<   2007年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧

昨日、仕事の付き合いで、ホテルの「オールディーズ & ビートルズナイト」と言うディナーショー(みたいなもの)に行ってきました。
『Cavern Club Band』と言う、札幌では結構有名なビートルズのコピーバンドと、『The Kippers』と言う、(北海道のブルーコメッツ!?)バンドのライブとお食事でした。
バンドがバンドですから、お客さんは50代後半から60代の方々がほとんど、中には70を超えた方も少なくなかったです。
私なんて、若くて若くて(^^;;

f0021369_035455.jpg『Cavern Club Band』はポール役のベーシストがちゃんと左利きで、コピーバンドの鏡(^^)v
以前から一度お店に行ってみたかったのですが、なかなか機会が無く見れずにました。
「プリーズ・プリーズ・ミー」「抱きしめたい」「ア・ハード・デイズ・ナイト」「オール・マイ・ラヴィング」「ヘルプ」…等の初期の有名曲や「レット・イット・ビー」「ヘイ・ジュード」を、まんまコピーしてあり、ファンにはたまらなかったです。
全曲一緒に歌わせてもらいました。

「ロング・トール・サリー」で『The Kippers』とジョイント〜バンド交代。
『The Kippers』が入った途端、リズムが垢抜けなくなったのはご愛嬌ですが、さすがに結成45周年と言うだけあって、MCを含め非常にこなれたステージでした。
「悲しき街角」「好きにならずにいられない」「悲しき雨音」「情熱の花」…等々、50年代から60年代ポップスのオンパレード。
当然のように、ステージ前はまるでダンスホールと化してしまい、300名弱のお客さんの半分近くの人が踊っていました。
同じテーブルになった奥様方も、汗だくになって「いやぁ疲れたね〜」と言いながら戻ってきたのに、新しい曲がかかった途端「これは踊らなきゃ!」と、また前に走っていってました。

後ろの席から、私より20歳程年上の方々が楽しそうにしているのを見ていると、こちらも自然と笑みがこぼれてきました。
先日のminiOFMでフォーク大会になった時の(一人20数歳年下だった)ちくの君の気持ちが良く分かりました。
奏でられる音楽は知っているけど、その音楽の楽しみ方が分からない…
でも、本当に音楽を楽しんでいる姿を見るのは、決して疎外感を感じる事では無く、幸せな気持ちをもたらしてくれるものですね。
食事も思いのほか美味しかったですし、素敵な夜となりました。
[PR]
by aki3man | 2007-03-30 23:50 | ライブ
最近はいろいろなスポーツの(TV)観戦が忙しいです。
フィギュア、世界水泳、F1、相撲、そしてプロ野球開幕。
今もサッカーの五輪予選を見ながら書いてます。
前半はなかなか良い戦いをしていましたが、後半追加得点できなければ何にもなりません。
どんな後半戦を見せてくれるでしょう。

日ハムはまだ勝ってませんが、今日は今のところ3-2で勝っています。
何とか逃げ切って札幌ドームに帰ってきてほしいですね。
で、30日のドーム初戦はしっかり応援に行きます(^^)
今年は何度応援に行けるでしょうか…コンサの応援にも行きたいものです。

今年は世界的に大きなスポーツイベントは無い(ですよね?)ですが、一つ一つの小さな大会や試合を見ていくと、大きな大会の時の楽しみが倍増です。
頑張って観戦します…でも本当は、おかし食べながら見るだけじゃなく、自分も身体動かさなきゃダメです<すっかりメタボリックな自分
[PR]
あちらこちらでお別れの挨拶が交わされるシーズンですね。
今の職場はメンバーの入れ替わりもほとんどなく、取引先や撮影の現場でもそれほど人の入れ替わりが無いので、あまり年度変わりを意識しなくなっていました。
ところが、今年はギター仲間が転勤で札幌(とその近郊)を離れる事になりました。
ギターサークルに入ってすぐに仲良くさせて頂いた方々ですので、ちょっと…いえ、とても寂しいです。
私の父は転勤族でしたから、転校は当たり前で兄は小学校を5回変わりました。
自分が出て行く事には慣れていても、久しくそう言うお別れを経験していなかったので、しばらく忘れていた感覚です。

一人はいつもコメントを頂いていますjeffさん
私のギターの大師匠で、隠れエレキギターサークルの仲間で、ギターに関わる全ての相談相手。
室蘭への栄転…札幌からは高速を飛ばせば1時間程のところですから、今までのようにはいかなくても、これからもお会いできる事を期待しています。
もうお一人、Fieldsさん。
サークルの中では、女性陣からの「いぢられキャラ」ですが、それだけ愛すべき人と言う事。
温厚な人柄と、ギターに関わる圧倒的な音楽知識の豊富さで、いつも会話の中心にいましたので、飲み会で顔を見れないのは寂しいです。
こちらは道東の街、北見…車で5時間程かかるでしょうか…ですので、なかなかお会いできないかも。
なぁんて言いながら、かなりの頻度で帰ってくると(本人も)予想しています(^^;;

このブログ等を通じて知り合い、私がギターサークルにお誘いしたお二人も新たな旅立ちです。
大学進学で道南は函館へ旅立つちくの君
転職で蘭越町へ(フィアンセを札幌に残し)引っ越すなぎらさん。

ちゃんとした送別会をする暇もなく、バタバタと時間だけが経っていきますが、送別会なんかやっちゃうと気軽に帰って来れなくなるから、やらなくていいのかも(^^;;
離れて…と言っても、どこも陸続き、その気になればすぐに会えます(^^)

皆さん、どこに行っても身体に気をつけ頑張って下さい。
そしていつでも遊びに帰ってきて下さいね!
(ほら、行く前からもう帰ってくる事考えてるでしょう?(^^;;)
[PR]
by aki3man | 2007-03-27 22:14 | 日常
と言っても、わんこそばの食べ放題ではないし、もちろんワンコを食べるわけでもないです(^^;;
先日仕事から帰ってくると、ワンコのフードを置いてある階段下スペースの扉がちょっとだけ開いていました。
中を見たところ荒らされている様子もなく、その事を気にしませんでした。
ただその晩、妙に二頭と水をほしがりました。
ずいぶんのどが渇いてるんだなぁ…その時もその程度にしか思っていなかったのですが…

翌朝、トイレ(犬のね)を見てビックリ!!
いつもの3倍はあろうかと言うくらいのう○ちの山!
それも二頭分。

あっと思い、もう一度よく見てみると階段下スペースに置いたフードの口が、ちょうど犬の顔が入るくらいの大きさに開けられていて、フードがかなり減っていました。
そうなんです、留守中に二人は(二頭は)こっそり盗み食い…それもフードの食べ放題をしたみたい。
以前マックだけのころ、彼も何度かやったことがありました。
その時は、パッと見てはっきり分るくらいお腹が膨れ上がって、まるでツチノコ状態。
今回はマックはそれほどでもなく、ダルの方が食べたみたい。
でもダルはマックと違い元々寸胴なので、見ても気付きませんでした。
マックはそろそろ、量より質…になってきたのでしょうか?
段々、腹一杯食べると腹がもたれるようになってくるんだよね、分るよマック。

それでも、きっと幸せだっただろうなぁ。
いつも決まった時間に与えられた分だけしか食べられないもんあぁ。
そう思うと怒る気にもなれず、苦笑いしながらう○ちの山を片付けたのでした(^^)
[PR]
by aki3man | 2007-03-25 11:51 | ワンコ
昨日の中島美嘉より先、先月届いたベスト盤CDが、奥田民生の『記念ライダー1号』と『2号』
奥田民生はユニコーン時代から知っていますが、ユニコーン時代はルックスが嫌いで聴かず嫌いでした…と言いながら、カラオケでは“Maybe Blue”とか歌ったっけ(^^;;
ユニコーン時代の名曲“雪が降る町”の最後の歌詞「世の中はいろいろあるから、どうか元気でお気をつけて」と言うのが面白くて、陽水以外にもこんな詩を書く人がいるんだなぁ…と当時思ったのですが、先月NHKで放送された民生の特集で、陽水がやはり同じ曲を聴いて「面白い詩を書く人だ」と思ったと言ってました。
一方民生も、陽水の詩を聴いて「歌詞に必ずしも難しいメッセージは必要ないんだ」と思ったと言うような事を言ってました。
私も彼らの感覚はとても似たものがあると思っていたので、非常に興味深かったです。

f0021369_22393922.jpgご存知のようにこの二人は「アジアの純真」「ありがとう」のヒットを飛ばし、最近も「パラレル・ラブ」を出してます。
Zeppでのライブは残念ながら行けなかったのですが、きっと楽しいライブだった事でしょうね。
他にも Char、山崎まさよしとユニット、『三人の侍』も実に楽しそうです。
こちらも残念ながら見る機会が無いのですが、是非一度その「日本語禁止ライブ」を経験したいものです。
ソロ10周年を記念した、広島市民球場での「ひとり股旅」ライブの映像を見ましたが、あんあライブができるアーティストはそうはいないでしょう。

さて、このベスト盤『1号』は日本語タイトル曲だけ、『2号』は英語(カタカナ)タイトル曲だけ…と言う変わった構成。
通して聴くと、唯一無二の個性と確かな音楽性を感じました。
なかなか出てこないタイプのアーティストだと思います。
[PR]
by aki3man | 2007-03-24 22:40 | 音楽
唐突ですが、中島美嘉のベストアルバムを買いました。
先日最終回を迎えた人気ドラマ「ハケンの品格」のテーマソング『見えない星』がラジオから何度もかかり、それが耳に残っちゃいました。
もっとも、ベストアルバムにはこの曲は入っていないのですが(^^;;

f0021369_23472615.jpg正直、デビュー曲(STARS)を聴いた時は「何だかフラットして聴こえる、不安定な声」だと思いました。
どうして皆、上手いと言うのか不思議だった覚えがあります。
ギターを弾いていても思う事があるのですが、チューナーで計ると合ってるのにどうしても合って聴こえない…そう言う事があるんです。
音色の明暗が影響を与えるのかもしれません。
中島美嘉の暗い声のトーンがそう感じさせるのかも。
そんな訳で、今までは全然意識してなかった(と言うか、あまり好きではなかった)のですが、だんだん耳に残るようになってきて、耳心地が良いと言うか、不思議な感覚。
で、気付いたらAmazonでポチッとしちゃってました(^^)

特別歌は上手くもないし、ファルセットを使い過ぎだし、あのファッションは私の理解を超えてるし、クモの標本を集める変な趣味を持ってたりしますが、何だか良いです。
妻から「そんな趣味あったの!?」と驚かれましたが、自分でも良く分からなくなってきました、自分の音楽の趣味(^^)
[PR]
by aki3man | 2007-03-22 23:31 | 音楽
今日は昨年12月に引き続きうちの店で2回目のminiOFMをやりました。
丁度祝日と定休日が重なったので、昼から集まっていただきました。
今回は全然miniでなかった前回の反省を踏まえ、こじんまりと生音主体で…と思ったのですが、濃いメンバー達が集まると、別の意味で全然miniではなくなりました(^^;;
PAは無かったのですが、エレキも持ち込んでhagc-net(北海道アコースティックギターサークル)ならぬhegc-net(北海道エレキギターサークル)が作られちゃったり…ね。
で、何が一番miniで無かったと言うと…ギターの数(ア〜ンド、その価格)

f0021369_0512497.jpg
集まったギター達
手前左から Greven OM、HAMAMOTO、Martin D-18GE、Collings D-1A
2列目左から Taylor DDSM、Martin D-35、Ovation Applause、Collings OM2H、Martin D-45、Collings OM-2HC BaaaA
3列目左から Larrivee L-09、Froggy Bottom Model K、Furch G23-CRCT、Martin D-28、Morris SJ131
4列目にはエレキが4本あるのですが…YAMAHA SG TAKANAKA Model、Fender TAKANAKA Model、Fender Stratocaster、Gibson Les Paul

お好きな方は気付いたかと思いますが、Martinのドレッドも45/35/28/18と勢揃いです。
おそらくこの瞬間、同時にこれだけのギターを自由に試せる場所は、全国探してもそうたくさんは無いハズです。
ギターフリークにはたまらない幸せ。
で、合計をざっと計算すると…一千万オーバー、ひぇ〜
皆どうかしてるわ(^^;;

最初は各自ギターを取っ替え引っ替えバラバラに弾いていました。
もう、音で音で…(^^;;
一通り気になるギターを試したところで、一応発表のお時間。

トップバッターは今回皆さんに初めて紹介するC君。
先日高校を卒業したばかりの18歳。
非常に珍しい浜本ギターを手にジャスティン・キングの曲とオリジナルを弾いてくれました。
さすが谷本君のところで教えてもらっていただけあって、素晴らしいタッピングのキレ。丁寧で流れるような運指に見とれました。
f0021369_1202042.jpg

ギターに囲まれて演奏中のC君↑

その後、お馴染みAPさん、isseiさん、seoさん、jeffさん&konさん達がいつもながらの素晴らしい演奏を披露。
あっ、今回は私も一曲だけ弾かせていただきました。
f0021369_1252432.jpg
f0021369_1271429.jpg
「樹氷の輝き」リベンジなったか??のseoさんと、jeff & konさんのカマペペ

そして、今回もまた有岡さんが比布から駆けつけて下さいました。
一昨日Acousticでお会いしたばかりですが、今日は奥様とおこちゃまもご一緒。
今日もまた魂の籠った素晴らしい歌声と、超人的なギターテクニックを披露してくれました。
いやぁ、前回で驚き、一昨日改めて引き込まれ、今日ですっかり虜になってしまいました。
f0021369_1404376.jpg


一通り皆の演奏が終わると、またギター弾き放題フリータイム。
ところが、有岡さんがD-45を持って弾き始めると、どういう訳か懐かしのフォークソング大会になってしました(^^)
かぐや姫、ふきのとう、拓郎、陽水…思わず懐かしくなって、久し振りに大声あげて歌ってしまいました。
イントロを弾き出すと、これがまた皆弾けちゃたりするもんですから、ギター6本の歌伴になったり。
jeffさんが絶妙のエレキを入れてくれちゃうもんですから「いちご白書をもう一度」なんて、まんまでした。

楽しい時間はいつもながらあっという間に終わっちゃいましたが、最後のお楽しみのお食事会へGo!
そこでも懐かしい音楽話に花を咲かせましたが、C君は分からない話が多かったかな?
楽しんでくれたでしょうか?<C君

いつもオフミで立派なPAを通してやっていますし、ピックアップの研究に余念のない仲間達ですが、今日のように生音だけでやると、改めてアコースティックギターの音色の素晴らしさや個性の違いが分かりました。
やっぱり(変な言い方ですが)アコギは生が良いですね。

D-45はとてもバランスが良く、強烈な個性で聴かせるのではなく、歌物の伴奏もフィンガーも何でもこなせる懐の深さを感じました。
カエルはフィンガーにぴったり…と言うか、岸部さんに曲にぴったりの音色。
D-18GEは聴くよりも弾き手が気持ち良くなる響きが印象的。
有岡さんに育てられたLarriveeは、奥行きを持った音の層がサウンドホールから出てくる感覚。
Collings D2Hも芯がありながら暖かい魅力的な音色。
どれも良いギターでした。
Martinを伴奏に歌ったりしたもんだから、ますますMartin欲しくなっちゃいました、なはは。

本当に楽しい時間をありがとうございました。
私なんかの声掛けに、いつも快く答えてくれる仲間達に感謝です。
あっ、それとたくさんの差し入れもサンキューです、おかげさまでまた太れます(^^;;
またやりましょうね<ALL
[PR]
by aki3man | 2007-03-21 23:38 | ギター
いつもギター仲間達と行っていたライブハウス「Acoustic」が20日をもって閉店と言う事で、昨日都合が付く仲間達十数名で行ってきました。
主催ライブの打ち上げの二次会でいつも使っているところで、昨年10月の岸部さんのライブの際にも、岸部さんに弾いていただいた店です。f0021369_014425.jpg
←その時の写真
私も何度か弾かせていただいた事もある、想い出深い店です。
K店長さんは一見して「正やん」フリークと分かるルックスで、正やんコピーは完璧(^^)

昨日も最初はチラッと「かぐや姫」なんぞから始まり、その後みんなの(Acoustic最後の)演奏を楽しみました。
代わる代わる弾いていただきましたが、時間が決まっていて全員にお願いできなかったのは残念でした。
f0021369_0222323.jpg
オハコの押尾さんを弾くKzさんと、トミエマ弾きまくるKs君↑

丁度仕事で札幌に来ていた有岡さんもいらっしゃったので、またあの素敵な歌声を披露してもらえました(^^)
他にも、こちらもたまたま出張で来ていた、関西アコースティックギター界の裏番(?)DAIMAJINさんもいらっしゃって、とても濃〜い時間を過ごせました。
店がなくなるのは寂しいですし、何とかならないか…と言う方もいますが、誰も進んで閉店を望んでいる人はいない訳で、何とかなるならこうはならない訳で…
とても他人事とは思えず、いつになくしんみりした気分だったのですが、皆との楽しい時間がそれを忘れさせてくれました。
大切なのは「箱」ではなく「仲間」ですから(^^)
f0021369_0344072.jpg
オリジナル曲を熱唱してくれた有岡さん↑
[PR]
by aki3man | 2007-03-20 23:37 | ギター
今日、婚礼撮影の後、撮影があったホテルのそばの楽器屋に寄ってきました。
昨日いつものようにネットでギター探しをしていたら、ちょっと気になるギターを見つけたのですが、たまたま札幌の店だったので行ってみる事にしました。
名前もあまり聞いた事が無く、初めて行った店です。

目立たないビルの地下にあるその店は、薄暗くちょっと怪しげな雰囲気。
エレキギターとエレキベースが並べられた両側の壁に挟まれた真ん中のスペースに、10本程の中古アコースティックギターが並んでいました。
Martin・Gibsonの他、私のFurchと同じ型のカッタウェイ無しモデル(G23-CR)やAYERSなどもあり、ちょっと驚き。

さて、お目当てはネットで見たHD-28V。
ネット上には年代が書いてませんでしたが新しそう。
シリアルが111****ですから2005年以降なのは間違いないようです。
早速試奏させてもらいましたが…まぁこんなもんか…ちょっと高いしなぁ…悪くはないけど、これならもう少し安いのが見つけられそうです。
と、隣を見ると同じHD-28Vがもう一本。しかもこちらの方が3万も安い。
見たところ目立ったギズも無いし奇麗です。
こちらも年代は分からないとの事でしたが、シリアルが88****ですから2002年製でしょうか。
試したところ…これが良い!
もの凄い箱鳴り感で身体にびんびん響きます。
サスティーンも充分で、ストロークよりはフィンガー向きでしょうか。
元々レギュラーモデルのDよりはフィンガー向きではありますが、これはKヤやG堂の新品よりもずっとズンズンキラキラそしてます。
同じHD-28Vでも、先ほどの物よりもヴィンテージの香りがする音でした。
ネックの状態も良いしアクションも程良くとても弾きやすい。
先日K堂で弾いたHD-28Vは素晴らしかったですが、あれより10万近く安いのですから文句無しです。

聞いてみると、委託販売なのでこれ以上の値引きはできないとの事。
オーナーさんはFurchと同じ方で、コレクターっぽい方らしいそうです。
なるほど奇麗な訳です。
ん〜〜、気に入っちゃいました。困った…(^^;;

ちなみに他には75年のD-28や塗装ムラありの新品OM-28Vも全部同じ価格で売られていました。
どちらも試しませんでしたが、D-28は残念ながらコンディションが良くなかったですね。

それにしても…今晩夢に見そうです…まずい…
[PR]
by aki3man | 2007-03-18 21:55 | ギター
届いたもう一枚は「Taunus」(タウヌス)の“malinche”と言うアルバム。
f0021369_2233589.jpgこの「Taunus」と言うユニット、ドイツのアコースティックギター三人組です。
こちらも「Acoustic Alchemy」同様、ギター以外に様々な楽器を組み合わせていますが、アコースティックにこだわりすぎる事無く、エレクトリカルな効果音や騒音を入れたり、ヴァイブラフォンの響きを重ね合わせたり、ヴォーカルを入れたり、様々なアプローチを試みています。
まだ試行錯誤にも聴こえますが、透明感のある独特の世界観を作り出していますしとても面白い。
とてもジャンル分けしずらいタイプのユニットですね。
もっとも、ジャンル分けなんて売る側が売りやすくするために考えたようなもんで、聴く方は(少なくとも私は)ジャンルなんて考えて聴いてませんが(^^)

先ほどの「Acoustic Alchemy」は80年代後半から90年代前半に活躍、こちら「Taunus」は現在活動中のユニットですが、こうしてアコースティックギターの素晴らしさを脈々と伝え続けているのは嬉しい事ね。
この「Taunus」もiTunesMusicStoreで試聴可ですよ。
[PR]
by aki3man | 2007-03-16 22:03 | ギター
←menuへ