<   2009年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧

さてお待ちかね、1月28日 (水)青森市文化会館で行われた、山下達郎 "Performance 2008-2009"のご報告です。
昨日も書きましたが、アンコールの際に達っつぁんから「ネタバレには配慮を」とのお達しがありますので、どこまで書けるやら…ですが…
(注!いつになくアクセスが多いところを見ると、検索していらっしゃる方が多いのかもしれません。これからライブに行かれる方はご自分のご責任でお読み下さいませ。多少のネタバレはありますので)


ホテルから会場までは1.5kmほど、タクシーに乗って駆けつけると、ちょうど18:00開場したばかりで、まだエントランスは賑わっていました。
最初からツアーパンフを買う予定だったのですが、既にテンションが上がって興奮状態の私はついつい携帯ストラップとTシャツまで買ってしまいました、なはっ(^^;;

会場の青森市文化会館は2千余名のキャパで、せり出しの2階席がある綺麗で立派なホール。
ライブの中で達っつぁんが「このホールは日本でも有数の音が良いホール」と言っていましたが、確かに客席にいても解るほど良く響くホールでした。
席は20数列目でしたが通路側だったのでステージを遮るものは何もなく、とても快適に見る事ができそう。
ぐるっと見回すと、お客さんの年齢層は30代から50代、男女半々って感じ。
割合地味目な感じの人が多く感じましたが、自分もその中の一人に間違いないし(^^)
さて、そのステージ…セットはシンプルにして照明等で効果を付けよう…と言うのではなく、まるで60年代NYのとあるビルの屋上と言った感じの、とてもカッコ良い、結構大掛かりなセットが組まれていて、ちょっと『On The Street Coner』のジャケットを彷彿。
所謂ルーフトップライブ…The BeatlesのGet Back風?…ちょっと違うか(^^;;
会場には、いかにも達郎が好きそうなドゥアップなア・カペラが流れていました。

18:30を5分程過ぎた頃、音楽が達郎の一人ア・カペラに変わってメンバーが「あぁ、そこからね〜」って具合に登場。
最後にシルエットでそれと分かる…真新しそうなブルージーンにネイビーのシャツ、肩にはあのブラウンのテレキャスを携え… 御大が現れたかと思うと、何百回と聴き憧れたあのイントロのカッティングが。
もうそこから涙がぽろぽろと…本物だぁ…その声もその音も、まんま達郎でした。
続いて『Treasures』からノリノリのあの曲を。
まだ落ち着きを取り戻せない私は、目をまっ赤にして(いたはず)聴き入ってました。

MCで、青森は17年振りだけど80年代にはよく来ていて、まだこのホールの前の建物で建て直していた時には来れなかったとか、どこのホテルに泊まったとか、よく覚えているもんです。

そうそう、MCと言えば、なぜ6年もライブができなかったのか、なぜ今回ツアーを行う事にしたのか…そんな話を何度もしていました。
その理由の一つにバンドメンバーの事があるのですが、30年達郎バンドのリズムセクションを支えてきた青山淳に代わって新しく加わったドラムは、達郎が「間違いなく次の世代を引っ張る天才ドラマー」と呼ぶ、若干24歳の小笠原拓海。山下洋輔と一緒にやっていたというだけあってテクニックは素晴らしいものがありました。
あっ、でも実は最初スネアのヌケがあまり良くなくて「思った程じゃないなぁ」と感じたのですが、だんだんヌケてきたように感じたのは気のせいなのか、PAのせいか、演奏自体のせいか…それにしても素晴らしいドラマーである事は間違いないです。
基本的な演奏は青淳のまんまでしたが、終盤『Bomber』の途中で3分以上(?)聴かせてくれたドラムソロでの、16ビートでベードラ蹴るとこなんて鳥肌もんでした。

ついでに他のメンバーの事を少し。
左端はこれまた新しいメンバーの柴田俊文(key)
昔、ギターの佐橋とバンドを組んでいたとの事。
YAMAHA DX-7とハモンドオルガン(他にもあったかも?)ハモンドの音が素敵でした。
そのちょっと後ろ隣にサックスの土岐英史。
これだけのメンバーでこれだけの楽曲、管は一人だけって大変だろうなぁ…などと思いながら、この人だから一人で充分なんだ…と納得。
手前右には(山弦の片割れ)佐橋佳幸
ゴールドのストラトを常時うつむき加減で弾いていましたが…やっぱり彼も天才!
あの音の出し入れの妙は、これぞプロって感じでした。
いやぁ、ほんとカッコ良すぎ。松たか子が惚れる訳です、これまた納得。
そうそう、佐橋さんは途中で、EW&Fの有名曲が♪青森県〜青森県〜♪と聴こえる空耳を披露して爆笑を買っていました(^^)

真ん中に達郎と小笠原をはさみ、右にベースのお馴染み伊藤広規
マーシャルを二段積みいしてゴリゴリ…(^^)v
右端には、これまたお馴染み、難波弘之
フルコンのピアノとフェンダーローズを使い分けて、素敵すぎるピアノの音を奏でてくれました。

その後ろにはコーラスが三人。
右端は、元スタレビで現在はesq(エスク)と言うユニットを組んでいる 三谷泰弘
遠目でしたがスタレビ時代とちっとも変わらないように見えました。
お隣はノリノリダンスが素敵な佐々木久美さんと、ソロでも活躍されている国分友里恵さん。

見ていて感じたのは、彼らはサポートメンバーなのではなく、山下達郎バンドのメンバーなんだなぁと言う事。
バンマスはもちろん達郎だけど、彼ら10人1ユニットで完成されていると言う感じでした。当たり前なんだけどね。
それにしても、30年前と同じキーであれだけの声で、カンペ無しでも歌詞を間違える事なく(^^)完璧に歌いきっちゃうプロ意識と、自信を持って「楽しんでいって下さい」と言い切れるプライドには、今まで見たどのアーティストとも違う空気を感じました。

さて、ライブの話の続きを。
各メンバーの紹介を兼ねたソロをたっぷりフィーチャーして、懐かしい『Paper Doll
途中一人ア・カペラのコーナーは、割合新しいシングルからあの曲『バラ色の人生~ラヴィアンローズ』から始まり、オンスト2に入っている自身一押しのこの曲『Chapel Of Dreams』季節外れをエクスキューズしながら、続いてクリスマスソングを2曲歌った後メドレーであの曲を。
間奏のア・カペラだけ録音に被せて…と、凝った演出(と言うか、それしか方法はない)

バラード系を数曲続けた後、伊藤さんのスラップがかっこ良すぎる『Bomber』辺りからは総立ち(ちょっと大げさ)
続いて、待ってました『Let's Dance Baby』この為に音だけクラッカーを用意してきました。
でも、思ったより鳴らしていなかったような…うちらだけ浮いた??(^^;;

最後は出世作で大ヒット曲『Ride On Time』を、途中ラインを抜いて生声で歌って聴かせてくれました。

当然鳴り止まぬ拍手に応えて、赤いシャツに着替えて登場。
アンコールは最近のシングルから、その後「我々の未来の為に、我々の子供の未来の為に、手塚治生誕80年を記念して…」あの曲を、途中主題歌をフィーチャーして。
懐かしい曲を挟んで、最後はまたマイクを置き生声で土岐さんのSaxをバックにあの名バラードを熱唱してライブは終了しました。
時計を見ると21:38、3時間3分程の最高のライブでした。
『That's My Desire』が流れる中、それを一緒に口ずさみ余韻に浸りながら外へ。
1月末だというのに青森は全然寒くなく、妻と食事処を探しながらテクテク歩いていると、あっという間にホテル近くまで着いちゃいました。
居酒屋で新鮮な海のものに舌鼓を打ちながらライブの感想を話しましたが、またこのライブを4月に札幌厚生年金で観れるのかと思うと、いつもライブの後感じる寂しさも半分(^^)
待ち遠しいなぁ…

長くなっちゃいましたが、何となく分かって頂けましたでしょうか?
この後ライブに行かれる方には話し過ぎたかもしれません、ごめんなさい。
残念ながら行けない方、還暦までは毎年ツアーをすると言っていましたので(来週56歳になります)きっとチャンスがあると思いますよ。
それまで待ちきれない方には、こっそりセットリストを…(見たい方は↓反転させてね、↑↑も同じですよ)

2009.01.28 (wed)
青森文化会館


01.Sparkle
02.Jungle Swing
03.Blow
04.春よこい〜Donut Song
05.夏への扉(The Door Into Summer)
06.ついておいで(Follow Me Along)
07.Paper Doll
08.さよなら夏の日
09.Forever Mine
10.バラ色の人生~ラヴィアンローズ
11.Chapel Of Dreams
12.Have Yourself A Little Merry Christmas
13.We Wish You A Merry Christmas~クリスマス・イブ
14.蒼氓
15.Get Back In Love
16.Bomber
17.Let's Dance Baby(~Dancing Queen~Do You Wanna Dance?~踊ろよ、フィッシュ)
18.高気圧ガール
19.Ride On Time
Encore
20.ずっと一緒さ
21 アトムの子
22.Down Town
23.Your Eyes


山下達郎 (Vocal,Guitar)
小笠原拓海 (Drums)
伊藤広規 (Bass)
難波弘之 (Acoustic Piano & Rhodes)
柴田俊文 (Keyboard)
佐橋佳幸 (Guitars)
土岐英史 (Saxophone)
国分友里恵 (Background Vocal)
佐々木久美 (Background Vocal)
三谷泰弘 (Background Vocal)
f0021369_16351590.jpg

[PR]
by aki3man | 2009-01-30 16:40 | ライブ
と言う訳で、無事に帰ってきました。
肝心のライブについては、明日ゆっくり書く予定ですが、アンコールの際に達郎が…
「皆さんに小さなお願いがあります。ブログとか掲示板で今日のライブの模様を書かれる方もいると思いますが(正に私!)まだツアーは1/3を過ぎたばかりですので、ネタバレする場合は配慮をお願いしたい」
とお話しされていました(ってこれもネタバレ?)
セットリストを含む詳細について、どこまで書いて良いものやら悩んでおります。
でも興奮を伝えたいしね(^^)

で、その前に今日はライブ以外の青森旅行記を少々。
「そんなもん読みたかぁない、ライブの事書け!」…と言う声が聴こえますが…はい、無視(^^)

札幌から秋田辺りまで行くとなると、JRより飛行機の方が楽で金額もさほど変わらないのですが、青森までだとJRの方がずっと安上がりと言う事で、札幌ー函館(スーパー北斗)函館ー青森(スーパー白鳥)と乗り継いで行ってきました。
天気も良く、車中からは駒ヶ岳も綺麗に観れました。
f0021369_23273377.jpg
(↑右奥に駒ヶ岳)
8時半頃に出て函館に着いたのはちょうどお昼。
乗り継ぎを一本遅らせ昼食を函館でとる事にしました。
駅でおいしいラーメン屋さんの情報を仕入れ(当然!)塩ラーメンを堪能。
f0021369_23295152.jpg
(↑三つ葉が入っているのが函館風?)

函館からはスーパー白鳥で世界一の海底トンネル「青函トンネル」をくぐり青森へ。
久し振りの青函トンネル。
昔は修学旅行で十数回くぐっているのですが。
f0021369_23324982.jpg
(↑鉄っちゃんではないですが、一応撮っておきました)
青森には…本当に小さい頃は別にすると…初めて。
ライブまで少々時間があったので散策しましょうと街中をブラブラしてきました。
素敵な「青森ベイブリッジ」があったので、展望台に登ろうと思ったら…冬期間は締切(;_;)
f0021369_23422886.jpg

でも、マップを見るとその奥に「青森ラブリッジ」と言う歩いて渡れる橋があり、渡った先に「アスパム」と言う観光物産館を見つけました。
「ラブリッジ」と言うくらいだから、こりゃたまに奥さんと手でも繋いで渡らにゃ…と思ったら…
f0021369_23411898.jpg
橋が途中で切れてるし。。。
まっ、うちらのラブラブ具合はこんなもんだなぁ…と妙に納得。

気を取り直して、ぐるっと回ってアスパムに行ってみると、甘〜い香りが鼻孔をくすぐる。
見ると『焼きたてアップルパイ』の文字が。
100%アップルジュースと一緒にこのパイを頂きましたが、これがめっちゃ美味!
余計な甘味料で甘みを付けていなく、りんごの甘みだけで充分って感じ。
f0021369_23492526.jpg
それにしてもさすが青森、他にもお土産の半分以上がりんご絡みでした。

一日目はこの後ライブ会場の青森文化会館へ。
んで、す〜〜んばらすぃライブを充分堪能した後、ホテルの側の居酒屋で夕食。

翌日は昼過ぎのJRで帰札予定でしたので、観光と言っても遠出は諦め「棟方志功記念館」へ行ってきました。
志功の作品はいくつか観た事がありますし、それ程期待してなかったのですが想像以上の素晴らしい展示でした。
中はそれ程広くなく展示数も多くはなかったですが、観る者の心に真っすぐ入り込む圧倒的な迫力を持った作品の数々は、私達を感嘆させ魅入らせるに充分でした。
放映されていた40分程のVTRを観るうちに、氏の、正に「魂を入れる」と言う言葉が相応しい、作品に対する純粋な想いに心を揺すぶられました。
本物のアートが持つ力を見せつけられた想いでした。
私も死ぬまでに一点で良いから、人の心を揺すぶるような写真を撮ってみたい…そんな無茶な事を考えてしまいました、なはは。
f0021369_0329.jpg
(↑中は撮影禁止なので…)

まだ帰りのJRにまでちょっと時間があったので、また昨日のアップルパイを食べにアスパムへ(^^)
帰ってから食べる分も買っちゃったくらいにして(^^;;どんだけ気に入ったんだ<自分ら
そうそう、駅の近くの商業施設の地下には、朝5時から開いている大きな市場がありました。
f0021369_06234.jpg

新鮮な魚介類がたっくさんで(函館朝市ほど商業化されていないし)良い雰囲気でした。
北海道ではあまり食べない魚も結構あったりして、近くても内地なんだなぁ、なんて思ったり。
そうだ、他にはね…トッポい格好したおにーちゃんも、思わず振り返っちゃいそうになる素敵なお嬢さんも、み〜〜んな訛ってて、とっても可愛かったです(^^)
何だか良いなぁ、東北。

んなこんなで、一泊二日の山達ライブ参戦青森強行ツアーは無事終了。
お土産もしっかり買ってきたし
f0021369_094543.jpg
満足満足。
本当はもう一二泊して温泉に行きたかったんですけど、ワンコらに留守番させるのは一泊が限度なもんで(^^;;

最後まで読んで頂き感謝です。
お楽しみにのライブのご報告は明日!乞うご期待!!…されると困る…
[PR]
by aki3man | 2009-01-29 23:10 | 日常
f0021369_21254280.jpg行ってきました。
凄すぎました、ナマ山達。
信じられないパフォーマンスで、3時間たっぷり聴かせてくれました。
詳しい報告は、帰ってから改めてゆっくりと。

いやぁ、すごかった、ホント。
[PR]
by aki3man | 2009-01-28 23:39 | ライブ
途中函館で降り、塩ラーメンを食べ、先ほど無事青森に到着しました。
これからライブまで青森市内観光です…って、何にもなさそうだけど…

ホテルから青森駅が見下ろせます。
f0021369_21273487.jpg

[PR]
by aki3man | 2009-01-28 15:30 | 日常
f0021369_20425960.jpg一昨日から使っているiPhoneですが、本当に大人のおもちゃですね。
GPS機能を使って現在地はもちろん、最寄りの駅や公共施設、レストラン等、何でも簡単に調べれたり、最寄り駅から自宅への電車の時刻を調べナビゲイトしてくれたり。
自宅ではiTunesのリモコンになったり。
アプリを入れていろいろ機能を増やせるのですが、今日インストールしたのが、自宅のパソコンをウェブカメラにして、iPhoneで部屋の様子をモニターするソフト。
そう、留守中に我が家のマック&ダルが何か悪さしてないか、外からモニタリングしようと思っての事です。
明日から青森に行ってくるので、その間モニターできればと設定中です…が、これがなかなか難しい…今日のものになるかなぁ。

他にも楽しい事、てんこもりの玩具です。
皆さんもいかがですか?
(と言いつつ、お勧めできないところもたっくさんあるのですが…(^^;;)
[PR]
by aki3man | 2009-01-27 20:44 | Mac
先日から携帯の外側のプレートが剥がれかけていて時々ポケットの中で引っかかったりしていたのですが、今日Yバシカメラで買い物している時に、そのプレートに指を思いっきり引っかけて擦りむいちゃいました。
で、頭に来て、携帯コーナーに行ってsoftbankの店員に文句を言おうと思ったら…文句どころか、いつの間にか「iPhoneに機種変更しま〜す」と言っていました(^^;;

iPod touchと基本的に使い方は同じなのですが、電話自体は今までと全然違いますので、ちょっと勉強しなきゃ。

あっ…iPhoneに入れ替えたの、まだ妻には言ってないんだった…何て言おうかなぁ…
f0021369_0364868.jpg

[PR]
by aki3man | 2009-01-25 23:25 | Mac
今、これを書きながらBGMに流れているのは、某ギターデュオのアルバム。
それも発売前…と言うか、マスタリングしたてでデモ盤以前のもの。
何故に私がこれを持っているかと言うと…
このアルバム用のジャケ写を撮らせて頂けるかもしれないのです。
もっとも、ご本人達は表ジャケにバ〜〜ンとお顔を載せる事に抵抗があるらしく、中ジャケ、もしくは裏ジャケに、と言う事になりそうですが(^^;;
ライブでも演奏されている良く知った曲も多いのですが、改めて聴くとやはり爽やかで気持ちの良い楽曲のオンパレード。
写真はどんな感じが良いかなぁ…と、目をとじイメージを膨らませています。
残念ながら、今の時期=「真っ白」のイメージではないので、屋外で…と言う訳にはいきそうにないですが。

どなたの事か分かる方も少なくないと思いますが、その彼らが2月に時計台ホールで出演するのが『EZO(蝦夷)音楽祭』
彼ら以外にも、浜田隆史さんあらひろこさんなど、良く知った方々も出演されます。
また、先日のブログでもお話ししましたが、HBCラジオ等でご活躍中のYASUさん率いるThe Black Beatlesもステージに立たれます。
それも今回はアコースティックヴァージョンと言う,レアな構成。
で、先ほどYASUさんからご連絡いただき、当日ライブの撮影をさせて頂く事になりました。
ますます楽しみが増えました。
これで念願の「ライブ写真展」の際にはまた新しい雰囲気の写真をお見せできるかもしれません(っていつやるんだ?<自分)
もちろん、↑の彼らも撮るつもりです。
誰だって?分かるでしょう…そんなにいませんよ、ギターデュオって。
カマペペは活動休止だし…
[PR]
by aki3man | 2009-01-23 23:53 | 音楽
昨日、マッサージに行く前、朝一番で運転免許の更新に行ってきました。
本当は私の住むE市の警察署でする予定だったのですが、月に二日だけしか開催日がなく、それが来週の旅行と重なってしまい、やむなく遠く手稲の免許センターへ。
できれば地元警察署で作りたかったんです。
何故かと言うと…免許センター以外で更新すると、思いっきり修正した写真持ち込んで使って作れるので(^^)
それにいつも免許の写真は、セーターとかフリースとか暑苦しい服ばかり。
たまにTシャツ姿で作りたかったなぁ。。。冬誕生日の方々、そう思った事ありません?

勉強大好きの私は、今回も2時間講習。
相変わらずビデオなどを見ながらいろいろお話を聞き、安全運転を心に誓った次第です。
そうそう、今年から免許証にICチップが埋め込まれました。
本籍は空欄になり、免許証を警察署や免許センターにある機械で、暗証番号(4桁2セット)を打ち込まなければ見れません。
免許証自体もチップが埋め込まれた分、ちょっと厚くなりました。

他にも、今まで「普通免許」だったのが「中型免許」に変更。
運転できる車は今までと同じなのですが、免許の区分が変更になったせいです。

さてさて、今回も「青い」免許証ですが、次回こそは「黄金」の免許にしたいものです(あっ、もう既に3年後の次回は無理なんだぁ、5年は長いです)
皆さん、無事故無違反で過ごしましょうね。
[PR]
by aki3man | 2009-01-22 23:10 | 日常
今日は休みだったので、近くの温泉に行ってきました。
で、以前から頼もうと思っていたマッサージもしてもらってきましたらう事に。
危なく隣の「エステ」に行くところでしたが(^^)無事当初の予定通り「スポーツマッサージ」のコーナーへ。
40分のレギュラーコースでしたが、マッサージ師に「むち打ちやった事あります?首筋、ひどすぎますけど」と言われました。
確かに肩から首にかけての凝りがひどく辛く、それでマッサージを頼んだのですが。
それにしても「むち打ち」って(;_;)
めっちゃ痛かったですが、それが気持ち良くなってきましたから、立派なM…ぢゃなく(^^;;重傷かもです。

撮影以外では一日中パソコンに向かっているせいでしょうか。
昨日の話の続きになっちゃいますが、目から来ているのかもしれません。

それにしても、いやですね〜年寄り臭い話題ばっかり続いちゃって。
[PR]
by aki3man | 2009-01-21 20:52 | 日常
初めて眼鏡をかけてから、もう30数年。
既に顔の一部になっていて、眼鏡を外すと妻曰く「間の抜けた顔」になるそうです。
これ以上間が抜けた顔になったら、恥ずかしくて外歩けないし(;_;)
んな訳で、今まで十数本の眼鏡をかけてきました…そのうち5〜6本をワンコにやられましたが…

その私の目は近眼と乱視なのですが、最近…それもここ数ヶ月、急激に進んできたのが、そう老眼
遠くは見えない、全体的にピントが合わない、それに加えて近くまで見えない…じゃ、三重苦です。
携帯の文字、3年前に買った時には5段階の小さい方から2番目に設定していたのに、今では大きい方から2番目(でも読めない)
カメラの液晶もよく見えなくて、設定を確認するのも大変です。

なのにぃ〜、先日新しく作った眼鏡、今まで同様近眼の眼鏡にしちゃいました。
どうしてか?
遠近や中近両用の眼鏡を作る場合、レンズにある程度の「高さ」が必要なんです。
今私が掛けている眼鏡のレンズ、一番高いところで27mm。
この高さでは両用レンズが意味をなさないんですね。
やっぱりでかくて格好悪い眼鏡は掛けたくない。
ちょっと不便でもカッコ良さを選んじゃいました(^^)

でも……やっぱり不便…
来週、中近両用眼鏡作ってこようかな(^^;;
それにしても「老眼」って呼び方が良くないと思いません?
シニアアイとか言われれば、まだ抵抗少ないんですけどね〜
[PR]
by aki3man | 2009-01-20 18:00 | 日常
←menuへ