<   2006年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧

先日…と言っても結構前ですが(^^)ラジオで「"桜"と聞いて思い浮かべる曲はどっち?」と言うのをやっていました。
福山雅治の「桜坂」とケツメイシの「サクラ」
リスナーの投票で決めてたのですが、結果をその時パーソナリティーはこう伝えました。
「投票の結果、ケツメイシのサクラが軍配を上げました〜!」

結果はともかく…どうも言い回しがしっくりこない…
「ケツメイシのサクラに軍配が上がりました」が正しいんじゃないだろうか?
「リスナーはケツメイシのサクラに軍配を上げました」ならまだ良いかな?

先日もちょっと書きました、「シミュレイション」と「シュミレイション」もそうですが、どうも言葉の使い方が気になる今日この頃です。
「的を得る」じゃなく「的を射る(当を得る)」(これは慣用的に認められつつあるようです)
「汚名挽回」じゃなく「汚名返上(名誉挽回)」
「恩を着せる」じゃなく「恩に着せる」
「愛想を振りまく」じゃなく「愛嬌を振りまく」
「上へ下への大騒ぎ」じゃなく「上を下への大騒ぎ」
そうそう、買い物していて「○○円からお預かりします」と言うのも、毎回気になって仕方ない…

ちょっと考えつくだけでこんな感じです。
ちょっと「うんちくを垂れて」…じゃなく「うんちくを傾けて」みました(^^;;

まぁ、こんな事書いちゃうと「お前の文章はどうなんだ!」と突っ込まれそうですから、これくらいにしますが、ほんと(これも「本当に」と書かなきゃダメですね)日本語は難しいです。
ただ、日本語…と言うか、漢字は英語等とは違い、一文字一文字に意味があるのが素晴らしい。表意文字って言うんでしたっけ?
例えばタンクローリーについているプレート、英語だと「DANGER」と(長々)書いてますが、漢字だと「危」一文字で意味が伝わります。
ただ意味があるだけに、その意味を知らないと困った事になる場合があります。
最近はお子さんの名前も凝っていて、いろいろな字が当てられていますが、「哀」や「憂」などの字が使われているお子さんを見る度に、親御さんは知っていて使っているのだろうか…と思ってしまいます。
他にも「汰」「倭」「伽」…なども、私個人的には…??…です(^^;;
まぁ、余計なお世話なんですけどね。
もし興味がありましたら、ちょっと辞書で調べてみて下さいませ。

(読まれている方で、この文字を使っている方いらっしゃいましたら、ごめんなさい)
[PR]
by aki3man | 2006-05-29 21:56 | 日常
モナコGP、何だかすっきりしない始まり方でしたが、終わってみるとマイケルはピットスタートから5位フィニッシュ。頑張りましたね。
優勝はアロンソ。
ルノーのパッケージングは信頼性も速さもあるし、アロンソは後ろからのプレッシャーに負けない精神的な強さがありますね。
気分的には(かなり!)良くないけど、今年はアロンソで決まり…って感じです。
来年マクラーレンに行ってからどのようなレースをするか、もうそっちの方が楽しみかも。

さてレースですが…
いつになくリタイヤする車がないまま淡々と進んだのですが、終盤にきてバタバタしました。
レース自体は、キミがリタイヤした時点で事実上終わってしまったのですが、その後も3位がコロコロ変わり、それなりに楽しめました。

ルーベンスはピットレーンの速度違反で3位の座が指の間からこぼれ落ち、1ストップ作戦が功を奏し代わって3位に上がったヤルノは電気系トラブルでリタイヤ。
結局、(昨年の「スターウォーズ」に続き)映画「スーパーマン」タイアップのレッドブル、クルサードが(赤いマントを付けて!どうせなら『S』マークも付ければ良かったのにね)ポディウムの一角を占めました。
ワークス相手にコスワースエンジンで3位は立派です。

ウェーバーは3位走行中にエンジンブロウ…悔しかったでしょうね。
昨年も3位に入ったレースですから、(マシンはともかく)走りには自信持っていたでしょうし。
もっとも、レースはそのせいでセイフティーカーが入り、各ドライバーに幸不幸をもたらす訳で…
アロンソやマイケルは恩恵を受け、キミはとばっちり。

それにしてもマクラーレンは速いけど信頼性に難ありますね。
キミはピットにもどらず、さっさと友人のヨットで裸になっていました。
トンネルを歩いていたので、「そこからピットまで長そうだなぁ。タバココーナー辺りからピットによじ上ったらショートカットできるのかなぁ」などと心配してあげたのに(^^;;

ホンダは風に乗れませんね。
ルーベンスはリミッターボタン押し忘れの凡ミス、ジェンソンはレースから消えていました。

今年のモナコ、考えようによってはミッドランドが一番痛かったかも。
アルバースがチームメートのモンテイロを押し出し、モンテイロはノーズ交換、アルバースはペナルティ…踏んだり蹴ったりですね。
でも2台とも完走、エライ。

トヨタは速さが戻ってきたように感じますが、どこか噛み合ない…ストレスが溜まるレースが続いています。
何かちょっとしたきっかけでジャンプアップの予感はするのですが…

琢磨はまたまたリタイヤ。
ニューマシン投入予定のフランスGPまでは我慢ですかね。
亜久里のユニフォームに「HONDA」と「BS」のロゴしか縫い付けられていないのが寂しい…本当にニューマシン、大丈夫??

レース後のインタビュー、3人ともマイケルに対してのコメントはつれないものでした。
5位入賞に対しても「リタイヤが多かったからでしょ?」といった感じ。
マイケルをドライバーズ・アソシエーションから除外する…なんて噂がパドックを駆け巡ったり、どうもマイケルは立場悪いですね。
頑張れ〜〜、予選の件は故意じゃないと信じてるぞ〜〜!!
[PR]
by aki3man | 2006-05-28 23:26
ここ数日あまりPCにさわれず、ちょっと空いてしまいました。

今日も婚礼の撮影に行ってきたのですが、帰り道は面白いFMもやっていなかったので、久し振りにiPodをシャッフルさせてみました。
Wishbone Ashの「Persephone(永遠の女神)」
Claptonの「After Midnight」
押尾さんの「サバンナ」
Hi-Fi Setの「スカイレストラン」
Maroon 5の「This Love」
ときて、もう家に着くなぁ…と言う時にかかったのが、
Bob Marleyの「Concrete Jungle」
久し振りに聴きました、ボブ・マーレー

この「Concrete Jungle」は『Babylon by Bus』と言う、ライブ盤からのもの。
最初に買ったのは、確か高校1年の時。
2枚組LPで、ジャケットをのバスの窓の部分は穴が空いていて、開くと窓の中の写真が見える…と言う、当時よくあったギミックが施されていました。
(EL&Pの『展覧会の絵』もそうでしたよね)

レゲエは他にピーター・トッシュ、そしてサード・ワールドくらいしか聴きませんでしたが、ボブ・マーレーのこのアルバムは何百回も聴きました。
最初レゲエのソウルも知らずに聴いていましたが、それでも魂を揺すぶられる…と感じた、初めての音楽だった気がします。
「Concrete Jungle」は歌詞も分かりやすい英語でしたので、意味を噛みしめながらレコードと一緒に歌ったものでした。
他にも「War/No More Trouble」「Rat Race」「Jamming」、そして唯一のラブソング「Is This Love」 
素晴らしいライブアルバムです。

そうそう、ちょうどその当時、初めてエレキギターを買って友人達とバンドを作ったのですが、私が「皆でラスタヘアにしてレゲエをやろう!!」と言って…他のメンバーから総スカン食らいました(^^;;
そう言えばサードワールドも札幌公演のチケットを買ったのは、仲間内で他にいなかったような…ちなみに、あまりに集客が悪かったのか、そのコンサート自体がキャンセルになりましたが(T.T)

こんな私ですので、いくらクラプトンが好きでも「I Shot The Sheriff」は、誰が何と言ってもボブが歌うものしか認めたくないのです(^^;;

今年の夏は、久し振りにレゲエ三昧しちゃおうかなぁ。
[PR]
by aki3man | 2006-05-27 22:59 | 音楽
昨日に引き続き、今日はGroup E〜H

Group E
「イタリア」:今回のイタリアは攻撃的なチームになりましたね。FWに良い選手がたくさん。
中でもトニ、ジラルディーノは注目です。それにベテラン、インザーギとデル・ピエーロ。
怪我から復帰が何とか間に合いそうなトッティは、前回の汚名を返上したいでしょう。
それにしても、GKのブッフォンは大丈夫なのかな…
「チェコ」:予選途中から代表復帰した“バロンドール”ネドヴェドと、ユーロ2004得点王バロシュ、それに(長いニコラス・ケイジ?(^^;;)コラーの組み合わせは強力でしょうね。
「アメリカ」:実はよく分からないチームなんです。強いし早い良いチームの印象はあるんですが…まぁサッカーまで強くならなくてもいいんじゃないかなぁ…っと。。。

Group F
「ブラジル」:書くまでも無し(^^;;
ロナウジーニョ、ロナウド、カカ、アドリアーノ、ロベカル…誰を観ても楽しめます。
でも連覇じゃ面白くないなぁ…
「オーストラリア」:監督の采配が一番の見物かも、いえ冗談ではなく。日本の初戦がここって言うのはイヤですね。初戦は監督の差が出やすいですので。
キューウェルの怪我はどうなんでしょう?彼がいるいないで、全然戦力が変わりそうですけど。
TVで見る限り、素晴らしいアタッカーですね。
正直言うと、こことクロアチアの選手のプレイはほとんど見た事がないので、コメントしづらいです。

Group G
「フランス」:ジダン、マケレレ、テュラムと言ったベテランに頼らなければいけないのは辛そう。
アンリは現在世界最高のストライカーの一人に間違いはないですが、ジダンとの相性が悪いし。
個人的にはアンリのスーパーゴールに期待大です。
「スイス」:良く分からないチームですが、予選の情報からは好チームのようです。
プレイヤーは知らないのですが、応援しているチームの一つ。
妻の親友がスイス人と結婚してスイス在住なのです(^^)彼女達の結婚式の写真も撮らせていただきましたし。
何としても韓国には勝って頂きたい!!
「韓国」:個人的に…ですが、前回大会にはかなり(いろいろな意味で)疑問を持っているので、今回はしっかりと見届けたいです。
元パープルサンガ、現マンUのパク・チソンは、アジアNo1のプレイヤーなのは間違いないのですが…

Group H
「スペイン」:毎回応援して毎回裏切られてます(^^;; でも今回も応援しちゃうんだろうなぁ。見てて面白いんだもん。
ラウールは大好きなFWでしたが、山は過ぎたかな…でもF.トーレスも期待されている程の活躍は難しいと思っています。
前回大会でホワキンのドリブルに魅せられたのですが、最近は出番が少ないようです、残念。
「ウクライナ」:何と言ってもシェフチェンコ!! 間違いなく現在最高のストライカー。
彼が前を向いたら止められるDFはいないです。強い早い上手い、三拍子思いっきり揃ってます!必見!!
(ちなみに、「ER」のジョン・カーター役で有名なノア・ワイリーに似てると思うのですが…似てません?)

かいつまんで、かつ駆け足でしたが、少しは参考にして頂けたらと思いますです。
アフリカのチームは良く知らないので、ほとんどコメントレス(^^;;
他にも、自分で見ていない選手ばかりのチームは、やはりコメントレスでした。
プレミア、セリエ、リーガ…この辺のクラブチームでプレイしている選手しか見ていないもので。
それでも、もし良ければ昨日と今日の分、WCが始まったら改めて読んでみてくださいませ(^^)
[PR]
昨日に引き続きWCネタを。

優勝候補の筆頭はやはりブラジルでしょうか。
アルゼンチンも相変わらずいいですね〜
ただ、ヨーロッパの大会では、統計的に南米チームは少々分が悪い…
地元ドイツはやはり(前評判が高くないから?)候補の一角。
イングランドも、久し振りにバランス良くいい選手が揃いました。
(ただ返す返すも、ルーニーの怪我が痛すぎ!)
イタリアも従来の「カテナチオ」にとらわれない、攻撃的な選手や戦術が浸透してきて、楽しいゲームを見せてくれそうです。

さて、あまりサッカーに興味がない方に、各国の注目選手をご紹介(^^)
ちょっとだけ覚えてから試合を見ると、より一層楽しめますよ。

Group A
「ドイツ」:やはり中盤の(と言うか、チームの)要、バラック。MFながら得点力がどこかの国のFWの数倍(^^)

Group B
「イングランド」:ルーニーの代わりは、売り出し中の長身FW、クラウチか? 彼がやはり故障明けのオーウェンとマッチすれば面白いかも。元々ルーニーとオーウェンは合わなかったから、逆に、文字通り『怪我の功名』となるかも。
でもこのチームは、FWより中盤の二人、ジェラードとランパードが素晴らしい!
疲れを知らない運動量と、強力なミドル、魅力的です。
「スウェーデン」:ここはもうFWのイブラヒモビッチでしょ。クールな印象の北欧選手の中で(って、“アイスマン”ハッキネンの印象だけ?(^^;;)これだけ短腹な選手は珍しいです。
ユーロ2004で魅せた、あのアクロバティックなゴールをまた観たいもんです。
ベテランのラーション、リュングベリとのコンビネーションは面白そう、要注意チームですよ。

Group C
「アルゼンチン」:前線は文句無し、全員注目選手。中でもやはり天才リケルメのセンス溢れるパスに注目。それを受ける若きストライカー、メッシも要注目。
(ここのチーム、アイマールは可愛いのに、ほかの選手ときたら…リケルメも地味だけど、テベスはなんであんなに○カっぽく見えるんでしょ…失礼(^^;;)
「オランダ」:私の一押しチーム。昨日も書きましたが、左サイドを駆け上がるウィンガー、ロッベンに注目!他にもおそらく1トップを任されるファンニステルローイ。
そして何と言っても監督、あの!ファンバステンを見たい…のは少数派だろうな…
「セルビア・モンテネグロ」:○○ッチだらけのチーム。実況が言い間違えないかが一番の聞き所…ぢゃなくって…リーガのアトレチコとオサスナでレギュラーFWのケジュマンとミロシェビッチは良い選手ですね。
「コートジボワール」:何と言ってもドログバ。変な名前ですが良く覚えておいて下さいね。決定力もあり汗かきプレイもする非常に優秀な選手ですので。
アルゼンチン、クレスポとのチェルシー対決も見物。
ただ、チェルシーのようにドログバを生かすプレイヤーがいないので、どれだけゴールできるか…
先日のチャンピオンズリーグ決勝で見ましたが、アーセナルでプレイするCBのコロトゥーレも良い選手でしたね。
ん〜、やっぱりGroup Cは『死のリーグ』と言われるだけあって、良い選手、チームだらけです。

Group D
「ポルトガル」:こことスペインは毎回応援しているのですが、毎回裏切られるので、今回は静観。とは言うものの、前線は良い選手がいっぱいですね。
FWのパウレタ、控えのヌーノ・ゴメスとポスティガ、前目の中盤は司令塔デコにフィーゴ、クリスティアーノ・ロナウド…ありゃりゃ、やっぱり楽しそうなチームだわ、こりゃ(^^;;

Group E〜Hは明日また。
[PR]
WCネタです。
皆さんは誰・どこの国を応援しますか?
いえ、もちろん日本は別にして。

今回の大会はストライカーが豊富ですね。
前回は注目チームが早々に(不可解な?)敗戦してしまい、注目していた選手をちゃんと見れなかったので、今回はその分期待しているんです。

単に注目選手であれば、やはりロナウジーニョが一番でしょうが、ストライカーとなると…(もちろんロナウジーニョも立派なストライカーと言えますが)
アンリ、メッシ、トニ、シェフチェンコ、アドリアーノ、ドログバ、イブラヒモビッチ、フェルナンドトーレス、ファンニステルローイ…ざっとこんなもんでしょうか。
ルーニーの負傷は残念ですね。
いずれもセリエ、プレミア、リーガ等々で素晴らしい結果を残してきている選手達ですので、スーパーゴールを何度も見せてもらえる予感がします。

国では、私が注目(応援)しているのはオランダ。
今回のオランダはなかなか良さそうです。その中でも際立ったプレイで魅せてくれるのが、左サイドのロッベン。
あの早さとドリブルのキレは魅力的です。
今回、私の一押し選手。ブレイク間違いなし!

毎回期待しては裏切られるのがスペイン(^^;;
今回はどうしようかなぁ…ラウールは故障明けでサッパリだし。
イタリアも今回は良さそうですね。
後ろから前までタレント揃いですし、ジラルディーノも注目選手の一人ですし…

って、書いてたら気になる選手だらけだぞ(^^;;
明日にでも続きを書かなきゃ(^^)
[PR]
あと3週間で始まりますね、ワールドカップ。
今回はヨーロッパですから、割合良い時間帯になるハズです。
現地時間で15:00、18:00開始は、+7時間ですから…日本時間で22:00、01:00。
ちょうど良い時間帯ですね〜
21:00開始のナイターだけは(日本時間)翌朝4:00開始で、これはキツい。
この試合は録画しておき、仕事から帰ってきたらすぐに観始めて、22:00までに観終われば何とかなりそうです。
20日からは一日4試合になるので、きびしいですね〜
決勝トーナメントに入れば、一日2試合なので楽勝(^^)v
20日から23日までの4日間が山です…って、何の話だって?
そう、私はWC、全試合観ようと企んでいるのです。

NHKでも全試合放送するらしいですし(ただし、我が家ではBS Hiは見れない)、スカパー!と言う強力な味方がいます。
前々回、フランス大会の開会式の日、午前中にBSアンテナを買ってきて取り付けたのを思い出します。
どこの電気屋さんも売り切れていて、結局無理矢理お願いして展示品を分けてもらいました(^^;;
おかげさまで、フランス大会はほぼ全試合見る事ができました。
日韓大会は日中の試合をライブで観る事がなかなかできず、かえってヨーロッパ大会の方が良かったりします。
これがアメリカ大陸だと最悪…ほとんどが深夜から早朝にかけて…
一年通してF1観てると良く分かるんですよ(^^;;

今回はBS+スカパー+DVD/HDレコーダーと言う最強タッグで鑑賞に臨みます。
ダブルチューナーにしておいて良かった〜〜!これで20日からの同時刻キックオフにも対応できる。
ん〜、ただ最強と言うには肝心の大画面TVがないのですが…
いっそ会社からプロジェクター借りてきて壁一面に写しちゃいましょうか(^^;;

寝不足が続くのは覚悟の上。
4年に一度のお祭りです、心置きなくスーパースター達のプレイに酔いしれるとします(^^)v
[PR]
今日は暑かったですね。
札幌でも25℃を超えていました。

f0021369_21585683.jpg毎年この時期になると、妻がガーデニングを始めます。
どういう風の吹き回しか、一昨年から急にガーデニングに凝りだしちゃって、夏場の休みは「妻は庭で花をいじり、私は部屋でギターを弾く」と言う、すっかりすれ違い夫婦になってしまっています(^^;;
これではマズイ…と言う訳ではないですが、普段“弾き蘢って”ばかりいる罪滅ぼしに、時々私も庭仕事を手伝ったりしています。

今日は冬の間外してあったフェンスの取り付け。
庭にぐるっと回したフェンスは、義父に手伝ってもらって全部手作り(^^)
柱が曲がってるのが分かります?→
フェンス本体のラティスはホー○ックで安いのを買ってきているので、とても冬場はあの豪雪に耐えきれない。
ですので、毎年冬には外し、この時期付ける…と言う、面倒な作業が待っています。
今日は昼からこのフェンスの取り付け。
ボルトで脱着式にしているのですが(赤い○の部分)冬を越すと柱に付けた木材プレートがゆがみ、フェンスのボルト穴と合わなくなっちゃいます。
ですので、毎年結構大変な作業になるのですが、今年は割合すんなり穴が合い、スムーズに作業が終わりました。良かった良かった(^^)v

f0021369_2253028.jpgついでに昨年これまた自作したパーゴラのボルトの締め直し。
写真の下に写っている、横面の格子の横棒が雪の重みで数本落ちていましたので、これを付け直しましたが、上の部分と柱を繋いでいるボルトは、思ったよりもしっかりとまったままで、何とか冬を越せる代物だったようです。

さて、今年は何を作ろうかなぁ。新しいインパクトレンチも買ったし(^^)
おやじの日曜大工ですが、やってみると面白いもんです。
弾き蘢ってばかりいないで、もっと太陽の下に出るようにしなきゃ…ねっ。
[PR]
by aki3man | 2006-05-18 22:14 | 日常
タイヤを交換してから、まだ1,000km程しか走っていないのに、左リアタイヤが通常では考えられない程、肩ベリしていました。
よく見てみると、冬タイヤも同じく左リアが減っている…
昨年末、交差点を右折する際にスリップして、左リアタイアを縁石にヒットさせたのが原因のようです。
「こりゃアライメントの調整をしなきゃ」と思って、今日ディーラーに持って行くと
「これはアライメントどころじゃないですよ。ちゃんと調べてみましょう」と言われました。
減り方が普通じゃなかったので、ちょっと覚悟はしていたのですが。

1時間程待って出てきた修理見積もりを見てビックリ!
約15万…が〜ん。
アライメント調整だけなら、2万程で済むと思っていたのですが。
トレーリングアーム、ラテラルリンク共交換…要は、左リア部分、全交換って事ですね。

このまま走るのは危険だし、修理は仕方ないです。
どこかで中古部品見つけてきて、安くあげれないかなぁ…
[PR]
by aki3man | 2006-05-17 23:44 | 日常
発表になりましたね、23人。
変な言い方ですが…サプライズがあった事に驚きました。
ジーコに限って、予想外の人選はないかと思っていましたが。
久保落選ですか…
先日も書きましたが、久保からは熱い気持ちを感じませんでした。
ジーコもそこを嫌ったように思います。
代わりに選ばれたのが、気持ちだけで動いているような選手=巻なのですから。
オーラはないけど、彼の熱い気持ちに期待しましょう。

三都主のサブで左右どちらでもできる駒野は順当に選ばれました。
松井はやはりダメでしたか…ん〜残念…
中田浩と最後の1シートを取り合って、守備的なユーティリティープレイヤーを入れた…と言う事なのでしょう。
ますます点を取れるオプションが無くなっちゃいました。

いろいろ書いてますが、決まった事に文句を言うより、皆で応援しましょう。
23人には、くれぐれも怪我をしないように、最後の仕上げをして下さいね。


関係ない話ですが…
私がちょうど発表を見ていたのは某民放局だったのですが、肝心の発表の最初はCMで欠けちゃって、CM明けいきなりの中継はMFから。
で、選手の写真には「独身」「既婚」のカードが…
画面の右上には『独身イケメンは誰?』…だって…
今更ながらに、ワイドショーのレベルを見た思いでした。
この件については、後日書きたいと思います…ふぅ。
[PR]
←menuへ