<   2007年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

連覇しちゃいましたね〜!
今年はプレイオフに勝たなくても、これでパシフィックリーグ優勝です。
いえ、もちろんクライマックスシリーズにも勝って、日本シリーズ戦いますけど(^^)

それにしても数字だけ見ると優勝したのが不思議なチーム。
得点504、ホームラン73本はいずれもダントツリーグ最下位。
打率0.257は最下位オリックスより低く、こちらも最下位。
で、防御率が特別良いかと言うと、ソフトバンクが3.09に対して3.25で2位だし。
ちなみに在京某セ人気球団のホームラン数は189本!
日ハムの約2.6倍です。
(いずれも28日現在の記録)
でも年俸総合計は、おそらくもっと差があるんでしょうけど(^^;;
日本シリーズでは、その某チームに勝ってもらいたいもんです…って気が早い。
(30年来のアンチ○○な私)

お金をかければ、大砲を揃えれば…それが勝利への最短じゃないのが野球の面白いところですね。
今年の日ハムは、本当に細かく多彩な攻撃ができるチームになりました。
そつがない、隙がない…そんな野球。
選手個人個人がとても「野球を知っている」そんな感じを受けます。
(なぁんて、「お前は何を知ってる!?」って突っ込みは無しです(^^;;)
ホークスの王監督が「日ハムの方が攻撃の幅を持っている」と言うような事を言っていましたが、その通りですね。
毎試合ベンチの選手の多くがプレイしているのも、他のチームと違います。
若い選手達も高い確立で出場機会を与えられますから、ベンチにいても高いモチベイションを保てるのでしょうね。
生で観ていると、TV画面からだけでは分からない細かいプレイを一人一人いろいろやってました。
迫力は無いけど玄人好みする野球で、観ていて面白かったです。

ホークスは王監督があまりにも偉大すぎて、采配や選手起用に異議を唱えられないのが一番の弊害な気がします。
端から見ていても、特に今年の采配は?でした。
4番の扱いとかね。
会社でも、社長のワンマンだといろいろ弊害が出てくるのと似ています。

さて、CSはどっちが出てくるでしょう?
今の状態だとロッテの方が嫌かなぁ。
もっともホークスには非常に分が悪いのですが。
どっちにしても札幌ドームで戦えますから、熱狂的な応援を背に勝ち抜いて欲しいです。

と言う訳で、CSは3〜5戦のチケットをゲットしました。
1、2戦は土日で、応援に行けないもんで。
これで胴上げ見れるのは間違いないです…どっちが勝っても(^^;;…って、日ハム勝つに決まってます、ハイ(^^)
[PR]
先日の赤岳登山の際、紅葉を見て「まるで錦絵のよう」と感じましたが、それを思いながら頭の中に流れて着た音楽は、懐かしい「BUZZ」の曲『紅葉だより』でした。
♪錦絵のように絢爛豪華とはこの事でしょう〜♪
以来毎日メロディが頭から離れなく、たまらずCDを買ってしまいました(^^)

「BUZZ」は『ケンとメリー ~愛と風のように~』が有名ですが、非常に綺麗なハーモニーが印象的な、「ふきのとう」などと似たスタイルのフォークデュオでした。
「ふきのとう」よりもう少し叙情的と言うか、ウェットな雰囲気がありあます。
『ケンメリ』以外にも『はつかり5号』(『ケンメリ』同様に高橋幸宏のお兄さんが作曲)や『記念日』(正やん作詞)など、美しい楽曲がたくさんあります。
もっと評価されても良いと思うのですが、いまいち地味な印象がありますね。

今ではもう声が出ませんが、機会があればキーを下げてでも歌ってみたい…懐かしい曲達を聴きながらそう思いました。
f0021369_2228425.jpg

[PR]
by aki3man | 2007-09-27 22:05 | 音楽
行ってきました、最終戦。
音楽仲間のd45kanedaさんとyohさんと一緒の観戦でした。

ダルとマー君の白熱した投げ合いも、ハム打線が湿りっぱなしで8回までたったの2安打…
こりゃ「勝利のおっさん神話」もとうとうここまでか…と思った最終イニング、ドラマが待ってました(^^)
まだまだ勝利のおっさんの力は捨てたものじゃないですなぁ。
しかも「坪井」のサヨナラヒット。
良かった〜坪井Tシャツ着ていって。
それにしても、最後のサヨナラの場面、ドーム内は昨年の日本シリーズを思い出させるような異様な雰囲気でした。

そうそう、今日はそれだけじゃないんです。
見事、BB君のバズーカでボールをゲット!!
争奪戦もなく、私の手の中に真っすぐストライクでした。
その時は知らなかったのですが、キャッチしたところがドームのオーロラビジョンに大写しになったらしく、友人から電話が着ました(^^;;
中身はと言うと、500円分のローソンQUOカード。
中身はとにかく、すっごくラッキーでした(^^)v

今日で取りあえずホーム公式戦は終わりですが、クライマックスシリーズのチケットが明後日発売。
今から楽しみです!!
f0021369_0164242.jpg

[PR]
元々スポーツ全般、するのも観るのも大好きですが、ここ数年は日ハムのおかげで野球観戦熱が再発しています。
中3の時に佐々木信也さんが司会を務める「プロ野球ニュース」が始まって以来、ずっと阪神ファンで、円山には良く足を運びました(ちなみに、観に行っていた頃、阪神は札幌で一度も勝てませんでした…とほほ)
そうそう「プロ野球ニュース」、現在もCSで放送していて、相変わらず佐々木氏が司会を務めていますね。
解説も土橋正幸氏が出ていたりして、懐かしい雰囲気です。

今年は十数試合しか日ハムの試合を観に行けていませんが、観に行った公式試合は全勝!!
(昨年の日本シリーズも全勝ですから、十数連勝中です)
勝利の女神ならぬ、勝利のおっさんですな(^^)v
明日はホーム最終戦、不敗神話を続けて、そのままクライマックスシリーズも全勝といきたいものです。

さて、野球は観戦だけでなく、20代の頃は朝野球チームでピッチャー&キャッチャーをやっていました。
私がバッテリーをやるのですからチームの実力は知れたものですが(^^)それでもカップ戦で優勝した事もありました。
通常は週一試合のリーグ戦でしたが、こっちは毎年Bクラス…と言うか万年最下位。
“タッチアップ”すら知らないようなメンバーが2~3人レギュラーでいましたし(^^;;
ツーアウトツースリーになると「走るんだぞ〜!」と声をかけなきゃならないし、ツーアウト満塁で「ニアベースだぞ」と言っても「何すか??」と帰ってくるし…とほほなチームでした。
だいたい、早朝にメンバーが9人集まらずに没収試合になったりもしました。
こんなチームがカップ戦優勝できたのですから、野球は分からない(^^)
相手チームの先発は甲子園経験者だったりしたのにね。


野球は非常にルールが複雑ですし、野手状況判断やそれによる動きが難しいスポーツです。
サッカーに比べて世界的にポピュラーにならない要因でしょうね。
役割分担がとてもハッキリしているので、いきなり別のポジションは守れないものです。
それでもこんなチームでしたから、全部のポジション経験させてもらいました。
キャッチャーを筆頭に複数のポジションを経験すると、野球と言うスポーツが『見えて』きて面白かったです。
私は決して走るのが速くなかったですが、ピッチャー&キャッチャーをやっていると盗塁が簡単でした。
ピッチャーをやっていると牽制がハッキリ読めたし、キャッチャーの方の強さもすぐに見極められましたので。
(もっとも朝野球の盗塁成功率は元々めっちゃ高いですけどね)

いろいろなポジションを経験すると必然的に見方を思いやったプレーや、敵が嫌がるプレーができるようになりました。
これはもちろんスポーツに限った事ではないですから、野球を通じて随分社会勉強もさせてもらった気がします。
なぁんて大げさです、なはは。

そんな訳で、私の野球好きは結構根が深く、観戦もマニアックな楽しみ方してます(^^)
そうそう、昨日の試合、相手のパスボールで走者1,2塁が2,3塁になった時、バッターが高橋だっただけに「進塁が災いするかも…」と思った事が現実になりました。
走者1,2塁だった時は外野が浅く守っていたので、高橋なら外野の頭を超えるかも…と思っていたのです。
それが2,3塁になって外野が定位置に戻ってしまったおかげで、案の定センターフライでサヨナラのチャンスを逸しました。
こんな、ちょっとした運や流れが試合結果を左右するのが野球の面白いところですね。

書き始めると長くなっちゃいました(^^;;
まずは明日の試合、頑張って応援して来ま〜〜す。

(坪井は明日も先発じゃないだろうなぁ…坪井Tシャツ着てくつもりなのに)
[PR]
先日のトップランナーに海洋冒険家の白石康次郎氏がでていました。
彼の事は本で読んで知っていましたが、実際に話を聞くと人柄や育ちの良さ、賢さが良く分かって非常に面白かったです。
以前、野口健氏の講演を聞いたのですが、野口氏ととても似たところがあります。
実はこの二人、対談形式の本を出していています。

f0021369_063375.jpg「大冒険術」
一年程前に読んだのですが、この本がとても面白い。
野口氏の本は他にも何冊も読んでいますが、二人とも本当に「生死をかけた」チャレンジの事を、サラッと気負い無く述べているところが、逆に凄さを感じさせます。

以前は「冒険家」と言う職業(?)を羨ましく思う事も無く、どちらかと言うと逆に人に迷惑をかける(事の多い)ネガティブなイメージさえ持っていましたが、トップランナーで白石氏が「SOSを出すのは恥ずかしい事。出す前に引き返す勇気が必要」と述べていているのを聞き、野口氏の本にも同様の事が書かれていたのを思い出しました。
彼らのように生死をかける判断決断ではないにせよ、引き返す勇気、諦める勇気は、とても大切なのかもしれません。
本当の意味での勇気を持った人間でなければ「冒険家」を名乗る事は許されないのでしょうね。

私は軟弱なウィークエンドキャンパー&日帰りトレッカーですので、「自然と相対する事は…」などと大上段に構えて述べられる何も持っていませんが、彼らの本を読んだ子ども達が彼らのフォロアーとなる事を期待しています。
野口氏が植村直己氏の本を読んで憧れたように。
こんな歳になってからこのような本に出会った事に、ちょっとホッとしてます。
以前、沢木耕太郎の「深夜特急」を読んだ時にも同じ事を思いました。
だって、若い頃に読んでいたら絶対に影響を受けてたはずですもん(^^;;

そうそう、命はかけてないし本も書けないけど…それでも、願わくば私の写真を見てカメラマンに憧れる子どもが一人でも表れてくれれば…なぁんてね。
[PR]
by aki3man | 2007-09-23 23:39 | 日常
以前から予定していた赤岳登山をしてきました。
赤岳は北海道の屋根、大雪山系の東側にそびえる標高2,078mの山です。
日本で一番最初に紅葉になる事で知られ、赤、オレンジ、黄色、黄緑、緑…色とりどりの木々が混在する様は、まるで錦絵のようと言われます。

同行者はカメラマン仲間のFちゃんと、H君。
妻は体調不良のため断念…言い出しっぺなのにかわいそうでした。
通常はゆっくり登っても3時間弱の山ですが、写真を撮りながらだったので、たっぷり3時間半以上かかっちゃいました。
もっとも後半の第3、第4雪渓の登りでは二人ともかなりキツそうでしたから、写真を撮らなくても3時間は切らなかったかも(^^;;

さて、噂の紅葉はと言うと…それはそれは美しかったです!
f0021369_22253289.jpg
f0021369_22272267.jpg
登り始めて15分程で突然表れるビューポイントから↑
たくさんのカメラマン達が三脚を立てて撮影していました。
f0021369_22321239.jpg
f0021369_22322333.jpg
色のコントラストが素晴らしいです↑
f0021369_22335084.jpg
遠くには雌阿寒岳も見えました↑
f0021369_22342328.jpg
左下のオレンジ色の丸い木が可愛かったですよ↑
f0021369_2236510.jpg
こまくさ平から第3雪渓を望む↑
こまくさ平、名の通りコマクサが群生しナキウサギも生息しています。
今回もナキウサギの鳴き声だけは良く聞こえました。残念ながら見えなかったけど…
f0021369_22392883.jpg
f0021369_22394196.jpg
ねっ、錦絵のようでしょう?↑
f0021369_22395216.jpg
f0021369_2240297.jpg
f0021369_22401883.jpg
背の低いナナカマド等の中、所々に立つダケカンバ(白樺ではないんですよ)が、紅葉に変化をつけてくれます↑
f0021369_22405657.jpg
下界を眺めるFちゃん↑
f0021369_2241318.jpg
山頂からの展望
中央奥に凌雲岳、左奥に北海道第二の高峰、北鎮岳(2244m)↑
f0021369_22491850.jpg
降りる頃には雲が低く垂れ込んできました↑
f0021369_2251763.jpg
Fちゃんはかなり疲れちゃったみたいで、下りも通常2時間弱のところ2時間半以上かかっちゃいました。
それでも帰りに層雲峡で温泉に入り、旭川ラーメンを頬張るとすっかり元気を取り戻し(ちょっとウソ)帰途に着きました。
久し振りの登山でしたが、天気にも恵まれ良い景色と美味しい空気を堪能しながら、とっても気持ち良く登る事ができました。
思ったよりも疲れもなかったし、ちょっと自信ついたかも(^^;;

本格的な日本の紅葉シーズンに先駆けて「大雪紅葉便り」をお届けしましたが、いかがでしたか?(^^)v
[PR]
先日iPodを修理したばかりですが、Mac Bookも修理に出しました。
モニターがチラつき、キートップが剥がれ、ドライブが不良…とコタコタの状態でした。
もっともキートップはダルの仕業ですが(^^;;
今年購入したマシンでしたので、無事保証修理。
綺麗にクリーニングされて戻って来ました、メデタシメデタシ(^^)v

と言う訳で、こうしてブログ更新しています。
Mac Book以外にも数台マシンは持っているのですが、最近はMac Bookからばかり更新しているので、他のマシンでは筆が進みません(言い訳)
mixiも携帯でチェックできるんですが、書き込む気にはなれませんし(また言い訳)

ちょこっとサボってましたが、また頑張って更新して行きますので、皆様よろしくお付き合いお願いします。
[PR]
by aki3man | 2007-09-18 22:56 | Mac
先週の土曜日、久し振りにminiOFMをやりました。
本当は集まりずらいうちのスタジオではなく、札幌市内の貸しスタジオを使う予定でしたが、スケジュールが合わず、仕方なくまたいつもの(うちの)写真スタジオで。
集まれる人だけ…3〜4人でこじんまり…と思っていたら、結局総勢10名の立派な(?)miniOFMとなりました(^^)

半分は陽水、かぐや姫等、懐かしのフォーク大会。
jeffさん、konさんのKAMAPEPEコンビのギター伴奏に、女性陣のカホン、タンバリンを交えて大盛り上がり。
どの曲もすぐに完璧に弾いてくれてしまうお二人には脱帽です。
反対側では、KAZUさんがおニューギターのお披露目をしてくれました。
岸部さんモデルのFurch、S23-CMCT。
私のFurchとは全然違うキャラクターでした。
シダートップのレスポンスの良さは残しつつ、ジャンボボディのおかげで低音がとても気持ち良く鳴ってくれます。
3〜4カポにしても充分…と言うか、そのくらいのカポの方がバランスが良いかも。
とても魅力的なギターに間違いはありません。
欲しくなっちゃいました(^^)

yohさんはノコを持って来てくれましたが、以前聴いた時よりも断然上手になっていてビックリ!
練習の成果ですね〜
瀬尾さんのギターと「花」(岸部さん)のセッションは素敵でした。

ノコと言えば、先日のトップランナー(NHK)でのサキタハヂメさん、いい味出してましたね〜
適度に力が抜けて、自分の歩幅で歩んで行っている姿勢が素敵でした。
そうそう、サキタさんのHPの6月の時計台ライブツアーレポートに、私が撮った写真を使っていただいています<多謝

話を戻しますね。
少々バランスに欠いたOFMでしたが(^^;;いつもの音楽好きが集まると、やっぱりとっても楽しい時間になります。
美味しい差し入れもたっぷりあるし(^^)
(いつも手作りケーキ、ありがとうございます<ダヤンママ)
今度は12月頃、納会を兼ねてやりたいと思っています。
それまでに歌の練習しておかなきゃ…って、ギターじゃないんかい<自分
[PR]
by aki3man | 2007-09-16 22:01 | ギター
iPodが壊れてから半年以上経っちゃいました。
前の車には元々CDプレイヤーがついていなく、iPodを入れてからはCDチェンジャーも外しちゃってましたので、車で音楽が聴けない日々が続いてました。
散歩中に聴くのが日課だったポッドキャストも溜まりまくり。
PCに向かって聴くのは“あずましくない”んですもん。
で、新しい車のナビにiPodコネクターを付けたのを機に、やっと修理してきました。

AppleStoreに持ち込み修理を頼んだら…その場で別のiPod(ほぼ新品!)にお取り替え。
修理じゃなく交換なんですね、知らなかった…
ダルに噛まれて筐体は凹んでましたし擦り傷だらけでしたから、何だかちょっと得した気分(^^)v
もっと早く修理しておけば良かったなぁ。
あっ、もっとも新品購入の半分近くかかっちゃいましたけどね。

iPodと言えば、iPod touchが発表になりました。
iPhoneはいつ発売になるか分からないですし、これは売れるでしょうね〜
格好良すぎ!
だいたい、機能が肥大化した日本の第三世代携帯と比べるとiPhoneのアドバンテージはそう大きくないですので、iPod touchがあればiPhoneはいらないかも。
発売の噂は絶えませんが、噂止まりになる可能性も大…な気がします。

と言う訳で…ポチッ…としてしまいました、なはは。
f0021369_22274741.jpg

[PR]
by aki3man | 2007-09-10 22:27 | Mac
ここに来て調子を落としてきていますね。
打撃は繋がらないし、あれだけ安定感があった勝も連敗…セギは絶不調。
ソフトバンクとロッテはすぐ後ろです。
監督は辞めるし幸雄さんは引退かぁ…
はい、日ハムの話。
その日ハムに合わせるように、コンサもここ5試合、1勝3敗1分。
しかも下位チームから取りこぼししています。
(totoも外しまくりです、とほほ)
両方共過密スケジュールで疲労が蓄積されてきているのでしょか…

コンサは来期J1間違い無し!…と言った雰囲気でしたが、ちょっと怪しくなって来ました。
石屋製菓問題もありますし、何ともバタバタしてきた終盤です。
残り半分勝てば問題ないでしょうが、この調子では来期上がっても…ん〜
日ハムもコンサも、しっかり守って効率良い攻撃をしかける、『負けないチーム』作りが功を奏していましたが、肝心の守りが不安定になってきたのが気になるところです。

日ハムは明日からロッテとビジターの4連戦、その後ソフトバンクと3連戦。
この両チームに今シーズンは負け越してますので、何としても勝ち越さなければ。
だいたい、5チーム中3チームに負け越しているのに首位に立っているなんて不思議な話です(^^;;
交流戦の勝ち越し分だけで首位にいる計算ですね。


そんな中、今年もドームまで日ハムの試合を結構観に行ってますが、行った公式戦は負け無しです!
昨年も松坂に完封された春先の一試合を除き、日本シリーズを含めて負け知らずでしたから、勝利の女神ならぬ勝利のオッサンですね(^^)v
一昨日もイライラする試合でしたが何とか勝ちました。

ちなみに、この後行けるのは21日のオリックス戦と、26日の楽天戦だけ。
特に26日はホーム最終戦で、マー君が投げる可能性大。もう既にチケットも完売です。
このまま観戦連勝記録を続けたいもんです、できればクライマックスシリーズ、日本シリーズもね(^_-)


そうそう、一昨日試合に勝って気分良くドームから出た途端、ごった返している横断歩道を歩行中、目の前の30代くらいのサラリーマンがタバコに火をつけ手に持って歩き出しましたんです。
カッときて思わず「こんな所でタバコなんて吸うな!危ないなぁ!」と怒鳴ってしまいました。
自分も数年前まで喫煙者でしたから、タバコを吸う人の気持ちは良く解ります。
でも、あんな人間がいるから余計に喫煙者は肩身の狭い思いをしなくちゃならないんですよね。
折角勝利の余韻に浸りたかったのに、後味が悪い観戦となっちゃいました(;_;)
[PR]
←menuへ