカタログを見る機会が多かったのですが、何年か振りに見るカタログの写真は、以前と随分雰囲気が変わっていました。
相変わらず、自然たっぷりの道、木漏れ日の中を疾走するピカピカの車の写真が多いのですが、そのほとんどが風景写真との合成。
いえ、もちろん実写もあるのですが、かなりの割合で非常に上手く作られたCGです。
(もっとも、実写の場合も100%多くの手を加えていますので、広義ではCGです)

私も10数年前にPhotoshopを使い出した頃、止まっている車を走っているように見せる為の加工を勉強した事がありますが、今では素人にはほとんど見分けがつかないレベルで加工された写真が大きく使われています。
確かに外国の風光明媚な場所でロケをする事を考えれば、非常に安価・短時間で、とても美しい「絵」が作れますから、当たり前と言えば当たり前です。
車の色を変えるのも簡単ですし、日中から薄暮へ雰囲気を変える事も可能です。

ただ、改めてゆっくり見ると、どのページの写真も同じ印象を受けます。
森の中を走る車の写真からマイナスイオンは感じられないし、海辺を走る車の写真から潮の香りも感じない…
そこにはしっかり森も海も写っているのに不思議なものです。
もちろん、見せるべきは風景ではなく、商品である『車』ですから、それで全く問題ないのですが(^^;;

自分がズッポリ首まで(所謂)デジタルフォトに携わっていて言うのもおかしいですが、やっぱりたまにちょっと立ち止まって、写真の本質を考え直す事も必要かな…なぁんて思っちゃいました。
[PR]
by aki3man | 2007-09-02 23:35 | 写真
普段は仕事で婚礼の写真を撮る事が多い私ですが、ここ数年…と言うか、「はぐねっと」に入ってからと言うもの、ライブの写真を撮る機会が多くなりました。
婚礼もライブもステージ自体が上手に演出されていますし、どちらもそのドラマティックな時間と空気を写し込む、比較的(私にとっては)似た撮影です。

婚礼はほとんどの場合、初対面の方を撮影するので、その方のパーソナリティなり好みなりを理解する時間は限られているのですが、ライブの場合は先に音楽を聴いて予習する事が可能な分、とても楽に入り込めます。

よく、「写真撮ってたら、ゆっくりライブ聴けないね」と言われます。
ある意味正解なのですが、逆に非常に集中して聴く事も可能です。
視覚から入る情報量と言うのは、聴覚に比べて非常に多いですから、「見る」事で聴こえる音があります。
ファインダーの中に見える楽器からは、おそらく普通に見ている方よりもずっとハッキリとした音が聴こえてくるんです。

例えばバンドの中のギターを撮っていると、ギターの音だけが増幅して聴こえてきて、他の楽器がミュートされます。
極端に言うと、ギターの1弦にピントを合わせていると、6弦の音より明らかに1弦の音が耳に残ります。
もちろんワイドレンズで全体を撮っていると、ちょうど良いバランスで全てが聴こえます。
撮影していて、これはとても面白い感覚です。

もっと面白い…と言うか不思議なのは、聴こえるはずのない音まで聴こえる(?)事。
先日のトミーのライブでは、トミーが“歌いながら”弾いているのが分かって驚きました。
もちろんマイクはその声を拾っていないし、おそらく会場中で気付いた人は他にいないはず…
たまたま顔のアップを撮っていたら口が動いていて、それを見つめていたら不思議と声が聴こえてきました。
音が見えた…と言うべきなのかもしれません…レンズを通して。
そうそう、岸部さんのライブで左手の手元のアップを撮っていたら、指が指板を叩く音が見えました。

信じられないかもしれませんが、レンズの中に集中していると、目は耳の機能まで持ってしまうかのようです。
とても高い集中力を要求されますから、ライブの間中ずっととはいきませんが、慣れてくるとタイミングを計って集中できるようになります。
(これは婚礼の撮影で鍛えられたのかもしれません。
婚礼の2〜3時間、どうやってリラックスする時間を作るか…は、非常に大切な事ですから)
それでも撮影を終えると結構疲れるのですが、ライブ自体の質が良ければ、そして自分も楽しみながら撮影できれば、それは非常に心地良い疲れになります。
そんな時は写真の出来も良いですしね(^^)

写真は音楽を奏でません。
写真はその場の暑さも匂いも残しません。
でも、観てくれた方がもしそれらを感じる事ができたら…それはカメラマンの想いが写真にすり込まれている証拠です。
そんな写真を撮りたい…
被写体がプロであろうとアマチュアであろうと、ポップスだろうとジャズだろうと、大人だろうと子どもだろうと、白人だろうと黒人だろうと…そう、トミーがそうであるように…ね。
f0021369_252387.jpg

[PR]
by aki3man | 2007-08-03 23:27 | 写真
以前使っていたミノルタのコンパクトデジカメが壊れてしまい、以来ちょっとした時にも一眼デジカメを使っていました。
それはそれで良い写真が撮れていいのですが、やはりちょっと不便。
と言う訳で、先日コンパクトデジカメを購入しました。
買ったのはCanon IXY DIGITAL 900 IS
f0021369_23142766.jpg

以前から買う時はこれ…と決めていました。
アドバイスを求められる度、友人達に勧めましたので、周りでも持っている人が多い機種です。
決め手は「広角28mm」
デジカメは受光素子のサイズの関係で、どうしてもワイド側がキツいのですが、昨年辺りから28mmをサポートするコンパクトデジカメが出てきはじめました。
(ほとんどの機種はワイド側で35~38mm)
できれば24mmが欲しいくらいですが、取りあえず28mmで我慢(^^)
それでもやはり35mmと28mmの差は歴然で、先日のお祭りの時も良い写真が撮れました。
画素数は700万も800万もいらないんです、どうせL(フル)サイズで撮る事なんてほとんどないのですし。

この3年程の間に一眼レフは2台買っているのですが、その間のコンパクトデジカメの進化は凄いですね。
全然期待していなかったフェイスキャッチ(自動的に「顔」を探して、ピントと露出を決める)システムも想像以上のできでしたし、手振れ補正も充分実用的なレベルでした。
そうそう、再生した際、画面の切り替えがふわっと変わるとこなど、ちょっとMacっぽい感じ。
カメラを縦にすると再生画面も縦に切り替わって…ってギミックもなかなか素敵。
それにしても、なぁんにも考えないでシャッターを押すだけ、そんなカメラ任せでも失敗のない写真が撮れるんですから、我々の仕事が減るのも当たり前?(^^;;
こりゃほんとに一眼レフいらずかも…
トミエマのライブはこれで撮影しようかな…なんてね。
f0021369_23263391.jpg

[PR]
by aki3man | 2007-06-19 23:32 | 写真
以前は学校写真も随分撮っていましたので、年に何度も修学旅行に出かけましたが、最近は学校写真は卒入学式・運動会くらいであまり撮る機会がないです。
それが今年は、仲良くしている写真屋さんからの依頼で小学校の修学旅行について行く事になりそうです。
小学校ですから一泊二日、アッと言う間に終わっちゃうのですが…以前の修学旅行は、夜のミーティングで先生方の相手をするのがもの凄く大変でした。
ネクタイし正座で朝3〜4時までお酒のお付き合い。
温泉泊まりなのに温泉に浸かる事もなく、翌朝は6時にまたネクタイして食事会場に一番乗り…キツかったです…
今ではそう言う事はないらしいですので、かなり気が楽です。
ただ行くとこ行くとこで集合写真があったり、短時間の見学の間にスナップを撮らなければいけなかったり…と、結構忙しいもんですけどね。
これが高校ですと、自由時間が多く私達も休む時間が多いのですが(^^;;

自分の(小学校の)修学旅行は、もう30年以上も前の事ですが、今でもその時の事は覚えています。
子ども達も想い出深い旅行にしてほしいものですね。
[PR]
by aki3man | 2007-06-18 23:22 | 写真
皆さんもうご存知だとは思いますが、私も先日遅ればせながら『顔チェキ』をやってみました。
ご存じない方に簡単に説明すると、「携帯電話で撮影した顔写真をサイトにアップすると、有名人のリストから最も似ている3人がピックアップされる。」と言うもの。
自分の携帯で自分の写メ撮って送るだけ。
数秒後には「あなたが一番似てるのは○○です」とメールが来ます。

以前から知ってたのですが、私は携帯で自分撮り…って言うのが恥ずかしくてできません(^^;;
で、送れないでいました。
撮る方は慣れているんですけどねぇ〜

f0021369_20394278.jpg先日意を決して送ってみたら、早速メールが送られてきました。
結果は
「中村勘太郎」さんに49%
「田村正和」さんに49%
「中田英寿」さんに48%
だそうです(男性版)
(偶然でしょうが、三人の名字は「中・村・田」しか使われてませんね)

ちなみに女性版にしてみると「竹内結子」さんに43%
「磯野貴理」さんに41%
男女混合板では「松井秀喜」さんに45%
「イ・ビョンホン」さん44%
「中村勘太郎」さんに42%
だそうです。

私の顔をご存知の方、大いに笑って下さいませ。
知らない方、良いようにご想像下さいますようにお願いします。
さて、今度は思いっきり修正を加えて送ってみちゃおうっと(^^)

そうそう、書き忘れました。
女性版の三番目は…「瀬戸内寂聴」さんだそうです……
[PR]
by aki3man | 2007-05-25 20:43 | 写真
←menuへ