<   2010年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

昨日、TVで「ダイハード4」を観ました。
当然吹き替えでしたが、ブルース・ウィルスの声に違和感たっぷり。
やっぱり彼の吹き替えは野沢那智じゃなきゃ…と思っていたら、今日ネットのニュースで氏が亡くなったのを知りました。
私が「声優」と言う職業を認識した初めての人で、声をちょっと聞いただけで"この人"と分かる数少ない声優さんでした。

野沢氏が吹き替えた俳優、すぐに思い起こすのはやはりアラン・ドロン。
初めてご本人の写真を見て、やはり"二枚目"の吹き替えをする人は二枚目なんだな…と思った覚えがあります。
ブルース・ウィルスやクリント・イーストウッドもすっかりハマり声でしたが、ご本人は両名とは対照的なヤサ男です。
デビッド・マッカラムはアラン・ドロン同様、イメージピッタリかも。
他にもアル・パチーノ、ダスティン・ホフマン、ロバート・レッドフォード、そうそうスターウォーズのC-3POも。まさに枚挙にいとまがないです。

しかし私にとって野沢氏は、声優としてよりも、TBSの深夜放送「パックインミュージック」で、白石冬美さんと一緒に担当されていた『金パ』(『ナチチャコパック』)のパーソナリティとしての想い出が深い人です。
当時中学生だった私が、受験勉強のお供に毎晩のように聴いていた深夜放送。
中でも一番のお気に入りが、金曜深夜の『山本コータローパック』と木曜深夜の『ナチチャコパック』。
「お題拝借」のコーナーは、『コータローパック』の「恥の上塗りコーナー」と並び、夜中に笑い声を我慢するのに大変だった大好きなコーナーでした。
当時の深夜放送は、今では考えられない程、若者達への影響力がありましたし、実際その放送を題材にした書籍の発行も度々ありました。
中でも『ナチチャコパック』は「もう一つ別の広場」と言う書籍が10数巻出版され、それなりの部数が発行されていたと記憶しています。
私も2冊持っていました…「ザッツ・金パテイメント」…どこにいっちゃったんだろ…
(ちなみに、コータローパックの書籍「きらめく青春のかけらたち」はまだ手元にあります)
ラジオと言うとてもパブリックなメディアを通じて、全国の若者達が仲間意識を共有できた、今思えばとても不思議な時代です。
今の若者達(に限りませんが)はネットを通じて、様々なコミュニティを作っていますが、その源流は確かにこの時代の深夜放送であるように思います。
当時、その源流の真ん中に身を置き、野沢氏をはじめとする素晴らしいパーソナリティ(と言う言葉も彼らがオリジナルでしょうね)に導いてもらえた事は、今でも素敵な想い出です。

私の中の「青春の想い出」が、また一つ形を失いました。
72歳…もうあの声を聴けないかと思うと、悲しくて仕方ありません。
ご冥福をお祈り致します。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
FishEyeを導入…と言うと、私の仕事をご存知の方なら当然「魚眼レンズ」を買ったのかとお思いでしょうが・・・
残念ながら魚眼違いでありまして、同じ魚の目でも文字通り「ウオノメ」のお話。

最近左足の親指に付け根から3~4cm程、一番骨が出ているところにウオノメができてしまいました(;_;)
先日、仕事でいつも履いている革靴を新調したのですが、その靴のせいかも知れません。
まだそれ程痛みもないので、生活に支障を来す事はないです。でも放っておくと根が深くなると言う事なので、早めに治さなきゃ。
調べてみると素人が無理に治療するのはリスキーらしいですね。
近いうちに皮膚科にいってくることにします。
腰痛といい、ウオノメといい、情けない話題ばかりでオハズカシイです。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
by aki3man | 2010-10-27 22:58 | 日常
ここのところ、仕事が立て込んでる訳でもないのに、どーも疲れがたまり気味。遊び疲れ?(^^;;
そこにきて、先週の金曜日のゴミ出しで腰をやられてしまいました。
我家の「燃えるゴミ」、その80%はペットシーツ。
たっぷり水を吸ったシーツを満タンに詰め込んだ30Lのゴミ袋。
それを両手に持ってゴミステーションまで運んだ時にズンときました。
以来、運転していてもじっとしていられない感じで、違和感たっぷり。
たまらず今日、仕事が終わった後、温泉&マッサージに行ってきました。
見た目はパッとしないおじさんでしたが(スミマセン)終わって帰ってきたら、それまでまっすぐ立って歩けない程だったのに、ちゃーんと歩けるようになってました。メデタシメデタシ。
もちろんまだ重たい感じは残ってるけど、想像以上に効果があったみたいです。

あぁ、なのになのに…明日はまたゴミの日。
先日収穫したブドウのジュースを絞った残りがたっぷり(+ペットシーツ)
冬だったら引きずっていけるんだけどなぁ・・・

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
by aki3man | 2010-10-25 22:55 | 日常
我家の庭にはぶどう棚があり、二本のぶどうの木…ナイヤガラ種…が植えられています。
ほとんど何にも手を入れる事ないのですが、毎年たくさんの実をつけてくれます。
年によっては黒い斑点が多く付き、あまり出来が良くない事もありますが、今年は割合出来が良さそう。
f0021369_20235144.jpg

で、今日無事収穫しました、ちょっと遅かったかも(^^;;
スーパーの大きなビニール袋3つ一杯、全部で25kgの収穫。
もちろんとても食べきれる量ではないです。
以前はワインを作ったりもしましたが、これが結構面倒。
発酵が進行するのを見ていくのは楽しいのですが。
お裾分けできる程立派ではないので困っちゃいます。
また頑張ってジュースでも作ろうかな。
どなたかアイディア下さい(^^)

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
by aki3man | 2010-10-20 20:27 | 日常
先週は豊平峡ダム、今週は定山渓ダムと、ダムづいています。
と言うのは…
今日の休み、前回の恵庭岳登山で無事雨男の汚名を晴らしたT君を連れて、定山渓小天狗岳に登ってきました。
一昨日辺りから急に寒くなってきて、朝の気温は一桁。
風は冷たいですがキリッと晴れた空の下、急な山道を登り始めるとあっという間に汗が吹出します。
この時期の登山は体温調整が難しいですね。上手なレイヤリングは必須です。

いつもでしたらこの時期の定山渓近辺の山は、綺麗な紅葉を楽しみながら登る事ができるのですが、今年は全然色付きが良くない…
先週の豊平峡もそうでしたが、赤く色付く前に茶色に枯れてしまった木々が多く、鮮やかなオレンジ〜赤と言った色がほとんどありません。
今年はハズレ年ですね。まぁこう言う事も含めて自然を愛でなければならないのでしょう。

さて小天狗岳、「天狗」の名を冠しているだけあって、距離・高度はさほどないものの、かなりの急斜面。
小一時間の登山時間以上にピリッとした山でした。

登山口は定山渓ダムの管理センター隣。結局この木が一番綺麗だったような…
f0021369_21443334.jpg

f0021369_21443822.jpg

f0021369_21443020.jpg

f0021369_21442712.jpg

f0021369_2204882.jpg

山頂近くからは定山渓ダムとそのダム湖のさっぽろ湖が見下ろせます。
f0021369_21444097.jpg

山頂からの見晴らしはそれ程でもないですが、本物の(?)(定山渓)天狗岳や神威岳、烏帽子岳、余市岳等を見る事ができました。
f0021369_21562961.jpg

f0021369_21594889.jpg

下山後は当然定山渓温泉で疲れを癒し、夕方には帰宅。
今年の山登りはこれが最後かなぁ。
自転車もそろそろ終わりだし、これから雪が積もっちゃうまでの2ヶ月程が中途半端ですね。
何して遊ぼ…(^^;;

カメラは今回もEOS D60。
条件がちょっとでも悪くなると、やっぱりキツいですね…かなりノイジーです…

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
今日のお仕事・・・いつも婚礼スナップの撮影の際にお世話になっている、聖歌隊のオルガニストの方からご依頼頂き、ピアノとフルートの発表会の撮影をさせて頂きました。
ピアノの発表会は何度も撮っていますが、フルートはあまり経験ありません。
会場も初めて伺う場所『奥井理(おくいみがく)ギャラリー
f0021369_229480.jpg

1995年に19歳で亡くなった札幌の若き画家、奥井理さんの作品を展示する為にご両親が開設されたギャラリー。
吹き抜けの天井と、ガラスの外にはテラスが儲けられた素敵な空間に、氏の作品が所狭しと展示されています。
私はこの仕事をしていながら「絵画」に対する知識も乏しいですし、それ見る目にも自信がありません。
ですので、彼の作品に関して語る何の言葉も持ち合わせていませんが、彼がしたため続けた文章は真っすぐ心に届くものがありました。
テーブルに置かれたノートにも、同じような感想を持たれた方々のコメントがたくさん残されています。
f0021369_229943.jpg

f0021369_2291141.jpg

さて、肝心の発表会はと言うと…
小さな子ども達ばかりかと思っていたら、高校生〜大人がほとんどで、当然レベルも高い。
「生徒さん達の発表会」と言うより「若手アーティストの演奏会」と言った風情。
適度な緊張感の中で、皆さん素敵な演奏を聴かせて下さり「眼福」ならぬ「耳福」(なんて言葉あるんでしょうか(^^;;)
f0021369_229798.jpg

最後の講師演奏…フルート二人とピアノのアンサンブル…はさすがに素晴らしかったです。
f0021369_229616.jpg

演奏人数の割に長時間で、終わる頃には外はすっかり暗くなってました。
ギャラリーの横の楓の木は、上半分だけが色付いて綺麗なグラデーション。紅葉は街にも降りてき始めたようです。
f0021369_229267.jpg

久し振りにのんびりクラシックを楽しみたくなって、今はこれを書きながら…絵画とクラッシック繋がりで…大好きなラベルの「ダフニスとクロエ」を聴いています。
色彩豊かで目をつぶると映像が瞼の裏に浮かび上がる素敵な楽曲です。
私は逆に、見ているだけで音楽が聴こえてきそうな…そんな写真を撮りたいものです。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
by aki3man | 2010-10-17 22:42 | 写真
今日の休み、急に思い立って、久し振りに私の両親を誘って「豊平峡」に紅葉狩りに行ってきました。
先日の連休は定山渓に行く国道が渋滞で大変だったようですが、平日&曇天と言う事もあってか、駐車場の車も20〜30台。
肝心の紅葉はと言うと…色付きはちょうど良い頃合いでしたが、どんどん雲が厚くなってきて、やはり鮮やかさはイマイチで残念。
それでも足が少々不自由な母も元々出不精な父も、久し振りのお出かけを喜んでくれたようで、私も楽しく過ごす事ができました。

いつものカメラを職場に置いてきてたので、超久し振りにEOS D60(60DでもNikon D60でもないです、念のため)を引っ張り出し、シグマの万能お安目レンズをくっつけて撮ってきました。
8年落ちのカメラですが、日中なら…甘甘の描写ですが…まだまだ使えそうです。
f0021369_2252852.jpg

f0021369_20384111.jpg

f0021369_20385182.jpg

f0021369_2038532.jpg

f0021369_20384969.jpg

f0021369_20384365.jpg

"あけび"が売られていました。
f0021369_20383874.jpg

f0021369_20383532.jpg

今年は青空のもと、鮮やかな紅葉を見れていないです。
来週はどこに行ってこようかな。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
先日、冷凍庫を新調したお話をしましたが、その箱に不思議な印字があるのです。

『体積 0.3100立方メーター(11.0才)』
これが気になって仕方ない。
f0021369_13493421.jpg
○の部分にほら、
f0021369_13493793.jpg
ねっ、

体積11才って、11才の子供が丁度入る大きさとか?…んなバカな。
どなたかご存知の方いらっしゃいませんか?

ちなみにこの「ハイアール」と言うメーカー、中国最大の家電メーカーです。
近年、ものすごい勢いで世界中に進出していますが、一番の利益は各国家電メーカーの廉価商品のOEM生産だそうで…日本メーカーの商品も「中国製」と書かれた商品の多くは、ここが作ってたりするんでしょうね…ん〜複雑・・・
以前日本の三洋と合併会社を立ち上げた名残で、今でも国内の修理は三洋が対応しているようです。
中国製だけあって非常に安いですが、安物買いの・・・となりませんように。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
by aki3man | 2010-10-12 13:56 | 日常
今年はあまりライブに行けていないのですが、昨日の岸部さんライブには無事行けました。
もうすっかり、10月は岸部さんを聴かなくちゃ…って感じです。

ライブはいつもの二部構成。
20時きっかりに、いつもの「Hajimari」からスタート。
その後カヴァーを挟み、新曲を4曲。
新曲、とっても良かってです。アルバム収録が楽しみ楽しみ♪
「12 Stories」から"チャ"の出し方が変わってきてる気がしますし、親指の爪も以前より長めな気がして、休憩時間はその事をお聞きしたり、短い時間ですがいろいろお話しもさせて頂きました。
二部はその「12 Stories」から。
昨年のライブからニューアルバムが出ていないのですが、韓国のレーベルからベストアルバムが出ています。
ただ、残念ながら新録音ではないので、今回は購入を見送りました(^^;;

演奏はもう円熟の域に近付いてきていますが、MCは年々パワーアップしています(^^)
内容がオヤジ化してきた…とも言いますが…
それでも(以前個人的にはお聞きした事があるの)ご自分のギター遍歴のお話しや、趣味の話など楽しく聞かせてもらいました。
特にグレーベンがらみのお話しは…ライブに行った人だけの秘密ですね(^^)
演奏は20曲程、いつもと変わらなかったですが、終わってみたら23時。
最終に間に合わなくなりそうでしたので、その後の打ち上げは遠慮して帰路につきました。

会場では昨年の同じライブでお会いした(以来いつもコメント下さる)takaさんにもお会いできましたし、いい音楽にたっぷり浸る事もできたし、心地良い時間を今年も過ごす事ができました。
やっぱりいいです、岸部さん(^^)

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
by aki3man | 2010-10-10 13:47 | ライブ
まだ山頂からの眺望を見た事が無いT君を連れて、いつものCちゃんと4人で恵庭岳に登ってきました。
本当は一昨日からニセコキャンプの予定でしたが、一昨日起きたらスゴい雨!
とても行く気になれずキャンセル、一日日延べして日帰り登山に変更しました。

早朝の出発時は雨が残っていましたが、支笏湖に到着する頃には雲一つない晴天!
この調子ならT君に景色を見させてあげられそう。

さてこの恵庭岳、何度か登っている樽前山、風不死岳と同じ支笏カルデラのカルデラ火山で、その中で一番の高さ。
標高もそうですが登山ルートが急で険しいので、結構キツい山です。
残念ながら平成15年の十勝沖地震で山頂付近が崩落、現在は「第二見晴台」から上は登山禁止。
一日も早い岩塔部分の安定を望みます。
f0021369_21342822.jpg
紅葉にはまだ少々早かったですが、風もなく程よい気温、とても気持ちよく登る事ができました。
ただこの山、先にも書きましたが足を休めるような平坦な部分がほとんどなく、大きな岩をよじ登るよう段差ばかりで、知らず知らず足に負担が。
もっともそのおかげで短時間で高度を稼ぐ事ができるのですが。
f0021369_20533963.jpg

f0021369_2053362.jpg

f0021369_21325410.jpg

f0021369_20533715.jpg

一時間半程で「第一見晴台」に到着。
そこから見下ろす支笏湖は、それはそれは美しい!
風不死岳山頂からの眺望とは違った美しさでした。
f0021369_20533256.jpg

f0021369_20533413.jpg

f0021369_20533011.jpg
やっと眺望を堪能できたT君↑
f0021369_20532747.jpg
皆で記念撮影↑
f0021369_21484932.jpg
第一見晴台より山頂岩塔を望む↑

ここからはロープを使わないと登れないような急斜面の連続です。
それでも40~50分程で実質上の山頂「第二見晴台」に到着。
f0021369_20532160.jpg
私の舶来アウトドアウォッチでは1190m。
恵庭岳の標高は1320m。
ここから山頂まで130mもあるとは思えないので、やっぱりこの外国製高度計は当てにならないみたい(>_<)
f0021369_20532492.jpg
第一見晴台からよりも支笏湖の眺望は良くない↑
f0021369_20532622.jpg
火山性ガスが沸き上がる↑
f0021369_20532065.jpg
遠く札幌市街が見える。中央やや左につどーむも↑
f0021369_20531766.jpg
錦絵のような斜面を切り取る↑
f0021369_21594581.jpg

f0021369_131269.jpg

f0021369_20531593.jpg
iPhoneのカメラ&アプリでパノラマ合成↑


山頂直下の山道は崩落により消失していますが、ちょっとだけ足を入れ(内緒ね)iPhoneだけ持ってオコタンペ湖を見下ろしてきました。
f0021369_20531125.jpg

f0021369_2053883.jpg

f0021369_2053553.jpg
雌阿寒岳から見下ろすオンネトーと似た不思議なブルー。
そうそう、北海道の三大秘湖はご存知ですか?
「オコタンペ湖」「オンネトー」「東雲湖」
この中では「東雲湖」が一番アクセスが困難です。
5年前、カヌーを使って見に行きましたが、妻はもう二度と行きたくないと言ってます(^^;;

話がそれました。
四度目の正直で、無事T君も眺望を堪能した事ですし、下山。
下山コース上には、何故か登る時にはなかったロープが。
実は途中、登り専用、下り専用とルートが分かれている部分があり、下り専用コースには長いロープが張られていて、それを伝って…まるでレスキュー隊員のように…下りました。所要時間1時間40分。
休憩時間込みで、たっぷり6時間の登山を楽しんできました。

下山後はもちろん温泉。今回は丸駒温泉をセレクト。
すると、当然(夕食には早かったのですが)もうお腹はぺこぺこ。
ダッシュで帰宅し、そのままのメンバーで鍋パーティ(^^)
気付いたらかれこれ18時間程一緒に過ごしていました。
おかげさまで充実した休日となりました。

さて、一夜明けた今朝…隣から「アタタタタ、マズいよ、足がスゴく痛い」と妻。
で仕事から帰ってきた途端、「今朝より痛い」「しゃがめない」「階段降りれない」と散々な様子f^^;;
私もちょっと痛いですが、足より上腕かな。あのロープのせい。
いずれにしても、さほど時間が変わらない風不死岳よりも身体に負担があるのは確かです。
やはり歯ごたえのある山ですね。
どんな遠くから見てもすぐに「それ」と分かる格好の良さと合わせて、この登り応えは登山者を惹き付けて止まないのでしょうね。

今シーズンの登山やキャンプ、もう一度くらいは行けるかなぁ。
自転車の遠乗りも行きたいし…
だって、今のうちにカロリー消費しておかなきゃ、冬場はヤバいっす(^^;;


にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
←menuへ