<   2011年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

機能に引き続き、今日も好天に恵まれた当地。
ぽかぽか陽気に誘われ、今年の初ライドに出かけました。
と言ってもクロスバイク(Roma2)で近所の本屋まで。距離にして往復7km(^^;;

風は冷たいだろうな…と思ってましたが、ヒンヤリ心地良いくらいで思った程寒くない。
頑張ってロードバイクで遠乗りに出かければ良かったかな…と思いましたが…
何じゃこりゃ??って言う程足が重い。
いつもはスイスイ登れる跨線橋もギアが足りない感じ。
やっぱり冬場の運動不足が効いてるようです。
来年のオフはちゃんとローラー台買ってトレーニングしなきゃ。
遠乗りを欲張らず、クロスで足慣らしでちょうど良かったみたいです。

路側帯は埃やゴミが多く、まだ雪もはみ出してますから、幹線道路や生活道路は危険がいっぱい。
本格的なバイクシーズン開幕には時間がかかりそうですが、フライイング間違い無しです。
やっぱり気持ちいいや、自転車。
今年は乗るぞ〜〜

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
by aki3man | 2011-03-30 23:44 | 自転車
そろそろマックの話はお休みにしなきゃ…でも今日だけ。

マックが好きだった湖、支笏湖までドライブに行ってきました。
今日は3月にしては、青空が目にしみる程のぽかぽか陽気。
やっぱりマックには青空が似合うな…と勝手に思ったくらいにして。

湖畔はまだたっぷり雪が残っていましたが、いつもマックを繋いでいた木や散歩した湖岸は溶けていました。
その木を見ただけでボロボロ泣けちゃって、まだかなり弱ってます(^^;;
妻とダルが歩いていくのを後ろから写真を撮っていたのですが、やっぱりファインダーの中が物足りなくって…
湖岸にはたくさんの流木。「モッテコイ」をするには最適…
そんな事をいちいち考えては泣いちゃいました。

2年前の写真↓妻の後ろ、青いリードがチラッと見えている木が
f0021369_2337234.jpg
真ん中の木↓
f0021369_23364832.jpg


f0021369_23365659.jpg
マック達が歩いているとこ↑は、↓真ん中の白く雪を被った樽前山の外輪山。
f0021369_2336512.jpg
よくあんなとこまで登ったもんです。ダルはもう嫌だって言ってましたが。
f0021369_032140.jpg
行くといつも登ってた岩…妻は何を想っていたのでしょう。
佇む妻の姿を見るとまた泣けてしまい…

ここの湖には毎年必ず来てましたので、想い出がありすぎてちょっと辛かったです。
でも水遊びが大好きだったマックのためにいい供養となりました。
本当は一番連れて行きたい所があって…それは夏までお預け。
きっと喜んでくれると思うな、ちょっと楽しみ。

それにしても…ダルだけだとドライブもこんなに楽ちんだったとは…

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
by aki3man | 2011-03-29 23:06 | ワンコ
マックが逝って3日が経ちました。
まだ全然立ち直ってないし、気を抜くと涙が溢れそうになりますが、それでもゆっくりだけど少しずつ落ち着きを取り戻してきています。
こうやってマックがいない風景に慣れていくのだろうと思います。
慣れちゃうのはそれはそれでちょっと悲しいですが、いない事に慣れるのは忘れる事とは違うので、きっとマックも許してくれると思っています。
たくさんのお笑いネタを提供してくれたマックがいなくなると、ただでさえ少なくなってるワンコネタが減ってしまいそうですが、これからはダルちんに頑張ってもらうとします…期待はしてないけど。

先日の記事には本当にたくさんのコメントを頂き、読み返すとそれだけでまた泣いちゃいそうですが、温かいメッセージや元気付けてくれる言葉の数々、改めて御礼申し上げます。
またブログ以外でもお電話頂いたり、mixiやTwitter上で言葉をかけて下さった、
あけこ、まちゃと、まさ、ももにゃ、かずさん、こたこさん、Mikakoさん、AIさん、anaguma_neruoさん、ししがやさん、
そして親愛なる深尾ご夫妻、本当にありがとうございました。

明日はマックが好きだった支笏湖まで行ってこようと思っています。
きっとセンチメンタルなドライブになっちゃうけど、のんびり供養してきます。
f0021369_2049621.jpg


にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
by aki3man | 2011-03-28 17:44 | ワンコ
先週の土曜日、26日、第27回のOFMが、いつものYAMAHAで行われました。
今回は久し振りにお会いできる方も多く、参加人数自体もたくさんだったので、とても楽しみにしていたのですが、よりによって前日にマックが逝ってしまい、参加できなくなっちゃいました。
それでもマックを茶毘に付した後、前回の集合写真だけでも届けようと、ちょこっと顔を出しました。時間が合えば集合写真も撮りたかったし。

行った時はちょうど有岡さんのステージの番。
久し振りに有岡さんの歌声を聴く事ができて、それだけでも行った甲斐がありました。
丁度タイミングよく、その直後に集合写真が撮れて時間があったので、seoさんに誘われてseoさんのギターをお借りして自分も一曲弾く事に。
岸部さんの「花」
さすがにここ一週間は全然ギターどころじゃなかったですが、一月程前から久し振りに弾き出してたので何とかなるだろう…と思ったのですが…

自分でもよく解らないのですが、MCを始めた途端涙が込み上げてきて、声はもちろん手も震えるしプチパニック。
話している内容も何だか訳が分からなくなってくるし、超カッコ悪い事になってしまいました。
途中涙でフレットが見えなくなるし、間違った事なんかない場所で止まるし…
良い年したおっさんの涙はいらないですな(^^;;

何より、会場の空気を一気に重くしてしまい、参加の皆さんには本当に申し訳なかったです。
今回はほとんど皆さんの演奏を聴く事ができなかったので、次回はのんびり楽しみたいものです。
あっ、今度はエクスキューズなしで、ちゃんとした演奏もお聴かせしたいです。

いろいろお気遣い頂いたseoさん始めスタッフの皆さんには感謝しています、ありがとうございました。

f0021369_17254993.jpg


にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
by aki3man | 2011-03-27 23:11 | ギター
12年6ヶ月、たくさんの笑顔と、たくさんの幸せと、たくさんの想い出をほんとうにありがとう。
ゆっくりやすむんだよ、おつかれさま。
f0021369_164877.jpg

f0021369_111167.jpg

f0021369_124117.jpg


にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
by aki3man | 2011-03-25 23:34 | ワンコ
やっとテレビでも通常番組を放映し始めました。
こう言う時こそ、音楽やお笑いが必要だと思いますが、「不謹慎だ」と言う人も多いでしょうから難しいですね。
先日来「普通に過ごしましょうよ」と言っている私ですが、気付いたらあれ程聴いていた音楽を全然聴いていませんでした。
ギターにも全く触れていなくて、このままでは26日のオフミがマズい。
オフミでは素敵なギターの音色で癒されたいと思っている仲間が多いのに、私はその期待に応えられそうにないです。
まぁもっとも私は音楽担当ではなく、お笑い担当ですので(^^;;

なんて事を書けるようになったのは、少し普段のメンタリティに戻ってきた証拠だと思いますが、きっと一番恐ろしいのは、世の中の人々が今の気持ちを忘れすぎちゃう事。
今はTwitterのTimelineも震災関係のツイートで埋め尽くされていますが、ひと月後にどれだけ流れるか…
おそらくひと月程度では被災地の復興はまだ序の口にも立ってないでしょうし、被災者はそのほとんどがまだ避難所生活を強いられているはず。
その事を忘れてしまわないように、今から念頭に置いておきたいと思います。

例えば献血。
情報によると今は充分に足りているそうですが、血液には使用期限がありますので、慌てて今献血に走るより、数週間経ってから足を運ぶ方がいいのかもしれません。
例えば節電。
ここ北海道では実感が無いですが、昨日来の首都圏の節電効果は素晴らしいものがあります。
東電の計画がずさんな様に言われていますが、おそらく東電が想像した以上の節電が行われた結果だと思います。
これが一ヶ月間続けられるか…一年間続けられるか…

今は皆アドレナリンが多く出ている状態。
思考もそれに従いテンション高いですが、これを持続はできません。
維持しなくてもいいので、その代わり忘れないようにしなければ、そう思うのです。
だって…忘れ物常習犯の私の事ですから…


にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
by aki3man | 2011-03-16 00:01 | 日常
原発の問題が大きすぎて、被災者のニュースが埋もれてしまいがち。
それはそれで仕方ないのでしょう。
ただどのチャンネルも同じような映像ばかり流していて、報道の画一化が気になります。
被災者にとっては、思い出したくない恐怖を蘇らせるような映像を流さないChが一つくらいあってもいいのに…そう思のですが。
もちろん、簡単にそうはいかない大人の理論もよく解るのだけれど。
海外からたくさんの援助隊も来てくれているのに、その活動はほとんど報道されません。
自衛隊が1万人近く(越える?)人々を助けているのに、助けられなかった人の事ばかり報道されて、彼らの活動はそれほどテレビ画面から伝わってきません。
ポジティブな活動や明るいその活動結果をもっと知りたいものです。

原発に関しては、今その是非を論じてもしょうがないです。
東電や国の責任を問う声が上がるのは仕方ないけれど、今それを言う意味を感じません。
実際、おそらく東電やその関係者の方々は、文字通り生死をかけて懸命の努力をしてくれているのでしょう。
数百人詰めていたと思われる職員達の被ばく状況も気になります。

単純に「原発反対!」と声を荒げるのは簡単だけど、それに変わる発電施設は(現状)ないのだし、それを甘受しているのは、声を荒げている人達も同じ。
ただ、人間がコントロールできないようなものを作るのであれば(そう言うものを作っていいのかどうかは別として)「想定外」を想定した設計でなければならない…そう言う教訓なんだと思います。

あまりにも電気に依存した社会の方向性を考え直すいい機会でもあります。
節電を呼びかけた途端、4100万kwの需要を見込まれていた電力が2800万kwまで下がったと聞きます。
やればできるはず…もっとも、あまりその必要性を迫られていない北海道の私が言うのは無責任だけれど…


これから復興に向け活動が活発化するでしょう。
たくさんのボランティアが大挙して現地に入るのでしょうが、その方々には是非この方のブログを一読頂きたいです。
『被災者の役に立ちたいと考えている優しい若者たちへ~僕の浅はかな経験談~ - chodo's posterous』

特に純粋な心を持った若者達は、概して「気持ち」が優先してしまい、客観的な判断ができなくなりがちです。
その純粋な気持ち自体は大切にしなければなりません。
その「気持ち」のパワーを、大人達は上手にコントロールして、正しい方向にリードして行く事が必要だと思います。
「してあげる」と言う気持ちが少しでもあるうちは、決してボランティアには参加してはいけないと思っています。
「させてもらっている」くらいの気持ちが無ければ、真のボランティアにはならないでしょう。

募金の余裕が無い人もたくさんいます。
行きたくても行けない人もたくさん。
献血ができない人も、元々節電を心掛けていて何を今更…と言う人もいるでしょう。
「何かする」のが当然なのではなく、普通に生活する事が当然なのだと思います。
笑顔を忘れず、前向いて生活していこうと思います。

15時30分 追記
このようなブログをご紹介頂きました。
こちらも是非ご一読を
「あの恐怖と屈辱は、記憶よりさらに奥に刻みつけられてしまっている。」


にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
by aki3man | 2011-03-15 14:48 | 日常
自分の職業、「写真屋」
スタジオで記念写真や婚礼の写真、集合写真なんかを撮っている。
今回のような災害がある度に、もっと人の役に立つ仕事に就けばよかったかも…と意味の無い考えが頭をよぎる。

今日TVを見ていたら、被災者が自宅に戻り、飾られた写真を一番にしまい込んでいる光景が映し出されていた。
とても嬉しかった。
大切な人の写真、愛する人と一緒の写真、薄っぺらな紙にプリントされたただの写真だけど、もしかしたら前を向く手伝いをしているのかもしれない。
今自分ができる事は少ないけど、毎日頑張ってきた事が時ちゃんと役に立っていたんだと初めて気付かされた。

今日も結婚したお二人の写真を撮らせて頂いた。
広告写真や報道写真のようにたくさんの人の目に触れる事はないけれど、その代わり使い捨てられる事の無い、一人一人の宝物になる写真。(できれば今回のような想いで使われる事がなければいいのだけれど)
そんな「力」を持った写真を撮る事ができる仕事を誇りに思う事ができた。

当り前だけど、役に立たない仕事なんて無いんだよね。
「僕が撮ってきた写真、ちゃんとあなたの力になってますか?」

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
by aki3man | 2011-03-14 00:08 | 日常
きっとたくさんの人が「今できる事」を考えて、実際に行動を起こしているのだと思う。
節電、義援金、献血…
きっと一番簡単にできる事は、普通に生活する事。
所謂「自粛ムード」が必要以上に高まって、笑う事、語らう事をやめてしまってはいけない。
通常消費活動も社会貢献の一つ。立派な経済活動。
皆が下を向いちゃって、日本全体が元気をなくしちゃダメだと思う。

ただ、こうして普通の生活ができるのは、けっして当り前の事ではないと言う事を忘れないようにしたい。
夜でも明るい家があって蛇口をひねると水が出て、寒ければ暖房のスイッチを入れるだけで良い事、店に行くとものが溢れていて、お腹がすけばいつでも美味しく温かいものを食べられる事、行こうと思えば世界中どこにでもすぐに行ける事、会いたい人にいつでも会える事、そして愛する人と一緒にいられる事…そんな事すべて「当り前」ではない、とても幸せな事だって忘れず、普通の生活ができる幸運に感謝して暮らしていこうと昨日来、こんな事ばかり考えている。


にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
by aki3man | 2011-03-13 22:37 | 日常
恐ろしい災害です。
信じられない映像がモニター画面に映し出されています。
聞くだけで震える様な状況がネットからも流れてきています。
今こうしてPCに向かって、のんびりブログを書いている場合じゃないのでしょうが、自分が個人で何か(少なくとも今は)できる訳ではないです。
まずは、冷静に普通の判断が出来るように落ち着いて、今起きている事を受け止めるしかないと思っています。

帰宅難民に対して家電屋では携帯電話の充電器を、コンビニでは水を、公衆電話を、他にもたくさんの人が必要物資を無料で供給したり、避難場所や宿泊所として提供したり、個人・法人共に高い公共意識を持って対応している旨伝わってきました。
被災地でもしっかり秩序が守られていて、日本人の民度の高さが伺い知れます。
日本人である事を誇りに思います。
カトリーナ被害時、ミネラルウォーターが10倍の価格で取引されていて、それを当然の事としてとらえていたアメリカとの国民性の違いを感じてしまいました。
方や清涼飲料水メーカーが自動販売機を無料開放しているのですから。
こんなに小さな国ですが、どんなに大きな災害が襲ってきても、そこに暮らす国民が力を合わせれば必ず復興は出来るはずです。
もちろん、まずは助けを待つたくさんの方々の救助が先決ですが、その後、一人一人できる事を皆考え行動を起こさなければなりません。

当地はもちろん、首都圏の方々はまず節電を心掛ける事…一番簡単に協力できる事のようです。
海を隔てた北海道から自分は今何が出来るのでしょう…


携帯電話が通じ辛くなっている時でもネットは普通に使う事ができ、Twitter等のインターネットメディアの有効性を感じました。
ただ、デマや誤情報も同じスピードで広がります。
また情報が多すぎて、本当に必要な情報が埋もれてしまう事も。
見る人間のリテラシーが求められるのは当たり前ですが、発する側も(同じ人間だったりするのですが)冷静に取捨選択した情報を的確に流す心がけが必要に思います。
日本人は高い公共意識を持ち合わせていて、非常に有効で正確な情報が流れている…そう信じていますが。

インターネットは非常に有効な情報伝達手段ですが、残念ながらまだかなりの人には敷居の高いメディアです(特に高齢者には)
おそらく今回も、地震の後慌てて自宅に戻ったは良いが停電でテレビも見れず、津波警報に気付かないままあっという間に水に飲まれた人達がたくさんいるのでしょう。
被災(〜停電時)に、早急に情報を受け止めるための手段を、たくさんの人が平等に持つ社会が一日も早く来ますように。

ご家族・ご友人が当地にいらっしゃる方、未だその方と連絡がつかず気を揉んでいるたくさんの皆様、心中お察し致します。どうか気をしっかりお持ち頂けますように。
そして被災された皆様、心からお見舞い申し上げます。
日本中、いえ世界中のたくさんの人達が物心共に応援していくはずです、頑張って下さい。


22:00 追記
職場からの帰り道、大型スーパーへ。
明るい店内には豊富な食料品。そしてそこにはたくさんの笑顔が。
ほんの数百km離れた所でこんなに大変な事になっているのがウソのよう。
いや、見慣れた目の前の風景の方が偽物っぽく見えてしまう。
一日中大変な映像を見ていたからか、とても不思議な感覚。
普通に生活できる事がこんなに幸せに感じるなんて。

今できる事は…節電(北海道でどれだけ有効なのか分からないけど)募金や献血くらいで…きっとまだ何もしないことが一番のような気がする。

これからの被災者のケアは想像を絶する。
仮設住宅ができるまでどれだけの時間がかかるか分からないし、住む所ができても職を失った人達の今後の生活まで考えると、何万人が何年間辛い思いをするのか…
でも、必ず復興する。日本にはそれだけの力と心がある、そう信じたい。


にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
by aki3man | 2011-03-12 14:34 | 日常
←menuへ