<   2010年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

一週間、サボっちゃいましたm(_._)m
で、今日はと言うと、一週間前と同じく、またセッセと除雪な一日でした(>_<)
誰?今年は雪が少ない何て言ったの…
午前中は一時日が差し青空も見えたので、今のうちにと除雪をして、終わった途端猛吹雪!
これからまた除雪です、ふぅ。

一昨日から妻が帰省中。
出がけに「赤ワインがあるけど、何かに使わない?」と言われたのを思い出し、ビーフシチューを作る事にしました。(私、アルコールは全く飲まないもんで)
一人暮らしをしていた頃から、自分で作れる一番好きで一番贅沢な煮込み料理です。
数十年前から作っていたレシピを無くしてしまい、以来毎回記憶と感で作っているので、毎回味が違ってます(^^;;
さて今回の具材はと言うと…
半額シールの牛スネ肉、しかもオージービーフ。
さすがにちょっと寂しいので、こっちもやはり3割引の和牛スネをちょっとプラス。

和牛の方はいつものように簡単に下味を付けた後しっかり焼き目を付けるだけで煮込む事にしましたが、オージーの方はそれだけだと固そうだったので先にワインに半日ほど漬込みました。
ジンとかビールとかに漬けると柔らかくなるとか言いますが、そんなものはないので今回はワインに。
タマネギとニンニクのみじん切りを飴色になるまで炒めて、そこにトマトピューレ、ウスターソース、醤油、ブイヨン、大きく切って炒めたタマネギと人参を入れて、灰汁を取りながらコトコト、ドミグラスを加えてまたコトコト…と言うのが大まかないつもの作り方なんですが、今回は「煮込み用トマトソース」なるものを使ってみました。下味が付いてるので簡単でした(^^)
隠し味、今回は濃い目に入れた珈琲。甘酸っぱくなり過ぎるのを抑えてコクと苦みを出してくれます。

んなこんなで、何とかでき上がったのがこれ。
f0021369_1993897.jpg

今までも結構作ってますが、今回のが一番美味しくできました。
お店で出しても大丈夫なくらい…と、自画自賛(^^)v
128円/100g(の半額)オージービーフとは思えない程、肉はホロホロです。

付け合わせはカプレーゼにしてみました。
だって、モッツァレラも完熟トマトも半額だったんだもん。
バジルの代わりに、やっぱり見切り品のサラダ菜。
オリーブオイルとバルサミコ、それにクレイジーソルトとブラックペッパーだけのシンプルなドレッシングで。
こんな感じ。
f0021369_19155167.jpg

今回はなかなか良い感じにできました。
キャンプの料理とはまた違って、ちゃんと台所で作る料理も楽しいもんです。
なぁんて、たまぁ〜に作るから楽しいんで、毎日作ってくれてる妻には感謝ですな…
[PR]
我が家の近所の中古車屋さん、昨日は休みだったのか、今日せっせと除雪していました。
昨日より雪が締まって雪の深さは2割減…と言う感じですが、こんな感じです。
f0021369_1430556.jpg

iPhoneのカメラで、非常に画質が悪いですが、車の屋根に乗っかっている雪の量が分かるでしょうか。
おそらく昨日の朝は、これより10cm以上高くこんもりとしていたと思います。
この量の雪が一晩で全ての家や車、道路を覆ったのですから、都市機能が麻痺しても当たり前ですね。
おかげで今日は腕は背中が痛くて大変(>_<)

それにしてもこの大雪、ほんの10数km離れた所ではこちらの半分も降っていなかったり。
ゲリラ豪雨が話題になりましたが、ゲリラ豪雨ならぬ『ゲリラ豪雪』だったようです。
テレビ・ラジオでも「局地的な大雪」と言っていましたし。
今回は当りが悪かったと諦めるしか無いですね。
今日でこれだけ痛いんだから、明日はどうなる事やら…

そうそう、豪雪の度に思い出す事があります。
今から15年程前、以前勤めていた会社にいた頃の話。
会社史上初めて海外への社員旅行に行く事になり、決まった日程は写真屋が暇な冬。
ただ、年中無休と言う会社のポリシーのおかげで、私を含む数名が居残りに。
そして2月のある、それはそれは大雪の日にほとんど全社員がハワイへと旅立っていきました。
当時いつも人海戦術で除雪していた数十台分の駐車場、一人でせっせと除雪を始めたのですが、雪掻きした後から後から降り積もる雪にほとほと疲れて、もうほんとヤケクソになりかけた時に一本の電話が…
「はい、○○スタジオです」
「アロォ〜〜ハァ〜♪」
「??」
「ハロ〜ハロ〜〜♪」
「……」
「今千歳、これからハワイへ行ってくるよ〜ん♪」
「……」
ガチャッ!
バカな部長からのノー天気な電話にぶち切れた私でした(^^)
[PR]
by aki3man | 2010-01-18 14:39 | 日常
今朝、家から出て、本当に自分の眼を疑いました。
あるはずの車が無く…正確に言うと車を目視で確認できず、あるのは白い平原と白いかたまりだけ。
昨晩とはあまりに違っていて、目の前の風景を現実のものとして受け入れるのにちょっと時間がかかった程、いやマジで。
昨日まであった階段も無くなっていて、恐る恐る足を踏み出してみると、ズボッと腰の辺りまで身体が埋まりました。
一晩でこれだけの雪が積もったのは記憶がありません。

車を掘り起こすのに数十分。
やっと出しても、目の前の道路が膝上まで雪に埋もれていて前に進めず。
道路を除雪し数メートル先の交差点までやっとの思いで進めたら、その交差点には埋まって動けない先客が…
今日は妻がホテル勤務だったのですが、幹線道路も除雪が間に合わず、至る所立ち往生の車だらけだったらしく、結局自宅から数キロ先で出勤は断念。臨時休業にしちゃいました。

私はと言うと、自宅の除雪は後に回して、数百メートル離れた職場(スタジオ)の除雪に走りました。
行ってみると店の駐車場の前では既に数台が埋まっていて、まずはそれらの救出(!)が先。
このままではこの後何台埋まるか分からないので、まずは周りの道路の除雪。
その後、駐車場の除雪を。
その間も数台の車が埋まっては脱出…

除雪機があるとは言え、終わらせるまで3時間かかりました。
で、終わってからすぐ除雪機を持って自宅に戻り、今度は自宅前の除雪。
何かもうヤケクソ(^^;;
9時から2時頃まで、延々除雪だけしていました。
万歩計を見ると…15,000歩!!何キロカロリー消費したんだろ。。。

ほんと、信じられないような豪雪でした。
今日はセンター試験二日目でしたが、動かないJRや車の中で不安な時間を過ごした受験生もたくさんいたのでしょうね。
あまりにひどいので、除雪をしている人達もあきれちゃって笑うしか無い…って感じでした。
スノーダンプ押しながら、話した事無い人とも「ひどいですね〜」と会釈。
除雪している人同士目があうと、自然と笑顔が出るくらいにして(^^)
立ち往生している車があると、知らず知らずに人が集まって押してくれるし。
大雪は大変だけど、人の温かさを感じる事も多いです。
北国に暮らすと言う事は、イコール雪と上手に付き合っていくと言う事です。
除雪が大変…とネガティブにばかり考えないようにしたいですね。


なぁんて、こんな大雪、もう二度と勘弁してほしいです、マジで。
[PR]
by aki3man | 2010-01-17 23:00 | 日常
今日(と明日)は「大学入試センター試験」が行われたようですね。
今朝はとても寒かったし吹雪いたところも多かったようですが、受験生は皆無事に受験できたのでしょうか。

今を遡る事30年前、私も受験した事を思い出します。
当時はセンター試験と言う名称ではなく、「共通一次試験」と呼ばれていました。
まだ私学は参加できず、それまで国立大学は一期校・二期校と言う区分があったのですが、一期校が第一志望、二期校は滑り止めと言う風潮を是正する為に行われました。
私が受験したのは1980年、共通一次実施二年目の事でした。
受験する側はもちろん、受験指導する高校も手探り状態だったように思います。

試験日…確か正月明け早々だったはず…北大へ行き受験。
試験そのものは良く覚えていないのですが、印象深かった出来事があります。
休み時間、友人がいる別の教室に行き「おーい、佐藤!」と呼んだら、50~60名いた教室のほぼ全員が振り返ってこちらを見てビックリ。
そう、その教室のほとんどが佐藤君だったのです(^^)
その友人が言うには「自分の前の席の受験票みたら、自分と同姓同名。でも漢字が違ってホッとしたんだけど、後ろの席の受験票見たら…漢字まで同じだった…」と。
試験会場はたくさんの教室に分かれていましたが、受験番号は受付順ではなく、名前の五十音順だったんですね。

試験は5教科7科目。今考えると、よくあんなに勉強したもんです。
英語・国語・数学は各200点(国語は現国が120点、古文と漢文が各40点)
理科・社会は2科目選んで各100点、トータル1000点満点。
ちなみに理科は「物理」と「地学」、社会は「世界史」と「政経」を選びました。
その年の平均点、理科は「物理」が、社会では「世界史」が一番低かったので、貧乏くじを引いちゃったみたいですね。
一応800点が目標でしたが、もちろん私は及ばず…(^^;;
数日後、特別仲が良くはなかった(成績優秀な)中学時代の友人が「お前、850点位は取れたんだろう?」と聞いてきたので(んな事聞くか、普通)「まさか!」と答えたら「そうか、俺は900点がやっとだった」だって。。。
はい、彼はしっかり東大に行きました……
それでもまぁ、第一志望の大学に現役合格できましたので、それ程悪い想い出ではないです。
センター試験…と言うか、大学受験制度の是非にはいろいろな意見があるでしょうが、一生のうちにあれだけ集中して勉強をする機会はそうそうないですし、それを乗り越えるとそれなりに自信のようなものが備わりますので、決して悪いもんじゃない気がしています。
もっとも、私はそんな思いをして入学した大学での勉強とは全く関係仕事に就いちゃいましたが(^^)

受験生の皆さん、それと受験生のご家族の方々、健康に気を付けてもう少しだけ頑張って下さいね。
きっと数年後には良い想い出になるはずですので。
[PR]
昨年末、視界に白いモノが浮遊して見えて気になったので眼科に行ってきました。
診断はやはり「飛蚊症」という事でしたが、頻発したり急に増えたりしない限り特別問題はないという事で一安心。
折角眼科に行ったので、その際以前から試してみたかったコンタクトレンズの相談もしてきました。
眼鏡でも普段はそれ程困る事は無いのですが、サングラスを掛けたい時にはちょっと困っちゃいます。
先日眼鏡屋さんでカッコいいサングラスを見つけたので、度を入れた場合の価格を聞いてみたらビックリするような値段。
度さえ気にしなければ、今はカッコいいサングラスが割合安価で入手できます。
特に自転車に乗る際のアイウェアは、度を入れるとメッチャ高いですけど、度を入れなければ選択肢は数倍になりますしね。
と言う訳で、スポーツの際にはコンタクトを使ってみようかと。

以前からこんな話を妻にしていたのですが、彼女が言うには…
「前にTVで笑福亭鶴瓶が、眼科医から"眼が小さすぎてコンタクト入れられない"って言われたって話していたよ。あなたも無理なんじゃない?」だって。
んなぁ〜〜(>_<)
でも確かに検査の際に看護士さんに無理矢理上瞼を上げられたしなぁ…

で、本日改めて眼科に行ってコンタクトレンズに初トライしてきました。
看護士さんに「私の眼でも入りますかね?」と聞くと、ニッコリ笑いながら「大丈夫ですよ。ちゃんと入りますから」と優しいお答え。
眼鏡には乱視が入っているのですが、程度が低いので近視用コンタクトだけでも視力は出るとの事。
注意事項や説明を受けた後、実際に入れてみました。
最初は看護士さんが入れてくれたのですが、これは簡単に入り痛みも違和感も全く無し。
視力も1.0出てこちらも問題無し。
さて自分で外して、今度は自分で入れてみましょう…となったのですが、これが大変。
まかなか上手く外せなくて、やっと外したら今度は全然入れられない…(>_<)
まつ毛にレンズの端が引っかかっちゃうらしく、何度も入れ直し。
やっぱり眼を(瞼を)大きく見開けないのが原因みたい。
鶴瓶がNG出されたの、何だか解る気がする…

今も入れたままですが、こんな便利なんですね。
来週、実際の商品が届くので、しばらくは練習しなきゃ。
でも普段はやっぱり眼鏡。眼鏡なしじゃただでさえ間の抜けた顔が余計に締まり無くなっちゃいます、なはは(^^;;
カッコいいサングラス探してこよ〜〜っと。
[PR]
by aki3man | 2010-01-13 16:14 | 日常
今年も無事,成人式の撮影を終えました。
少子化と不景気のせいか年々件数が減っていますが、年々お嬢さん達の笑顔は素敵になってきています。
ってのは、自分がおっさんになってきたからだけではなく(^^;;確実にプリクラや携帯(写メ)で鍛えられたスマイル成果でしょう。
私がカメラマンになったばかりの頃は、上手に笑顔を作れる子の方が少なかったですが、今はほとんどのお嬢さんが素敵な笑顔を見せてくれます。
受付時や親御さんと話している時はちょっとふくれていたりしても、カメラの前では満面のスマイル。
カメラマンにとってはありがたい傾向です。

婚礼のスナップ等と違い、スタジオでの記念撮影はお嬢さんと初めてお会いしてから短時間で良い表情を引き出さなければなりません。
緊張を解き心を開いてもらい素敵な笑顔を撮らせてもらおうと思っても、相手がこんなおっさんでは簡単な事じゃありません。
自分の経験や年齢的なもので補えない分を、最近のお嬢さん達は自分達で補ってくれていて、本当に助かります。

今年は特に当りが良かったのか(^^;;良いお嬢さんばかりで、気持ち良く仕事をさせて頂けました。
素敵な笑顔を見せてくれたお嬢さん達には、こちらも心から「おめでとう、その素晴らしい晴れ着に相応しい、心身共に素敵な大人になるんだよ」とエールを送ります…口には出さないけどね(^^)

で、願わくば、可愛いお嫁さんになって、また撮らせて頂ければ…なぁんてね(^_☆)
取りあえず新成人の若者達「ご成人、おめでとう」、そしてその親御様、一区切り、お疲れさまでした(^^)
[PR]
by aki3man | 2010-01-11 23:28 | 写真
お約束通り、今日はクラギの話を。

フィンガーピッキングと言うジャンルを知ったのは割合最近で、友人のAPさんと20年振りに再会した5年程前の事。
それまで私にとって鉄弦のギターは歌の伴奏楽器でした。
歌は嫌いじゃないので、弾き語り等には使っていましたが、インストで使う事はほとんどありませんでした。
数少ない例外は、高校時代から弾いていたYESの「Mood For A Day」くらい。

f0021369_16121131.jpgで、大学時代に、メロディと伴奏をいっぺんに弾いちゃう…って言う楽しみを教えてくれたのがクラッシックギターでした。
中古で買った3,000円のクラギを使い、薄い壁越しに隣の住人から叱られたりしながら弾いてました。
当時好んで弾いていたのが、カタロニア民謡。
『聖母の御子』『盗賊の歌』『アメリアの遺言』
他にもトライした曲は結構ありました。
ファリャの『恋は魔術師』や『三角帽子』の中の数曲。
タレルガの楽曲も少々…当然『アルハンブラの想い出』も。
一番弾きたくて、結局歯が立たなかったのは『アストゥーリアス』かな。
学生時代を過ごした旭川には当時、クラギ喫茶(!)があり、オーナーの女性がギターのレッスンもやっていて、珈琲好きの私は度々足を運んでいたのですが、いつの間にやら通う足も遠のき…
(ここだけの話し…そのオーナーさんがもう少し美人だったらもっと足繁く通っていたでしょうが…ゴメンナサイ(^^;;)

使っていた3,000円のクラギはサイドとトップが剥がれてガバガバになり、ただの粗大ゴミ化、以来20年程クラギには触っていませんでした。
その後、急に思い立って3年前にヤフオクで入手したのが、今使っている「ホセ・アントニオ C6」と言うクラギです。(写真奥)
定価6〜7万(実販3〜4万?)のお安めギター。
アリアが監修してスペインで作っているらしいです。
1.5万でゲットしたのですが、来た時にはフレットがサビサビだし糸巻きは片方が渋くてチューニングもままならない(>_<)
一所懸命にフレットを磨いて、糸巻きは3,000円ギターから移植し、何とか使えるようになりました。
実際に弾いてみると、これがなかなかいい感じで、私の腕にはちょうど良いかも(^^)
最近周りではエレガットがちょっとしたブームになっていて私も触手が動くのですが、実際に人前で弾く事がない私にはピックアップは必要なし。
しばらくはこのホセちゃんで練習するとします。
(同じホセなら、ホセ・ラミレスだったら良かったのにね)

久し振りにカタロニア民謡の楽譜を引っ張り出したり、『恋は魔術師』の全曲集を入手したりしてますが、1曲仕上がるのに何日…いえ、何ヶ月かかるか…(^^;;
まぁのんびり練習するとします。

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by aki3man | 2010-01-10 16:31 | ギター
映画『のだめカンタービレ』がヒットしているそうですね。
私は映画はもちろん、ドラマも見ていないのでどんな内容か全く知らないのですが、この「カンタービレ」と言う言葉は以前から知っていました。
「カンタービレ(cantabile)」…「歌うように」

大学時代に男声合唱をしていたのですが、そのサークルで私が出店した学祭の模擬店の名前がこれ「Cantabile」
まさに探していたネーミングだったので、以来とても愛着を持って覚えている演奏記号の一つです。
ですので、ドラマが始まった時にもちょっと気にはなっていたのですが、どうも内容自体には余り興味が持てず見ないまま…
映画も今更なぁ…と思いながらも、中で使われている楽曲には興味津々です。
聞くところに寄ると、クライマックスには、序曲「1812年」が使われているそうで。

チャイコフスキーが作曲した、この序曲「1812年」、数あるチャイコの名曲の中では特別有名な楽曲ではないと思うのですが(と思ってるのは私だけで結構みんな知ってたりします?)私にはなかなか想い出深い曲です。
と言うのは…

この楽曲の最後には楽譜に「大砲を使う」と指定がある部分があります。
当然大砲を使った生の演奏などほとんど聴くチャンスがないのですが(自衛隊絡みで時々聴けるらしいです)レコーディングでは本物の大砲(空砲)を使ったものが結構多く、中でも学生時代に発売された、シンシナティ交響楽団が録音したレコードを聴いた時の衝撃が忘れられないからなのです。(指揮者は失念)
当時は当然レコードだったのですが、ジャケットに「ボリュームを上げすぎてスピーカーを壊さぬように」と言うアテンションが書かれていたり、レコードの表面を見ると大砲の音の部分の溝がハッキリ判別できたり…当時としては常識破りのものでした。
私の使っていたFOSTXの小さなドロンコーンスピーカーでも、サンスイのちょっと良いアンプに繋いで鳴らしてみると、迫力のある大砲の音を充分堪能できたのをよく覚えています。
そう言えばあの録音はCD化されているんでしょうか。
この楽曲のCDは持っていないので、ちょっと探してみようっと。

調べてみたら映画には「1812年」以外にも好きな…とっても素敵な曲がたくさん使われているみたいで、こりゃこれをきっかけにクラッシックを聴き出した人が増えたのも頷ける選曲。
きっと映画は…やっぱり観に行かないと思うけど(^^;;使われている曲、片っ端から聴き直してみようかな。

クラッシック繋がりで、今度はクラッシックギターの話でもしてみたいと思います。
まぁ、偉そうに語る程、クラギの事は全く知らないのですが(^^;;

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by aki3man | 2010-01-09 23:43 | 音楽
今日、めでたく48になりました。
すっかり名実共にアラフィフですな、昨日のスノーシューのせいで背中が痛いし(>_<)

誕生日がきたからと言って急に何かが変わる訳はなく、昨日と変わらぬ今日を過ごしています。
毎日少しずつ年月を重ね、毎日少しずつ変化しているのですから、誕生日を境に大きな変化を求める事は無いですよね。
とは言うものの、47歳より少しでも成長した(身長が…ぢゃなくね)自分でいたいものです。

さて、今日はこれからスープカレー作り。
昨年の誕生日には、確か自分用にスコーンを焼いた気が…まぁいいか(^^)

おめでとうメールを下さった皆様、ありがとうございます。
48歳になった今年も変わらぬお付き合いをよろしくお願いいたします。
[PR]
by aki3man | 2010-01-06 16:13 | 日常
今日はワンコらを連れてモエレ沼公園に行ってきました。
この公園には雪遊び道具のレンタルがあって、歩くスキーやそりはたったの200円(1回)
で、私は以前から一度試してみたかったスノーシューを借りてみました。
こちらも靴とポールが付いて、たった300円。
f0021369_21264896.jpg

今年は雪が少なく暖かいので、思った程ふわふわ深雪の雪原は無く、靴のままでも歩けそうな場所が多かったですが、それでも木々の間をワンコら連れて自由に歩き回れるのは楽しかったです。
広い公園なので、宛も無くうろうろするだけであっという間に2時間程の時間が過ぎちゃいました。
実は以前からスノーシューは欲しいものリストの上位にいたのですが、ここ数日スポーツショップやアウトドアショップで見て回ると、だいたい2万位。
こりゃ年に何回行ったら元が取れるか分からない…。
と言う訳で、今回のレンタルとなった訳です(^^)
行きつけのアウトドアショップでも1泊2日で1,500円で借りられますし。
今度はもっと山の中に入って行きたいと思っています。
できればもっと天気が良い日に…ね。
どこか良いフィールド知りませんか〜?

15日から写真展が始まるので、マイケル・ケンナの真似をしてみました。
f0021369_2136260.jpg

[PR]
←menuへ