<   2006年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

昨日は、友人のAPさん宅に伺い、isseiさんと3人でギター談義やお互いのギターの試奏やらを楽しみました。
写真は左からTaylor914CE、FURCH G23-CRCT、Taylor DDSM
f0021369_21361533.jpg携帯で撮っているので画像が悪いですが、TaylorとFURCHがそっくりなのが分かりますか?
サイズもほとんど同じですし、ヘッドやブリッジの形状も何となく似ています。
Hobo'sの奥山さんからお聞きした話ですと、ボブ・テイラーさんとフランティセック・フォルヒさんはお友達だそうですので、影響を受けているのかもしれません。
(ちなみに右のDDSM、トップにはドイル・ダイクス本人の直筆サインが入っています。isseiさんはドイル・ダイクスのお友達だったりします)

FURCHは(よく言われていますが)非常にコストパフォーマンスが高いギターですね。
決して50万、100万と言った高級ギターのような作りの良さはないですし、そのようなオーラも発していませんが、価格を考えると「音」は文句無しです。
G23-CRCTはシダートップ、ローズサイドバックと言う構成ですが、岸部さんお勧めのシダー・マホモデル(S23-CMCT)よりもレスポンスがよく、低音が締まって感じました。
S23-CMCTは少々低音がモコモコしていて、G23-CRCT比べシダーらしい立ち上がりの良さをあまり感じない印象がありました。
これは好みの問題なのか、弾き手の問題なのか…(^^;;

岸部さんにFURCHの事をお聞きしたときには「好みは人それぞれだから一概には言えないが…気に入っている良いギターがあってサブで使う、又はピックアップを付けてライブで使うには良いと思う。価格に対しては充分良いギター」といった感想を頂きました。
なるほど、実際に弾いてみるとよく理解できました。

扱っているショップも少なく、なかなか実際に弾くチャンスが無いですが、同価格帯でギター選びをしている人が試奏したら、かなりの確率で心が動くのではないでしょうか。
もちろん好みは千差万別ですけど、私には危険なギターです(でした??)


尚…事情をご存知の方は、充分気をつけてコメント下さいますようお願いします(^^;;
[PR]
by aki3man | 2006-03-31 22:03 | ギター
先日から義妹が遊びに来ています。
来月から看護学校に通う、三十路独身(^^)
学校が始まる前の休みを利用して、1週間程滞在中です。
私も今日は休みだったので、妻と3人で「レジャスポ」と言う所へ行ってきました。
10分70円で、館内の施設遊び放題。
ロッククライミング、サスケ、サバイバルゲーム、ダーツ、シューティング、各種アーケードゲーム、カラオケ…いろいろな遊びができます。
日焼けサロンまであってビックリ。

館内を廻りながら、まずはビリヤード。その後ダーツやアーチェリーをし、久し振りにボーリングを。
ギターを弾きだしてからと言うもの、めっきりボーリングをしなくなっちゃっていました。
ちょっと嫌な予感はしていたのですが、案の定、最初の一投目で親指の爪が半分程割れ(剥がれ?)、仕方なく爪を切ったもののかなりの深爪(;_;)
以降、親指が痛くて力が入りません…

大学の頃(健全な?(^^;;)遊びと言うとボーリングくらいしかなかったので、週に2〜3回通っていた頃がありました。
当時のアベレージは180点台。最高スコアは228点。
マイボール、マイシューズを買おうかと真面目に考えたくらいでした。
それが今日は…2ゲーム共100を切ってしまいました…ガ〜〜ン。
100を切ったのは20数年振り。
しかも爪は割れてしまうし、良い所が無かったです…とほほ。

それでもあっという間に5時間程の時間は過ぎ、久し振りに「遊んだ〜」と感じる一日でした。
(と言うものの、そのうち30分以上はマッサージチェアーに座ってサッカーの試合を見てたんですけどね(^^;;)
[PR]
by aki3man | 2006-03-29 22:45 | 日常
昨晩、東京出張から帰ってきました。f0021369_21502538.jpg
PIEのセミナーやブース見学はとても有意義でしたし、「お茶の水」は楽しかったし、良い出張でした。
そして、もう一つとても楽しかったのは、古いワンコ友達達に会えた事。

MACを飼いだしたとき、何も分からない私を助けてくれたのがネットで知り合った友人達でした。
当時(1998年)頃はまだインターネット人口も少なく(普及率6%だったそうです)HPも少なかったのですが、それだけに濃い(^^)関係を築く事ができました。
今回泊まらせて頂いたのはそんな友人の一人、F氏宅。
F氏夫婦とは、当時から旅行の度にお互いの家に泊まりあっこをしている仲です。
F氏宅には3頭のラブラドールとフレンチブルドッグ、ミックスが1頭づつ、それに2匹のニャンコがいます。f0021369_2254867.jpgf0021369_226826.jpg
中にはMACと同じ歳で、苦労を共にした(^^)子もいて、「お互い大人しくなったね〜」と、笑いながら、でもちょっと寂しい話をしたりしてきました。

F氏夫婦の呼びかけで、夜は当時からの友人達が集まってくれました。
H嬢、Lママ、Mさん、Fdさん…99年頃は毎日のようにBBSやチャットで連絡を取り合っていた仲間達で、3年程前からは連絡も途切れがちだったのに、久し振りに会ったら以前と何にも変わらず、まるで昨日も会ってたかのように話が弾みました。
彼達、彼女達のおかげで、ネットででも心を通わせる事ができる事を学べました。
他にも同様のお付き合いをさせてもらっている友人達が全国にいます。
本当にかけがえの無い仲間です。

翌日はF氏の車で、千葉にある『Splashy Dog』と言うドッグカフェへ。
実はここも古いワンコ友達のお店です。
マスターはワンコ仲間のオフ会で奥さんをゲット(^^)v
犬連れの結婚式に私もカメラマンとして馳せ参じました。
この時の結婚式、出席40数人、犬30数頭…と言う凄まじい…ぢゃなく…素晴らしいものでした(^^)
(ちなみにこのお二人、「犬が縁で結婚」と、TV番組ポチタマで紹介されました)
このお二人もラブ5頭飼ってます(みんなどーかしてるでしょ?うちの2頭なんてかわいいもんです)
f0021369_22311045.jpg
マスターとは歳も同じ、元デザイナーと言う事で趣味や話も合い、何年会っていなくても安心してバカ話ができます。
そうそう、ここにの1頭もMACと同じ歳の爆裂犬でしたが、やはりこちらもすっかり大人しくなっていました。
まだMACを会わせてあげれていないですし、元気なうちに連れて行きたいものです。

MACを飼いだした時は、本当に辛い事も多くて後悔しかけた事もありましたが、こうして全国にたくさんの友人ができたのは怪我の功名と言うか何と言うか…(^^;;
でも本当に感謝してます、MACと友人達に。
[PR]
by aki3man | 2006-03-26 22:38 | ワンコ
以前お話していたPIEを見るために東京に来ています。
明日、明後日はセミナー三昧。
久しぶりに大きな展示会なので楽しみです。

一日早く来たのは、もちろん「お茶」するため(^^)
行きたかったのは、いつもネットで見ている「Blue-G」「Hobo's」「Woodman」の3軒。
ところが残念ながら、「Hobo's」「Woodman」は水曜が定休日…が~ん!
(全然下調べの意味無いじゃん<自分)
それでも「Blue-G」はゆっくりと見ることができました。
ギター好きな人は良く知っている、個人ルシアーのギターを豊富に扱っているショップ。
ビルの3Fにひっそりと、まるで常連だけが知っている喫茶店の様な佇まいの店でした。
木のドアを開けて中に入ると、そこにはいつもネットで見ている高級ギターの数々。

最初に弾いてみたのは、ブログ友人のkawataroさんもお使いの」「KUWANO」
豊かな低音とキラキラした高音、倍音も豊かで非常に良いギターでした。
ネックの感じも私にはちょうど良く、なかなかポイント高い!
ただルックスはあまり好みではなかったかな(^^;;
次に、「Sergei de Jonge」がこの価格はなかなかお買い得(?)と思いこれを弾いてみました。
マホにしてはカラッと明るくレスポンが良い。
ネックヒールの処理とキルテッドマホの木目が美しいギターでした。
ん~でももう少し深みがほしいかも…

他にお客さんは一人だけ。
彼はデジカメをサウンドホールから中に突っ込みブレイシングを調べていました。
店員さんはいやな顔一つせず丁寧にそれの手伝いをしてあげていました。
サーゲの試奏を頼んだときに弦が切れてしまったのですが、それもすぐに新しい弦に張り替えてくれて、どこかのショップとはえらい違い…やっぱりショップの格…と言うか、余裕が違う感じがしました。

もう一本手にしたのは「Finger Style」
以前からちょっと気になっていたのですが、KakutaCo.扱いだと高いイメージがあって…
で、実際に弾いてみたらこれがなかなか良い。
ナチュラルリバーブが心地良く、プレイヤビリティーも高い。
ただ私が持ってるSJとキャラクターが完全にだぶります。
同じスプルース・ローズなので仕方ない部分もありますが、自分の音の好みが、これ系…と言うことなのでしょうか。

本当は他にも弾いてみたいギターはたくさんあったのですが(Marc Maingard、Michihiro Matsuda、Roy McAlister…etc)どれも高すぎて完全に気後れしちゃいました(^^;;
でも実際に見れただけでも充分幸せ。どれも工芸品の域ですね。
100万オーバーのギターを入手する事はないでしょうから、弾かずに見てるだけにしました。

2軒が定休日だったので、他の路面店5~6軒見てまわりましたが、目ぼしいギターは皆無。
あっ、一つだけ「ギタープラネット」で弾いたTaylorはとても良かったのですが、ちょうど入れ違いで前のお客さんがお買い上げ!
良かった良かった、APさんがいたらかなり危なかったハズ(^^)
隣にあったメイプルのTaylorも着色した木目が美しく良いギターでした。(APさん、いかがです?)


初「お茶の水」体験はとても楽しかったですが、明後日(仕事を早めに終わらせて)残り2軒を見なければ終わらないです。
あっ、仕事第一ですよ、もちろん(^^)

追記
泊まっているホテルは東京ドームのすぐ側なのですが、ちょうど今日はストーンズのライブがあり、先ほどまで窓の外からデカイ音が聞こえてきてました。
音が聞こえてくるあの場所にミックやキースがいるなんて、ちょっと不思議…
[PR]
by aki3man | 2006-03-22 23:50 | ギター
世の中は「WBC」話題で持ち切りですが、昨日はF1第2戦「マレーシアグランプリ」も行われました。
開幕いきなり2週連続とは、新参チームにはキツいでしょうね。

そんな中、スーパーアグリの琢磨、また完走してくれました。
今回はToro Rossoのリウッツィと良いバトルをしてくれましたし、課題であったピットワークも無難にこなし、本人的にも満足いくレースだったのではないでしょうか。
リウッツィとのファステストラップの差は3秒弱。
それだけの差があるマシンと“レース”できたのは素晴らしい!
Midlandとの差の方が少ないですし、10戦目位までには予選17〜8番手に着いてほしいですね。

Honda、ジェンソンは予選ではそこそこ早いのに、レースではその速さを感じません。
重量やタイヤの状態でラップタイムが変わりすぎる感じがします。
コンスタントな速さを出すには、もう少し時間がかかりそう。
ルーベンスはマシンやエンジンの特性を掴みきれていないのか…フェラーリが長過ぎたのでしょうかね?

今年のグランプリ、やはり目玉はWilliamsのニコ。
予選3位は凄過ぎます。
レースでコスワースエンジンが悲鳴を上げてしまったのは、McLaren、ライコネンの序盤リタイヤと並び残念な結果でした。
次のレースも『ケケの子ニコ』から目を離せません。
(『ケケのこニコ』はなかなかゴロがよろしい(^^) 以前は『キミ(君)ライコネン、僕ハッキネン』と言うのがお気に入りでした)

今回のマレーシア、結局Renaultの強さが際立ったかたちでした。
数年前までのFerrariの様ですね。
Renaultの独走を許さない為に、他のチームの奮起を期待したいです。
[PR]
by aki3man | 2006-03-20 17:51
当初、それほど盛り上がっていなかった「WBC」ですが、例の誤審(ぢゃないですよね、過失ではなく故意に感じました)問題から俄然注目度アップ。
昨日の韓国戦は、瞬間最高視聴率50.3%を記録したらしいです。

あの「30年発言」以来、韓国ではイチローバッシングが酷かったらしいですが、昨日韓国に勝った後のインタビューを見ると、確かに彼の発言はちょっと行き過ぎの気もしてきました。
元々30年発言はそれほど韓国を意識したものではなく、韓国が異常に過敏な反応をしたので、逆にイチローが煽りだした…そのような印象を持っていましたが、先日の「野球人生で最も屈辱的な日」や、昨日の「(負けたら)日本の野球に歴史的な汚点」「けんかではないけど、そんな気持ち」等の発言は、やっぱり少し対戦相手への敬意を欠いているように感じました。
我々には分らない『何か』が彼の心の中にあるのでしょうね。

一昨日まで、マスコミに登場する韓国街頭インタビューは「日本なんか100回戦っても勝つ」「日本に勝ってスカッとした」…等の好戦的なものばかりだったのが、勝った途端「やっぱり日本はアジアで一番だ、決勝は頑張ってくれ」と言った好意的なものばかり(^^;;
マスコミがここまで露骨に韓国人の印象操作をしているのには笑わせてもらいました。

今回のWBCを観て、野球(もしくはベースボール)と言うスポーツは、相手への敬意を欠いているように感じてしまいました。
いえ、これはイチローの発言の話ではなく、試合終了後、健闘を讃え合う事がないように見えるのです。
高校野球では試合終了後に並んで挨拶もしますが、WBCでは勝ったらマウンドに国旗を立てたりしたチームが、負けたらたださっさと帰ってしまったり…
私の好きなF1、サッカーはもちろん、ラグビー、バレーボール、テニス、オリンピック各競技、ほとんどのスポーツは試合後に健闘を讃え合います。
(誤解がないように言いますが、私は朝野球チームのピッチャー、キャッチャーをやっていた事もあり、大好きなスポーツです)
先日の「スポーツに関わる発言・行動」の時にも述べましたが、やはりスポーツマンシップと言う言葉を形骸化させないでほしいと、切に願います。
それが一流アスリートの証だと私は思うのです。

いつだったか「スポーツというものは相手のミスで勝つもので、健闘を讃え合う勝負はない」と言った意見をブロブに見かけた事がありました。
そう言う考えの方が多いと、スポーツは寒々しいものになっちゃいそうです。
[PR]
by aki3man | 2006-03-20 12:27 | 日常
ちょっと書き込みをサボってしまいました。

今日はお世話になっている写真屋さんからの依頼で、市内の小学校の卒業式の撮影に行ってきました。
学校写真を専門に撮っていた頃は、一年の流れを学校行事と共に感じる事ができましたが、学校写真から離れると、仕事に割合季節感がない事に気付きます。
もちろん婚礼シーズンと言われる季節もあり、それなりに浮き沈みはあるのですが、撮る写真に大きく変化はありません。
それに比べると、
4月、入学式、証明写真
5月、中学校修学旅行、運動会、遠足
6月、小学校修学旅行、登山
などと、毎月変化に富んでいます。
秋の遠足や高校修学旅行、学校祭、学習発表会なんかもありますね。
そして、年度の終わりは卒業式。

小学校の卒業式は、今も昔も「呼びかけ」が主流ですね。
「お世話になった」
『おにいさん、おねえさん!』
「卒業おめでとうございます」
『卒業おめでとうございます!』
の、あれです(^^)
歌う曲も♪いざさ〜らば〜、さらばせ〜んせ〜い♪だったり、あまり変わっていないです。
変わってきているのは、親御さんが若くなってきている事くらい。
いや、若いご両親が特別増えたのではなく、私が歳をとってきただけなのですが(^^;;
最近は小学校の卒業式に行くと、親御さんが私より若い人が多い…

そう思うと、生意気なことを言う子や、愛想のない子を見ても、素直に「卒業おめでとう」と言ってあげれます。
なんたって、中学校の卒業生も平成生まれですもんね。
平成生まれの新入カメラマンが来る日もそう遠くはないのか…

がんばろうっと。
[PR]
by aki3man | 2006-03-17 23:43 | 日常
本日はWhite Day。
こんな私でもバレンタインにはチョコを頂けましたのでお返しを用意。
T市のスタジオのお嬢様達には、一足先に昨日渡してきました。
なんとそこで、店長の Y.Mさんが妊娠してる事を聞いてビックリ!
いやぁ、めでたいねぇ〜〜良かった良かった。元気な赤ちゃんを生んでね。

で、音楽のお話し。
先程ラジオを聴いていたら、あのDonald Fagenがニューアルバムを出すそうですね。
前作「Kamakiriad」から13年振り。
その前作(ソロ第一弾)の「Nightfly」から「Kamakiriad」までが11年ですから、それより長いスパンです。
もっとも2003年にはSteely Danで20年振りのアルバム「Two Against Nature」「Everything Must Go」を出していましたので、21世紀になって彼も随分やる気を出してきたという事でしょうか。

Donald Fagenとの出会いは、ソロになる前、Steely Dan時代。
「Aja」をジャケ買い(山口小夜子のジャケット)したのが最初です。
その後遡って全てのアルバムを聴きました。
初期ははジェフ・バクスター、マイケル・マクドナルドと言う、後にDoobie Brothersに加入するメンバーや、やはり後にあのTOTOを結成するジェフ・ポーカロ、他にチャック・レイニー、デイヴィッド・ペイチ等がいました。
その後、スティーヴ・ガッド、トム・スコット、ラリー・カールトン、リー・リトナー、ウェイン・ショーター…と言ったスーパースター達がサポートメンバーだったり、今考えるともの凄いバンド(と言うより、今で言うユニット)でしたね。
前出のソロアルバム「Nightfly」Steely Danの「Aja」「Gaucho」はどれだけ聴いたか…ジャージーでポップでファンキーでスタイリッシュ…一つのジャンルにまとめて語る事のできない彼(ら)の音楽的センスは本当に素晴らしいものがありました。

「Two Against Nature」はグラミーAlbum of the Yearを取りましたが、正直言ってそれほどのアルバムには感じなかったのは、自分の音楽的志向の変化のせいでしょうか。
20数年間、ずっと変わる事なく同じ音楽を作り続け、それでも尚ミュージックシーンのトップに君臨しているのは素晴らしい事だとは思います。
寡作家ぶりといい、まるで(やってる音楽は全然違いますが)大滝詠一のよう(^^;;
近年のSteely Dan、Donald Fagenはあまり気に入ったアルバムを出してくれていませんが、今度のアルバムもきっと買ってしまうんだろうなぁ(^^)

職場からの書き込みなので、CDの写真は後で。ジャケットはリンク先を参照して下さいませ。
[PR]
by aki3man | 2006-03-14 14:40 | 音楽
今年も始まりました、F1サーカス。
結果はご存知の通り。
開幕戦にしては完走率高かったですね。

まずは琢磨、完走おめでとう。
本人のオフィシャルHPでも「僕たちにとっては素晴らしい結果となりました。…… 間違いなくポジティブなステップだと思いますし、今日の結果にはとても満足しています。…… この結果はチームが待ち望んでいたものであり、素晴らしいスタートだったと思います」 と述べてます。
やはり本人が一番よく分ってますよね、この短期間で完走するまで持ってくる事の大変さを。
それだけで充分評価に値すると思います。
ただ、これからまだまだ問題は山積。
スタート前からバタバタしてましたし、レースに慣れる事から始めなきゃね。
18戦のうち荒れたレースで1ptくらい拾えたら…なんて甘い事を望んでいます(^^)

次にトヨタ。
昨年はいい成績を残せたけど、毎年コンスタントに上位グリッドに車を並べるにはやはり経験不足なのでしょうね。
今年のマシンは苦労しそうです。
あのフェラーリやマクラーレンでもしばらくの間入賞すらできない時期がありましたし、そんなに甘くはない…と言ったところでしょうか。
どこから盛り返してくるか、トヨタ(と言う企業)の本当の評価はこれからです。
是非底力を見せてほしいです。

あのピケやラウダ達としのぎを削っていたケケ・ロズベルグの息子、ニコ・ロズベルグがデビューレースで7位入賞。ファーステストラップを記録と言うおまけ付き。
これはすごいですね。
コスワースエンジンがワークスエンジンより上位リザルトなのですから、やはりウィリアムズと言うチームの力とニコ、マーク・ウェーバーの能力は侮れません。
(ちなみにニコはドイツ国籍なんですね、ケケは確かフィンランド人。グローバルだなぁ)

マクラーレンは予選でリアウィングを飛ばしちゃったり、またバタバタしてましたが、決勝ではライコネンが最後尾から3位表彰台。
表彰台かリタイヤか…今年もレースを楽しくしてくれそうです(^^)

最期にディアゴ・モンテイロ。
このレースも完走。
昨年のデビュー以来、1レースを除き全て完走です。
スペインはフェルナンドと言う英雄がいますが、お隣ポルトガルのディアゴも数年後には表彰台を争ってもらいたいです。

今年は昨年のルノー、マクラーレンにフェラーリ、ホンダの2チームを加え、4チームの争いになりそうです。
早速また来週もマレーシアGPがあります。
四つ巴のスリリングなレースを期待したいですね。
[PR]
by aki3man | 2006-03-13 11:23
OFM以来、最近はDADGADの曲ばかり弾いてます。
で、先日DADGADの曲ばかり集めたDVDを2枚買いました。
一枚がLaurence Juberの「DADGAD GUITAR」
もう一枚がアコースティックマスタークラスの「DADGAD Guitar Solis」
f0021369_2304824.jpg

どちらもTAB譜付き。
「DADGAD Guitar Solis」は3人のギタリストがそれぞれ自分のDADGADの曲を演奏と解説をしています。
TAB譜はDVDの中にPDFファイルで入ってます。
いい気になって全部プリントしたら、100枚近くなっちゃってびっくり(^^;;
3人のうちの1人はこちらもLaurence Juber、他にDoug Smith、Al Petteway。
f0021369_10232057.jpg
Doug Smithは名前だけ聞いた事ありましたが曲を聴くのは初めて。
グッダールのギターを使ってるんですね。
(Doug Smith→)
コアのギターって硬いイメージがありましたが、このDVDを聴く限りでは非常にふくよかで美しい響きのギターです。
やっぱ、高いだけあるわ…じゃなく、弾き手が上手いからか(^^;;
弾いてみたい曲はあるんですが、最初の数小節で挫折…いやぁ、難しいです。

Al Pettewayは、以前何かのCDに入っているのを聴いて、美しい曲を書く人だな…と思ったのですが、以来聴く機会がなく今回久し振りに聴きました(観ました)
見た目は別として(^^)やはりどの曲もとても美しく印象的なメロディーを奏でるギタリストです。f0021369_102448.jpg
ちなみに使っているのはケヴィン・ライアン。
曲もそうですが、ギターもPierre Bensusanに通じるものがありますね。
(このケヴィン・ライアンもめっちゃ高そうですね〜一度試奏してみたいもんです)
(←Al Petteway)
すっかり気に入っちゃって早速練習をしてみましたが、見た感じより難しい。
と言うより、単に自分の技術不足なのですが(^^;;
めげずに頑張って練習しなきゃ。
折角の教則DVDが観賞用のDVDにならないように…ね。
[PR]
by aki3man | 2006-03-11 23:41 | ギター
←menuへ