<   2009年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

旭川は例年になく暖かい大晦日。
ちらちら雪も舞ってますが、雲の合間から日が差してキラキラ綺麗です。

今日は義親の写真撮影会でした。
先だって亡くなった義叔父の葬儀の際、私が撮らせてもらった遺影を使って頂いたのですが、その写真のとっても評判が良く、義両親も撮っておきたいとの事。
まだまだ使う予定は無いでしょうが(^^)まぁ、用意しておくのに越した事は無いかも。
用意万端な人に限って使わないものですし(^^)

一応、ストロボのセットとバックを用意してきたので、居間にセッティングして簡易スタジオの完成。
先ほど撮影完了し、すぐに作成〜プリントしてみました。
出来上がりは…これがなかなか良い感じ(^^)v 簡易スタジオ、バカにできません。
二人とも喜んでくれたようで何よりです。

さてさて、今日は某ホテルのおせちで年越しです。
ナースをしている義妹が仕事終えて帰ってくるのが20時過ぎ。
と言う訳で、続きはwebで…ぢゃなく、後ほど改めて。
(って、食べられない、人のとこのおせちの写真なんて見たくないですよね(^^;;)

----

ハイ、ちょっと早いですがおせちの写真を追加です。
毎年のように同じホテルのおせちを食べてますが、年々量・質共にグレードダウン…(>_<)
正直、これでン万5千円とは信じられません。
なんて文句を言いながらも、大変美味しく頂きました(^^)
ついでに、昨日私の実家で食べた、「あんこ餅のお雑煮」の写真も。
私はこの「あんこ餅」を食べないと年が終わりません。

さて、これが今年最後の投稿です。
一年、たくさんの方に読んで頂き、毎回嬉しいコメントを頂き感謝しています。
来年も思い付くまま、下らない内容をダラダラ書き綴ると思いますが、よろしければ懲りずにお付き合い下さい。
2010年、皆さんにとって素敵に輝く一年となりますように。
それでは良い年をお迎え下さいね。
f0021369_19401863.jpg
f0021369_19533858.jpg

[PR]
by aki3man | 2009-12-31 13:25 | 日常
やっと仕事も終わり、無事休みに突入しました。

私の実家での年とり。両親とも年をとって、特に母は膝の手術をしたりして準備をするのも大変でしょう…と、兄家族と一緒に温泉に行く事にしました。
行ってきたのは朝里川温泉の「武蔵亭」
車に全員(8名)は乗れないので、妻だけJRで移動してもらって、まずは小樽で合流。
途中から雪が降ってきましたが、例年よりも暖かく道路は積雪が少なく、足の悪い母には助かりました。
小樽と言えば寿司ですが、今回のお昼ご飯は「かま栄」にしました。
ここは結構穴場なんです(^^)
気取らない庶民的な感じで、どのメニューにも作り立ての美味しいかまぼこが入っています。
私はすり身をパンで包んで揚げたパンロール盛合せを。
f0021369_203169.jpg

妻はかき揚げ蕎麦。
f0021369_2035252.jpg

(メニューの写真より美味しそうに撮れていると思うんですけど(^^))
革製品や木製品のクラフトショップや、有名なガラス製品店を見ながらしばし散歩、その後ホテルへと向かしました。
両親は先日プレゼントしたハンチングとマフラーをして来てくれました↓
f0021369_20193475.jpg

ホテルはこじんまりとした料理自慢の宿。
二箇所あるお風呂はそれ程広くはないですが、一応露天もありまぁまぁ。
ただお湯は加熱・循環・加水で、いまいちだったかな。
食事は自慢と言うだけあって、量質ともに充分満足のいくものでした。
f0021369_20294331.jpg
f0021369_20295331.jpg
(宗八の唐揚げ↑)
(朝食もバイキングではなく上品なお膳↓)
f0021369_2032507.jpg

久し振りに兄や父親と風呂に浸かりながらゆっくり話をしたり、のんびり良い時間を過ごす事ができました。
姪っ子達はそろそろじいちゃんばあちゃんの所に行くのを躊躇いがちになってきたらしく、もしかしたらお盆には来ないかも。
孫に会うのを楽しみにしている両親がちょっと可哀想ですが、仕方ないんでしょうね…

午前中に実家に戻り、午後からは妻の実家…旭川…へ。
途中、高速道路に鹿が入り込み通行止め。
仕方なく下に降りたらめっちゃ渋滞(>_<)
いつもは残り15分って道のりを1時間かけてやっと着きました。
しかも到着直前、信号無視して交差点に入ってきた車と衝突しそうになる始末。
久し振りに肝を冷やしました。

ドタバタしましたが、無事妻の実家に到着し、義父が用意してくれたケーキを食べながらこれを書いてます。
こりゃ、明日からワンコ連れて散歩に精を出さなきゃ、ほんとに。
折角夏場に7kg落としたのに、既に3kgリバウンドしてるんだから(;_;)

でも…早速明日は例年通りホテルから「おせち」が届いちゃうんですけど…嬉しいような悲しいような…
[PR]
by aki3man | 2009-12-30 20:57 | 日常
今日が仕事納めの方、多いんでしょうね。
かく言う私も、今日の夜9時過ぎの集合撮影が今年最後の仕事。
お医者さんの忘年会なのですが、宴会終了後に撮影なんです。
会の始まり時には半分ほどしか揃わないそうで、仕方なく終了後に撮影。
こう言う事は時々あるのですが、宴会終了後に撮影と言う事は、ほとんどの方が酔われていると言う事で……
最後ですので、スムーズに終わらせたいものです(^^;;

さて、昨日こちらも今年最後の忘年会を終えて帰宅したら、佐川便の不在通知が入ってました。
「あぁ、Amazonで買った本やCDが届いたんだな」と思ったら、不在通知は2通。
一つはやはりAmazonから私宛、もう一つは差出人不明の妻宛でした。
妻は買い物の覚えがないと言うので、佐川に電話して聞いてみると…
「層雲峡観光協会様からクール便ですね」との事。
「…層雲峡?観光協会??クール便???…」

思い出しました。
9月に黒岳に登った時、ロープウェイ駅で何やらアンケートに答えて投函した事を。
何が当たるかも覚えてませんが、その時以外に考えられません。
で、早速営業所まで受け取りに行って、もらって来たのがこれ↓
f0021369_14443460.jpg

じゃぁ〜ん。手作りフランクフルト詰め合わせ。
こんなの当たる事あるんですね。
「発表は発送をもって換えさせていただきます」…って、ほんとに発送されてるの??なんて思っていたのですが(^^)
何だか一足遅れのクリスマスプレゼントみたいでした。


(ちなみに…「発送は発表をもって換えさせて頂きます。当選は○○様、△△様、、、」ってのはどうでしょう?これなら豪華な商品を幾つでも出せます…なはは)
[PR]
by aki3man | 2009-12-28 14:59 | 日常
皆さん、今日のイヴはいかがお過ごしでしたか?
私は例年通り、私の実家で妻と両親と4人で過ごしました。
ケーキは、こちらも例年通り仕事のお付き合いで買っている某ホテルのケーキ。
お付き合いで…なぁんて言ってますが、結構美味しいので楽しみだったりします(^^)

今年は両親にプレゼントも用意してみました。
母にはマフラー、父にはハンチング。
二人とも気に入ってくれたみたいで一安心。
プレゼント選びは難しいですよね。

我が家はクリスマスや誕生日に頓着が無いので、プレゼントもお互いあまりしないのですが…
最近紅茶に凝っている妻に、今年はティーカップをプレゼント。
でも…本当はもっと光ってるものの方が良かったかしら(^^;;

不況だ・景気は最悪だ…などと言っても、こうして穏やかな時間を過ごす事ができ、何よりプレゼントできる人がいるのは幸せな事です。
さてさて、今年も後一週間。
28日の仕事納めまでもうひと頑張りしなきゃ。
体調を崩しがちな時期です、お互い体調に留意して乗り切りましょうね。
まずは…
Merry Christmas !
f0021369_0594384.jpg

[PR]
by aki3man | 2009-12-24 23:22 | 日常
今月の初め、来年ご結婚されるカップルにモデルをお願いして、ロケーション撮影をしてきました。
ドレスを着たロケ撮影は、取引先のホテルで以前から何度も撮っているのですが、私服でのカジュアルなロケーション撮影の商品を作る為のテスト撮影です。
この日は強風と寒波で信じられないような寒さ(>_<)
それでもお二人は上着を脱いで頑張ってくれました。
実はこの季節…紅葉が終わり雪が積もる前…は一番写真映えのしない時期で、どうにも絵になりません。
もう少し素敵な写真もあるのですが、今回は顔の見えないカット、数枚だけ。
写真から、寒い中でのアツアツな二人の感じが伝わるでしょうか?

やっぱりもっと暖かくなってから緑の中で撮りたいなぁ。
f0021369_22394882.jpg
f0021369_22395797.jpg
f0021369_2240672.jpg
f0021369_2240126.jpg

[PR]
by aki3man | 2009-12-21 22:40 | 写真
先日、ふたご座流星群を観に行ったときに撮った写真。
残念ながら街の灯りが明るすぎて、オリオン座方向の星々はあまり綺麗に見えませんでしたが、そのオリオン座(写真の右上にオリオンの小三ツ星〜M42星雲が縦に並んで見えます)の左下にシリウスが綺麗に見えました。
シリウスはおおいぬ座のα星。
地球から見える一番明るい恒星です。あっ、もちろん太陽を除いてですが。
ですので、よくお店の名前などに使われるんでしょうね。

今度はもっと良い場所に行って、ちゃんとした写真撮ってきます。
f0021369_12243161.jpg

[PR]
by aki3man | 2009-12-20 12:24 | 写真
『千夜一夜物語』知っていますよね?
『アラビアンナイト』と言った方がピンと来るでしょうか。

物語の概要は
妻の不貞を見て女性不信となったシャフリヤール王が、国の若い女性と一夜を過ごしては殺していたのを止めさせる為、大臣の娘シャハラザード(シェヘラザード、شهرزاد)が自ら王の元に嫁ぐ。そしてシャハラザードは千夜に渡って毎夜王に話をしては気を紛らわさせ、終に殺すのを止めさせたという物語が主軸となっている(また、姉のシャハラザードの傍らに、妹のドゥンヤザードも居る)。話が佳境に入った所で「続きはまた明日」とシャハラザードが打ち切る為、王は次の話が聞きたくて別の女性に伽をさせるのを思い留まり、それが千夜続いたという。説話は、冒険商人たちをモデルにした架空の人物から、アッバース朝のカリフであるハールーン・アッ=ラシードや、その妃のズバイダのような実在の人物まで様々な人物が登場し、多彩な物語を繰り広げる。説話は様々な地域に起源をもち、中世のイスラム世界が生き生きと描き出されている。
(ウィキペディア(Wikipedia)より)


ご存知の方も多いでしょうが、この『アラビアンナイト』と言う物語、実は砂漠のキャンプ村(サライ)で語り継がれたいろいろな民間伝承が元になっていて、イスラム世界を中心にキャラバンの商人が旅をした中国〜ヨーロッパの話を纏めたもの。
バラバラのたくさんの話を上手にひと纏めにする、とても上手く考えられた作り方ですね!
それぞれの話の中で有名なのは「アリ・ババと四十人の盗賊」「アラジンと魔法のランプ」、そして「シンドバッド」でしょうか…

さて、この「シンドバッドの物語」をモチーフに第1曲が奏でられる、リムスキー=コルサコフの交響組曲が『シェエラザード』です。
『アラビアンナイト』をイメージしながら聴くと、シェエラザードがシャフリヤール王に話を聞かせる所とそれぞれのお話しが、叙情的なヴァイオリンのソロと色彩豊かなオーケストレイションで表現されている事に驚きます。
眼を瞑ってしっかり聴き入ると、目の前には美しいシェエラザードはもちろん、荒れ狂う海に漕ぎ出すシンドバッドや、恋に落ちる素敵な王子と王女が目の前に浮かんできます。
(実際にはロマンティックなお話より、結構アダルトなセクシャルなお話が多かったりするのですが(^^;;)

今手元にあるのは
ワレリー・ゲルギエフ/キーロフ歌劇場管弦楽団 盤
シャルル・デュトワ/モントリオール交響楽団 盤
セルジュ・チェリビダッケ/ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団 盤
の三枚。
いずれ劣らぬ名演奏です。

ゲルギエフは色気たっぷりで、化粧の濃いシェエラザードって感じ(^^)
ひとたび風が吹くと、海は大嵐…って雰囲気だし、ちょっと大袈裟すぎたりしますが、嫌いじゃありません。
特に第3曲のリリシズム溢れた演奏は白眉です。
デュトワ盤は全てにおいて優等生。模範演奏って感じでしょうか。
クセは無いけど色彩豊かで本当に素敵な演奏。
一番上品で美しいシェエラザードをイメージできるかも。
レコーディングを嫌った事で有名なチェリビダッケらしく、チェリビダッケ盤はライブ録音。
途中、チェリビダッケの声が入るのが臨場感溢れていて良いです。
ちょっと遅すぎるように感じるけれど、大きな船に乗っていると思えば心地良い。
船も大きいけど、海原も壮大です。

久し振りにゆっくり3枚を聴き比べましたが、いろんなイメージが眼に浮かび想像力を鍛えてくれた感じがします。
眼の前に「絵」が浮かぶ音楽や演奏は心を豊かにしてくれます。
私は逆に「音」が聴こえる写真を撮りたいと常々思っているのですが…これがなかなか…

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by aki3man | 2009-12-18 21:57 | 音楽
今年は8月の「ペルセウス座流星群」も、先月の「しし座流星群」も天候に恵まれず、大好きな流星観測ができませんでした。
今日は今年最後の流星群、「ふたご座流星群」が極大を迎える日。
天気予報は曇り〜雪。
今回もダメか…と思いながら、仕事を終えて車を走らせていたら、フロントガラス越しに大きな流れ星が!
驚いて空を見上げると、半分以上雲が切れていました。
急いで帰宅し、カメラを持って観測できそうな場所を探し10分程車を走らせました。
ちょうど新月に近く月の光には邪魔されませんでしたが、西〜南の空は札幌の街の灯りが反射して結構明るい…
それでも-6℃の中、車外に出て夜空を見上げる事数十分。
大小合わせて、10個程の流れ星を見る事ができました。
数はそこそこでしたが、あまり大物には巡り会えず、ちょっと残念だったかな。

次は年明け1/4の「しぶんぎ座流星群」ですが、来年は月明かりとおもいっきり被ってしまい、条件は最悪らしいです。
夏のキャンプで「ペルセウス座流星群」を見るのを楽しみに待つとします。

折角なので、オリオン座を撮ってみました。
街の明かりの景況で、写りはいまいちですね。
f0021369_1333622.jpg

[PR]
by aki3man | 2009-12-14 23:51 | 写真
最近はすっかりクラッシック憑いていて、仕事中もBGMはiTunesの「CLASSIC」ジャンルばかりだったりします。
で、数日前の夜中、どうしても聴きたくなった曲がありiTunesStoreで探してみました。
その曲が入っているアルバムで見つけたのが『DECCA 80th Anniversary-80 Classic Selections』と言うコンピ。
まぁよくあるクラッシックの寄せ集め企画モノです。
この手のアルバムは、あんまり聞いた事の無いオケや指揮者だったり、知っていても録音が古くて音が悪かったりしますし、いかにも「寄せ集め」って感じなのですが、これはさすがDECCAのアニバーサリーアルバムだけあってなかなか良いです。

DECCAレーベルはイエローレーベル(グラモフォン)と並ぶ、有名なクラッシックレーベルです。
ちなみに、まだオールラウンドなレコードレーベルだった頃のDECCAは、ビートルズをオーディションで落としちゃった苦い過去を持っていたりします(^^;;
その時ビートルズを合格させてEMIに取られなかったら、DECCAは買収される事もなかったんでしょうね。

さてこのアルバム、CD6枚分80曲入って1,700円と非常にリーズナブル(^^)
演奏者も、小澤/ウィーン、デュトワ/モントリオール、ショルティ/ロンドン、ゲルギエフ/ウィーン、アシュケナージ(pf)、パヴァロッティ(ten)…など、歴代のDECCA有名演奏者達ばかりです。
交響曲や管弦楽曲は有名な一楽章だけだったりしますが、のんびりゆったり聴くのには最適。
好きな曲をいろいろな演奏家で聴き比べるのも楽しいですが、こうして延べて聴くのも一興です。

通して聴いてみると、知らない曲は5〜6曲だけで、ほとんどは口ずさめます。
きっと「クラッシックはなぁ…」と言う方も、この中の半分は聴いた事があるんじゃないでしょうか。
普段はロマン派から印象派ばかりで、あまりバロックや古典は聴かないのですが、J.S.バッハの「G線上のアリア」なんかは本当に美しくて、あんなに単純で短いメロディラインなのに、数百年の時を経ていまだに愛し続けられていると言うのはすごい事だと思います。
先日書いたラフマニノフの「ピアコン2番」も、ラヴェルの「亡き王女のためのパヴァーヌ」も、ドビュッシーの「月の光」も、サン=サーンスの「白鳥」も「シェエラザード」の第三曲も、ベートーベンのピアノソナタ「月光」も、どれもこれもロマンティックで美しいメロディです。

今の時代、100年後に口ずさんでもらえる楽曲はもう生まれないのでしょうか…ね。

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by aki3man | 2009-12-13 22:26 | 音楽
そろそろ皆さんも忘年会ラッシュじゃないですか?
私も先日はギターサークルの、昨日はカメラマン仲間の忘年会。
この後も2〜3回、忘年会が続きます。

昨日の忘年会、3,500円で生ビール飲み放題&国産黒豚しゃぶしゃぶ他、数十種類のメニュー食べ放題で、3,480円。
個室だし、味もまぁまぁ。
ギターサークルの忘年会も生ビール飲み放題+コース料理で3,500円。
一昔前まで、忘年会は4,500〜5,000円、4,000円だと発泡酒…って感覚でした。
ところが、情報誌等を見ると、今年は4,000円以下の忘年会コースがメインです。
やっぱり不況のせいで、忘年会の予算が2〜3割減なのでしょうね。

話は変わりますが…
最近は服を買うのもユニクロやイオン、ポスフール等ばかりで、百貨店や路面店ではほとんど買わなくなりました。
最近買ったの衣料品、スーツ@5,000- ビジネスシャツ@880- フリース@980- …
どれも見る限りではそんなに安く感じないし、充分実用に耐えます。
もちろん、消費者としては安いのは大歓迎ですし、文句を言う気はサラサラないのですが、作り手・売り手の事を考えると、何とも複雑。
作っているのはほとんど中国や東南アジア諸国ですが、企画〜販売している人達は切ないだろうなぁ…と思っちゃいます。
やはり、物には適正価格があると思うんですけど。

このデフレで低価格が当たり前になってしまうと、今後景気が戻っても安くて良いもの(と感じられるもの)が入手できない…流通しているものに対してちゃんとした価値観を見いだせない…そうならないでしょうかね。
形態は全く違いますが、モノを作って売る立場としては、非常に考えさせられる最近の価格設定です。
価格が下がると言う事は、モノの価値が下がると言う事とイコールになるのでしょうか…
同じ気持ちでシャッターをきっても、価値は価格と共に目減りするのなら(写真で形にする)想い出の価値まで目減りしてしまう…そんな気がしてしまいます。決してそんな事は無いんですけどね。

まぁ、一消費者として安い事に文句を言うのは贅沢でしょうが、逆の立場にもなっちゃう訳で、何だか(気持ちの)一人デフレスパイラルです(^^;;

そうは言っても、気心の知れた友人たちとの飲み会は本当に楽しいです。
安い会費で楽しい時間を過ごせるんですから、もう少しこの恩恵にあやかるとします。
[PR]
by aki3man | 2009-12-09 18:39 | 日常
←menuへ