<   2007年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

Tommyのライブが終わり数日が経つのに、未だに夢から覚めていない(覚められない)仲間達…
ちちろん私もその一人(^^;;

今回のライブに関わって、たくさんの方といろんなお話しをさせて頂き、改めて音楽の持つ力の大きさを肌で感じました。
(mixiでお話しされていますが、引用させて頂きます<APさん、すみません)APさんがクラプトンの「"Tears in Heaven"を息子さんが生まれてから弾かなくなった」…と言うお話しをTommyにされたのですが、Tommyは「エリックは、息子がこの世を去っても、自 らの命を絶つことはしなかった。彼は、それだけではなく 様々な困難に出会ってきている。
Tears in Heavenの曲も 歌詞も本当に素晴らしい。"I must be strong and carry on 'cause I don't belong here in heaven."という歌詞 があるでしょう。彼は、強く生きていく、歌っていくと いうこと選んだのです・・・。」と話してくれました。
APさんもその話に深く感銘を受けていますが、私も"ANGELINA"を弾きながら幸せそうに歌っていたTommyの笑顔を思い出し胸が熱くなりました。
そして何よりも、APさんの家族に対する愛情の深さに心が揺さぶられました。

たった一曲の音楽が、これほど人の心に突き刺さってくるんですね。
Tommyは「音楽は言葉や国境の壁を越える」と言っていましたが、きっと本来音楽にどんな壁も存在しないのでしょう。
ジャンル、プロ・アマ、有名無名…全てを超えて、幸せを共有できる…それが音楽の持つ本当の力なんだと思います。
ライブ中のオーディエンスの顔、演奏しているTommyの顔…360°見回して、その全てに笑顔がありました。
素晴らしいのは、ライブを終えた今も変わらず笑顔をが胸の中に感じる事ができる事。
単なる「想い出」以上の何かが、確かにそこにあります。

もう一つ、音楽は人の輪(和・環)を作ってくれます。
今回のライブをきっかけに、たくさんの新しい出会いがあり、素晴らしい方々と交流できました。
その中のお一人からお聞きしたお話…これも音楽の力を伝えてくれるものでした。

ご本人の了解は頂いていないのですが…ご紹介させて頂きます<すみません。
その方は元々バンド活動をされていて、エレキばかりを弾いていたそうです。
その彼がアコースティックギターを弾かれるようになったきっかけは…悲しい理由でした。
最愛の奥様を癌で亡くされ、その奥様が亡くなってから、最初に奥様の車を運転した時に、最初にカーステレオから流れて来たのが、押尾さんの「ドラマティック」だったそうです。
奥様がアコースティックギターの音色が好きだったのを思い出し、まるで奥様が「私はいないけど、好きなギターでも弾いて楽しく毎日過ごして!」と言ってくれたような気がして、アコースティックばかりを弾くようになった…と言うお話しでした。

このお話しにもとても大きく心を揺すぶられました。
こうやって音楽は人の心の深いところに根付いていくのですね。
私もアコースティックギターを20年振りに再開して、それをきっかけに、本当に素敵なたくさんの仲間達と出会え、今回のような素晴らしい経験をさせて頂けました。
こんな拙いブログにも、音楽仲間達が集まって来て下さっているし、本当に音楽に「ありがとう」と言いたいです。
そしてもちろん、これを読んで下さっている皆さんにも…(^^)v
[PR]
by aki3man | 2007-07-31 23:56 | 音楽
終わっちゃいました、怒濤の三日間…
大トリのトミーライブ、良かったとか凄かったとか、そんな次元ではなかったです。
It became a legend......
そんなライブでした。
ライブ終了直後、トミーが楽屋に入るなり「こんなライブは経験がない信じられないような演奏ができ、やった事ない事までしちゃった」と言ってくれた、まさにRegendと呼ぶに相応しいライブ。

キャパが小さかったせいもあり、オーディエンスとの一体感が素晴らしく、トミーも本当に楽しそうに演奏してくれました。
オーディエンスの方々といったら、それはそれは、こんな幸せな顔したこと無い!って顔してましたし(って、自分の事??)

最初に初めて見る方々の度肝を抜いて、その後ビートルズメドレーや"Over the Rainbow""上を向いて歩こう"等、カヴァーものを取り混ぜながら、MCもそこそこにトップギアのまま一気に2時間のステージ。
前半のピークは"Classical Gas" 当然大盛り上がりでした。
スネアブラシを使った奏法や、まるでハープのようなオクターブハーモニクス、タッピングやボディヒットを取り混ぜながらも、決してメロディラインが埋もれない完璧なサウンドコントロールは、神様ならではでした。
後半は一番新しいアルバム『QUESTIONS』から数曲、そして最後にお約束の"Initation"
彼が「やった事ない事まで…」と言うのは、この曲の途中の出来事。
何かは秘密(^^)

アンコールは、お嬢さんの名前が冠された美しいバラード "Angelina"
私もカメラを置いて、トミーと一緒に♪ア〜ンジェ〜リ〜ナ〜♪と歌っちゃいました。
欲を言えば、もう一曲は"I've Always Thought of You"が聴きたかったなぁ〜
f0021369_1535593.jpg

話しは前後しますが、
リハ…と言うか、セッティングもアッという間に終わらせてました。
実質、15分もかかってなかったです。
もちろん、エンジニアのニールの腕に依る所も大きいのでしょうね。
ニールはちょっと体調がすぐれず辛そうでした。
飛行機での長時間の移動は、巨漢のニールにはキツかったのかも(^^)
f0021369_1529756.jpg
リハ中のトミーとエンジニアのニール↑

写真を撮るためステージ周りをウロウロする事をトミーに先にお願いしたのですが、答えはすんなり「No Problem. I hope,you take the good photo(^^)」
ライブ中は何度もレンズ越しに目が合い、楽しく撮影させてもらいました。
後半はもうシャッターきるのを止めて、一緒に楽しみましたが(^^;;

ライブ後のサイン会も盛況で、英語でお話しできるお客さんとはサインをしながらいろいろお話しもされていました。
私も妻と三人でちゃっかり写真撮ってもらいました〜
写真と言えば、前日のクリニックの際に撮った(一昨日アップした)写真をプリントしプレゼントさせて頂き、同じ写真をもう一枚ずつプリントしてサインもらってきました。↓
一生の宝物です。
f0021369_154915.jpg

今回撮影した写真は、トミーのオフィシャルサイトにクレジット入りでアップしてくれるとの事。
本当に光栄です。

打ち上げでもいろいろ楽しいお話しをさせて頂きましたが、友人のAPさんが直接トミーに流暢な英語で質問していた内容がとても興味深かったです。
お話しすると長くなるのですが、素晴らしい楽曲が生まれるベースとなるパーソナリティをかいま見た気がしました。
f0021369_15352029.jpg

最後にホテルまで送り届け無事全て終了…あっ、今日空港までの送りはseoさんとAPさんにお任せ。
ちょうどこれを書いているところに、APさんから「無事見送った」と連絡が入りました。
(APさん、昨晩はちょっと緊張して寝れなかったかも…何故かはこれも秘密、ご本人から直接聞いて下さい(^^;;)

何はともあれ、無事終了できて本当に良かったです。
スタッフ全員手弁当での作業…でもそれだからこそ力を合わせて成功に導けたのでしょうね。
代表のseo@sapporoさんはじめ、スタッフの方々、本当にお疲れさまでした。
f0021369_1536174.jpg
スタッフ全員で集合写真↑
(APさん、機材運びの車を取りに行っていて写ってません、申し訳ない!m(_._)m)
[PR]
by aki3man | 2007-07-27 15:40 | ライブ
昨日のトミエマギタークリニック、おかげさまでとても素晴らしいイベントとなりました。

昼過ぎに千歳空港でトミーをピックアップ、真っすぐ「えきスタ」出演、その後ホテルチェックインしてクリニックとタイトなスケジュールでしたが、疲れた顔を一つも見せずずっとニコニコ対応してくれました。
クリニックは30名弱の方々に着て頂き、予定の2時間をオーバーする程の盛況。
目の前で十数曲を弾きながら、一つ一つ丁寧に説明してくれましたが、どの曲も「歌う」事を大切に考えていて、改めて「MusicはSong」だと言う事を教えられました。
他にも、自分の演奏を録音してリズム感覚を養う事の大切さや、たくさんの素晴らしい曲からインスパイアされて自分の曲が出来上がって行く過程や…
もとてもためになる話をたくさんして頂きましたし、おそらく参加頂いた皆さんも有意義な時間を過ごして頂けたと思います。

セミナーの最後は数人のお客さんが自分のギターでトミーの前での演奏。
一人目の若い男性は、トミーの『ClassicalGas』を、続いて浜田さんのオタルナイチューニングとトミーのレギュラーチューニングでの『Just A Closer Walk With Thee』、どちらも本当に素晴らしかったです。
f0021369_13273712.jpg
浜田さんとトミーのセッション↑

次の方は、押尾さんの『翼』を弾かれましたが、弾いた後その場でトミーがネックリペア(^^;;
見る前からネック状態が分かっていたようでビックリです。
最後は我らがK君、トミーがえきスタでも弾いた『I've Always Thought of You』
アイコンタクトしながらのセッションは素敵すぎました。
そうそう、この曲の曲名の由来を食事会でお聞きしましたが、素敵なお話しでしたよ。

クリニックでは、私のこのブログを「いつも楽しみにしています」と言って下さる方ともお会いでき、これまたとっても嬉しい出会いでした(^^)
これを読んで下さっている方でまだご挨拶させて頂いていない方、今日もカメラ持ってウロウロしていますので、見かけましたら遠慮なくお声かけて下さい…と言っても、何にも良い事ないですが(^^;;

夜の食事会では、先述の曲名やメイトンギターの名前の由来、お持ちのギターの数々、レコーディングに使っているギター、普段使われている弦…などのギター話はもちろん、たくさんのお話しをさせて頂き、とっても楽しい時間でした。
私のボロ車でホテルまでお送りし、無事一日目が終了。
あっという間の一日でした…が、今日がライブ本番。
楽しみです!!
f0021369_1325366.jpg
f0021369_13254846.jpg

[PR]
by aki3man | 2007-07-26 13:33 | ライブ
無事クリニックが終了。

いやはや、素晴らしいパフォーマンス…それ以上に素晴らしいパーソナリティ。
非常にフランクでフレンドリー(^O^)
すっかり「Tommy&Akky」の仲になりました(勝手に思ってるだけ?)
取りあえず「VeryFunnyPhotographer」の称号を頂きました(^^ゞ

明日のライブも楽しみです!
f0021369_1362569.jpg

詳細は後でね。
[PR]
by aki3man | 2007-07-25 22:31 | ライブ
トミエマ、ほんとに来ちゃいました(^O^)
今、「えきスタ」のセッティング終わりました。
この後生放送です。
f0021369_1343242.jpg
f0021369_1404430.jpg

[PR]
by aki3man | 2007-07-25 14:39 | ライブ
まずは一日目、押尾コータローLiveが終わりました。
セットリスト含めて、もろもろのご報告は後日改めて…(できるだろうか??)
グッタリ疲れてしまいました、いろんな意味で(^^;;

明日からもう一度気合いを入れ直して頑張ります。
ご一緒頂く方々、よろしくお願いします。(バイト君より)

出番を待つPA、照明コントローラー達↓
f0021369_1445040.jpg

[PR]
by aki3man | 2007-07-24 23:27 | ライブ
いよいよ今年の夏一番のライブ週間開始です。

明日の「押尾コータロー」ライブは、朝の機材搬入からライブ、撤収まで一日お手伝い。
ゆっくりライブを観れるかどうかちょっと怪しいですが、いつもとは違った楽しみもありそうです。

明後日は「トミー・エマニュエル」ギタークリニック、翌26日はライブ本番。
25日の朝、空港でのトミーのお出迎えから、26日の夜中まで二日間ご一緒させて頂きます。

25日は夕方UHBの『えきスタ』にトミー出演予定です。
見れる方、是非TVをチェックして下さい。
私は多分ガラスの外から写真撮ってます(^^)
ギタークリニックはまだ若干余裕があるようです、興味がある方、是非キクヤさんに問い合わせてみて下さいませ。

さて、怒濤の三連チャンの始まり始まり〜〜
[PR]
by aki3man | 2007-07-23 23:58 | ライブ
初めて「まるやまミュージックソン」に行って来ました。
円山地区のライブハウスやカフェを会場に、プロアマチュアの分け隔てなく、カラオケ以外でしたら何でもありの音楽イベント。
『Sunny Ferry』と言うアマチュアのJazzバンドのライブを聴きに、ジャムジカへ。
f0021369_2302034.jpg
会場は正に立錐の余地もない…店の外にまでお客さんが溢れていました。
こんなに盛り上がっていたイベントだとは知りませんでした(^^;;
f0021369_2305935.jpg
『Sunny Ferry』の演奏は、スタンダードやボッサ、ラテン、ブルースと、バラエティ溢れる演奏内容で、アマチュアとは思えないレベルの高いもの。
特にリズムセクションの男性二人がしっかりと屋台骨を支えていて、そこに素敵なアルトサックスや、ピアノ、ヴォーカルが絡み、素敵な演奏を聴かせてくれました。
久し振りにJazz系のライブに行きましたが、良いですね〜
帰って来てすぐ、棚の奥からロリンズの「サキソフォン・コロッサス」引っ張り出して聴いてます。
蒸し暑い夜に、Jazzはハマります。
ただ…相変わらずジャムジカは見づらい…(;_;)
f0021369_2312258.jpg

[PR]
by aki3man | 2007-07-22 23:01 | ライブ
私のメインギター、Morris SJ-131 SBと言うモデルなのですが、この最後のSBと言うのが、何の略なのかずっと気になっていました。
スプルース/ブラジリアンローズウッドの略…なら良いのですが、残念ながらサイドバックは普通のローズウッドなので×
ブレイシングのタイプかなとも思ったのですが、Xブレイシングなので、これも×
もちろんサンバーストでもないです。

先ほど、ギター&写真&山登り仲間(勝手に仲間にしちゃいましたm(_._)m<ヤスさん)ツイてるヤスさんが教えてくれました。
モーリスに確かめてくれたそうです。
SBは…『ステファン・ベネット』の頭文字。
そう、『ステファン・ベネット』シグネチャーモデルだったんです。
確かに彼はモーリス主催のフィンガーピッキングデイに何度も参加していますし、モーリスの愛用者ですね。
モーリスではレギュラーモデルとインレイが違うと言っているらしいのですが、写真を見る限りどこが違うのか分かりません(^^;;

いずれにしても、そうなら一曲くらいは練習してみなきゃならないかも…だって、ステファンの曲、全然知らないんですもん(^^)
[PR]
by aki3man | 2007-07-18 22:02 | ギター
と言う訳で、靴を買って来ました(^^)
最初は普段でも履けるローカットの靴で良いかな…と思ってましたが、実際に履いて歩いてみると、やっぱりハイカットで足首をサポートしてくれるタイプの方が断然良いです。
ついでに一番安いスライドステッキと、道央の登山ガイドも買っちゃいました。
f0021369_185643.jpg
今年の夏はキャンプ&登山…にしちゃおうかな。
カヌーが壊れちゃったので、湖畔のキャンプ場にこだわらず探してみようっと。
9月には大雪山系の紅葉を観る登山計画も立てました。

これでビリーに頼まなくてもちょっと痩せられるかな…どうだろ…
[PR]
←menuへ