<   2011年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

今週の休み、初めて手稲山のヒルクライムにトライしてきました。
最近私の周りでは手稲山クライムが流行りのようで、仲間達は次々と登っています。
あっ、レベルが違い過ぎて「仲間」じゃなくて「お友だち」ですね、失礼(^^;;

ここ数日、急に秋の気配が漂い始めていたのですが、この日は夏に逆戻り、気温も30℃。
ロングライドも考えたのですが、先日届いた「Garmin Edge500」のハートレイトモニターを使いたかったので、心拍数のモニターのし甲斐のなるヒルクライムを選択(^^)
坂はとても苦手で全然自信ないのですが、ゆっくり登れば何とかなるようになってきたので、タイムはともかく、まずは脚を着かずに登りきる事を目標に。
とは言うものの、どのくらいの距離があってどのくらいの坂なのか、全く予備知識無しって言うのはどうなんでしょうね、なはは(^^;;
タイムは速い人で30分切る位、普通に坂登れる人で40分程みたいなので、私は1時間切れればいいとこ、目標は50分かな…なんて思って登ってみました。

手稲山は中学〜高校時代に何度もスキーに通った場所。
当時、"北壁リフト"と呼ばれる北海道で一番長いシングルリフトがありました。
札幌オリンピックの女子大回転コースがある山頂のテイネハイランドから、オリンピア、千尺とスキー場をハシゴしながら国道まで「お帰りコース」と呼ばれる道路沿いの尾根を山一つ滑り降りるのが楽しみでした。
高校2年の冬に行ったのが最後のはずですので、30数年降りの手稲山です。

国道の案内看板をスタートして、500mも登ったかどうかの所で心拍数が165程度まで上がり吐きそうに…
登山でもそうですが、ある程度心拍数が上がって高値安定状態にならないとキツいです。
安定してしまえば170を越えても苦しくなる事はほとんどなく、辛いのは肺や心臓でなく脚。
ケイデンスは50近くまで落ち、10km/hをキープするのでやっと。
まぁタイムを気にする訳ではないのでのんびり30分程漕ぎ漕ぎしているうちに、ゴルフ場が見えてきました。
ここで半分越えていたら1時間切れるなぁ…と思いながら、iPhoneのGPSマップでチラッと確認。
漕ぎながらなのでしっかり確認できませんでしたが、半分は越えている感じ。
俄然元気が出てきました(その割に脚は回らないんですけどね)

後半は傾斜が緩い所も出てきて、結構頑張れました。
無事到着して見えてきたのは、いろいろなブログで見慣れたこの景色。
f0021369_0122270.jpg
私もお約束で撮ってみました。
タイムはと言うと、48'55"
目標の50分を切ったので大満足です。
まだ少し余裕があったので、今度は45分切れるように頑張ろうっと。
それにしても、皆さん簡単に30分台で登っちゃうんだからスゴいよなぁ。
30分切るなんてあり得ん!って感じ、いやホントに。

下りはコーナーの減速帯の凹みが怖くて60km/hがやっと。
気持ち良くダウンヒル…とはなりませんでした。結構グニャグニャしてるしね。
手稲山から自宅までは25km程なのですが、交通量の多い幹線道路でストップ&ゴーばかり。
こっちの方が疲れちゃった感じ(^^;;

自宅に戻ってから早速ガーミンコネクトでハートレイトを確認。
ここのHPを参考にすると…
私の安静時心拍数は50ですので、年齢を加味すると最大心拍数は171、脂肪燃焼に効果的と言われる運動強度70〜80%だと、135〜147bpm
全然ここには当てはまらなくて、思いっきりオーバーしてます。
そう言えば、走行中Edge500から「心拍数オーバーしてるよ、頑張り過ぎると死んじゃうよ」と"ピーピー"アラートが鳴ってたっけ。
無酸素領域で濃いだ自覚はないんですが…この計算、あってます??

それでもハートレイトに限らず、後から見ていろいろなデータを確認できるのは楽しいし、次回は今回のデータとの競争ができるのでやる気も起きますね。
早くまた登りたいです。

今回はEdge500と共にデビューしたものがありました。
一目惚れして買っちゃった"le coq sportif"のニュージャージ。
イタリアのバイクにおフランスなジャージはどーよ??とも思いましたが、きっと誰も気にしてないですよね。
f0021369_038219.jpg

自転車シーズンも少なくなってきました。
来月2週目には紅葉登山が始まりますし、またキャンプにも行きたいし、雪が降る前にやらなきゃならない事がたくさんです。
夏、短過ぎるよ〜
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
[PR]
by aki3man | 2011-08-27 01:05 | 自転車
先月の羊蹄山登山のメンバーで皆で撮った写真を持ち寄り、鑑賞会&食事会をしました。
で、ホストはFちゃん
登山で皆にリュックを持たせたペナルティ(^^;;
彼女にとっては食事会ならぬ「反省会」になっちゃいました(^^)

おかげ様で私達は彼女の作る美味しい料理をご馳走になる事ができました、ラッキー♪
f0021369_22235299.jpg
次々と出てくる料理、どれも見た事が無いものばかりで「これ(素材)は何?」「味付けは何?」「どうやって作ったの?」と質問責め。
f0021369_22234410.jpg
(奥の「パプリカとホタテの水切りヨーグルト和えにキチンコンソメジュレがけ」は全く初めての味でした)
たっぷり料理を堪能し、残るはデザート。

ティラミスを私達も持っていったのですが、彼女が用意してくれたデザートは…
f0021369_22234881.jpg
こんな素敵なケーキ。
彼女には結婚十周年の時もお祝いして頂いてます。
いつも私達夫婦と一緒に遊んでくれて、いつも気を遣ってくれて感謝感謝です。

いやぁ、ほんとご馳走様でした。
次の登山でも一合分位はリュック持ちます(^^)
これからもよろしくね。

追記
そうそう、肝心の写真鑑はと言うと…私達が撮ったスチルやT君が撮影〜簡易編集したムービーを見て、真打ちはうちのトップカメラマンのCちゃん撮影分。
満を持してとりだした写真…6カット…
まぁこんなもんでしょう…(^^;;

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
by aki3man | 2011-08-25 21:25 | 日常
知床のキャンプ、「カムイワッカの滝」も楽しみにしていたのですが、今は通年自家用車の通行は規制され、ハイシーズンのみシャトルバスで行く事ができるようです。
ちょっとバス代は高いですが、まぁそれは仕方ないでしょうね。
それより残念なのは、一の滝までしか登る事ができない事。
30年前に行った時は四の滝まで楽に行けて、充分温泉を堪能できたのですが、一番最初の一の滝まででは、カムイワッカの魅力の半分も堪能できません(;_;)
落石の危険性や観光客の増加に伴う規制なのでしょうが、本来の魅力を味わう事ができなくなっちゃいましたね。
同様に「知床五湖」もツアーガイド無しでは五湖全部を廻れなくなっていました。
もっともこちらは、自然保護よりもヒグマの危険がある事が第一でしょうが。
いずれも昔は規制など無かったので、ちょっと寂しいです。

さて、そんな知床ですが、自分用に素敵なお土産…鹿の角…をゲット。
本当はどこかで拾ってくる予定でしたが、そんなに簡単に見つかるものじゃない事が判明(^^;;
鹿の角専門店で小さな角の先を買ってきました。(大きいのも買って来たんですけど、風雪にさらされたものなので超お安め)
それに革紐とビーズを通して、登山用リュックに付けるキーホルダーを作ってみました。
f0021369_1833975.jpg
なかなか素敵に出来上り大満足!
(革紐やビーズの加工を教えてくれた義妹と穴空け用ボール盤貸してくれた義父に感謝)
数百円でこんなに素敵にできるのなら、もっとたくさん買ってくれば良かったな。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
今回のキャンプ、3泊目は帰ってきやすいように場所を変えました。
行ったキャンプ場は…いつもの然別。マックが大好きだった然別北岸野営場です。

山登りや自転車でいつも一緒に遊んでいるT君、お盆休みの時間を持て余しているようなので、然別に誘ってみました。
さすがに知床までは・・・でしたが、然別までならと合流する事に。
出発前にに美味しい肉を購入しT君に預けておいて、来る時に持って来てもらえば食材の心配もしなくて良し、ラッキー(^^)

知床から然別に向かう途中、T君からは「然別に向かってますけどずっと雨です」とメール。
天気予報を見ると午後から1mmの雨ですので、まぁ降っても知れてるだろうと高をくくっていましたが…
陸別まではピーカンだったのに、足寄辺りからざんざん振り。
ウェザーニュースだけじゃなく、気象協会の予報をチェックしておけば良かった、と後悔しきり。
だって「大雨注意報」が出ていたの知らなかったんだもん。
まぁ分っていても行ったんだけどね。

然別への途中、妻がどうしても士幌か上士幌に寄りたいと言っていました。
彼女の目的は「士幌町農協・生産者還元用ポテトチップス」
以前Fちゃんが買って来てくれたのを食べて以来、いつか箱買いする!と心に決めていたらしいです。
リクエストに応えて上士幌のA-COOPに行ってみると、何十箱も積んであるのを発見!
無事12袋入り2箱ゲット(^^)
かなりかさばる荷物が増えましたが、確かに美味しい。
f0021369_156432.jpg

然別に着くと、ほどなくしてT君も到着。
ここは知床とは打って変わってガラガラで、私達入れても10張りなし。
幸い然別は雨が降っていなかったので、テントもベスポジに設営できました。

テント設営が終わった途端、T君が何やらガリガリ始めたと思ったらこんなものを。
f0021369_156741.jpg
わざわざかき氷マシンと専用氷、練乳とシロップを持って来て(ついでに途中で苺も買って来て)かき氷を作ってくれました。
できればピーカンの太陽の下で食べたかったけどね。

かき氷を食べ終わった頃、キャンプ場にもポツポツと雨が…
ちょっと待っていれば止むかも…なぁんて甘い考えをよそに雨脚は強くなるばかり。
然別の満天の星空の素晴らしさに惹かれてやって来たT君には悪いけど、今晩は無理そう。
それどころか、この雨、ちょっとマズくないか???
f0021369_1562322.jpg

f0021369_1562961.jpg

まぁ来ちゃったもんは仕方ないので、タープの中でまったり過ごしました。
私は明日の朝ご飯のパン作り開始。
知床でも焼いたのですが、ちょっと焦がしてしまい不本意な出来でしたので、リベンジを兼ねて(^^;;
f0021369_156102.jpg
(すっかりパン職人↑)
一次発酵をさせている間に、T君に持って来てもらった和牛カルビ、和牛霜降りステーキ、スペアリブで豪華な焼肉!(30%offだったんだけどね)
やっぱり外で炭火で焼くと美味しいわ。

食後、焼肉の残り火を使って(これが肝)クルミパンの焼き開始。
f0021369_1562068.jpg
今回はきれいに焼けました。
ここは8月でも10℃を下回る事が珍しくないので心配しましたが、雨でも思った程寒くなくて発酵も上手にいったようです。
翌朝までとても我慢できず、焼肉を食べたばかりだと言うのにさっそく試食。
これが美味しい!!(自画自賛)
お隣にお裾分けでも…と思ったら、隣にテントはたっていませんでした(^^;;

雨でも当初タープの中は割合快適でしたが、雨は止む事を知らず、徐々に足下もベチャベチャに。
今まで何十泊とキャンプをしてきましたが、今までで一番の雨かも(>_<)
元々安物なのに15年近くも使って来たテントは、この雨脚に耐えられるんだろうか?
T君に貸した、今年買ったソロキャン用テントの対水圧はどれほどのものなんだろ?
などと心配になってくる程。
実際、タープの屋根からは雫が・・・

風もないし気温も低くないので「怖さ」は全然感じないのですが、濡らしたくないものが濡れちゃうのはやっぱりストレスです。
テントの屋根を叩く雨音が気になって、ぐっすり寝ることもできないまま朝を迎えました。
T君のソロテントは、やはり底面から少し水が滲んで来たようでしたし、私達のテントも同様でした。
それでも寒くてガタガタ震えなかっただけ良いかな、いやホントに。
f0021369_1563669.jpg
(湖も雨に煙ってます)
f0021369_1563278.jpg
天気の回復が見込めそうにないので、昨晩焼いたパンを温め直して温かいカフェオレと一緒に美味しく頂いたら、さっさと撤収。
撤収時に雨、と言うのがキャンプで一番悲しいシチュエイションですが、今回はまさにこれ。
ザーザー降ってる中、テントを片付けて積み込み作業は大変でした。
f0021369_1562759.jpg

然別に来たのにはもう一つ目的がありました。
マックの散骨。

このキャンプ場はマックを連れて何度も何度も来て、着くなりまず必ず湖にダイブする事からキャンプが始まり、一緒にカヌーに乗り、クタクタになるまで"モッテコイ"をして、山田温泉まで散歩に行き…数えきれない程の想い出があります。
丁度一年前、去年の8月に来たのが最期になっちゃいました。
キャンプ場を見渡すと本当にマックの姿が見えるようでした。
湖を後にする前に、用意してあったマックの骨を然別の湖水に投げ入れてきました。
今回の雨は、連れてこなかった事に腹を立てたマックが嫌がらせに降らせたのかも。
初盆だったし、きっと帰って来てたんだね。
f0021369_22312685.jpg


3泊目泊まらず帰る選択も無くはなかったのでしょうが、大切な目的を果たしたので今回のキャンプはこれで良かったんだと思います。
T君と義妹と、ダルちんには迷惑な話だったかもしれませんが。
そうそうダルちんはと言うと、然別ではずっとハウスだし、毎晩タープで一人で寝なきゃならないし、楽しそうには見えないんですけど…(^^;;
やっぱりキャンプはマックがいないとちょっと盛り上がりに欠けちゃいます。
でも、正直言ってダルだけだとめっちゃ楽チンです(^^)
大変だった事も懐かしいんですけどね。

そんなこんなで3泊4日の知床〜然別キャンプは無事終わりました。
車のトリップメーターは丁度1,000km。
雨でベチャベチャになったキャンプ用品は、翌日旭川の妻の実家で全部干す事ができ、ほんと助かりました。
そのままにしておいたら、一週間で黴びちゃいそうですし。

今年、もう一度位はキャンプに行きたいな。
紅葉登山もあるし。
夏はもうすぐ終わっちゃうけど、アウトドアシーズンはまだまだ続くのです。



にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
二日目の朝、義妹の「鹿がいるよ〜」の声で目覚めました。
テントを出てみると、サイト内の水飲み場近くに3頭の子鹿が。
それほど人を怖がる様子も無く、妻の手から草を取って食べてました。
f0021369_12433059.jpg
(奥に見えるテントの数!)
f0021369_12432789.jpg
恐るべし、知床!って感じですが、それだけ人間と住み分けができていないと言う事でもあり、これはこれでちょっと問題なんだろうな。
実際、鹿による樹木の被害は甚大らしいし…

さて、朝ご飯は昨日キンキと一緒にゲットした羅臼産ホッケの炭火焼。
不味い訳が無い!(^^)
朝から炭火で魚焼いて食べてるの、数多いキャンパーの中でもうちらくらいだったかも(^^;;
f0021369_1243344.jpg

鹿のおかげで早起きしたので、さっさと朝食を終えてオーロラ号での知床半島遊覧観光へ。
f0021369_12433776.jpg
これが大正解。
朝一番の船はまだそれほど混んでいなくて、ゆっくり遊覧を楽しめました。
(もっとも、寝不足がたたって復路は寝ちゃいましたけどね(^^;;)
f0021369_12434054.jpg
(知床八景「フレペの滝」↑)
f0021369_12435019.jpg
f0021369_12434314.jpg

f0021369_1243543.jpg
(知床八景「カムイワッカの滝」↑と、奥には羅臼岳。滝から流れ出した硫黄分で海が黄色くなってます)

遊覧船を降りた港にある「オロンコ岩」には、上に遊歩道があると言うので登ってみました。
かなり急な階段を上る事10分。岩上からは美しいオホーツクの海が見渡せて、地球がまぁ〜るい事を改めて教えてくれました。
f0021369_12435731.jpg

f0021369_1244047.jpg

f0021369_124454.jpg

f0021369_12441289.jpg
(通称「ゴジラ岩」↑確かにそう見える)
港を見下ろすと当初私達も乗る予定だった第二便のオーロラ号にもの凄い行列ができていました。
あれに並ばなくて良かった〜
f0021369_1244883.jpg
(オーロラ号、フォトショで流行りの「ジオラマ風写真」にしてみました。ミニチュアに見えます?)

この日は特に予定もないので、知床峠(知床八景)を越えて羅臼まで行く事にしました。
知床峠も30年振り。
実は時間(と体力?)に余裕があれば、自転車を持って行って知床峠を登ろうかとも考えていました。
で、久し振りに車で上ってみると、止めておいて良かったかも…って感じ(^^;;
まぁ登れない事はなかったと思いますが、翌日の250kmの運転は無理だったと思います、なはは。
f0021369_12441971.jpg
(ここの絵は昔と変わらず)
峠からは北方領土…国後島…も見え、未だ返却されない日本固有の領土の近さを肌で感じれました。

峠を下り羅臼へと向かう途中「熊の湯」を発見!(と言う程じゃないけど)
f0021369_1244236.jpg
(川の右奥に温泉がチラッと見えます)
国道沿いと言っていいアクセスの良さに加え、その国道を挟んで羅臼温泉野営場がある事で、地元の人は元よりこの温泉を湯治に使うキャンパーまでいると言う有名温泉。
ちょこっと覗いてみると先客は3人程、それほど混んでいないので入ってみました。
少し熱めですが、硫黄の匂いぷんぷんの白濁したお湯はと〜〜っても良かったです。
妻達を車に残していたのでさっさと上がってきましたが、こりゃキャンパーが居着くのも解る気がします。そのくらい良いお湯でした。
f0021369_13375492.jpg
(お見苦しくてごめんなさい)

世界遺産効果でしょう、ウトロはすっかり観光地化されていて30年前とは様変わり。
対して羅臼はと言うと、それほど観光地然とはしていなく、相変わらず田舎の漁港の雰囲気を保っているように感じました。
f0021369_1347097.jpg

もっともそのおかげで美味しい昼食にありつけず、最果てでなぜか札幌ラーメンでした、とほほ。
f0021369_13483353.jpg
(知床老人の像…森繁久彌…と、知床旅情の歌碑)
f0021369_13484359.jpg
(かなり大きな猛禽類、何ワシでしょう?)

では晩ご飯はお楽しみの海鮮丼に…と思ったのですが…
ウトロ・羅臼と食材を探しまわりましたが、どこにも無し。。。。
よく港にある直売所のような所は無く、道の駅にあるのは加工され真空パックに入った、近所のスーパーで買った方が安い魚介類ばかり(>_<)
仕方ないのでキャンプ場そばの居酒屋に行く事に。
刺身やルイベを美味しく頂き、まぁこれはこれで良しかな(^^;;

この日は午後から天気が下り坂。
昨日のような夕陽も見れず、雲の上で流れているであろうペルセウス座流星群も見れず残念。
毎年この時期のキャンプでのお楽しみの一つなのになぁ。

(続く)

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
お盆明け、昨日は今年一番の猛暑だった所もあったようですが、北海道では学校も始まり、今朝は空の雲も急に秋めいて感じました。
暑過ぎるのは勘弁して欲しいですが、夏が過ぎちゃうのはちょっと寂しいですね。
もう少し夏を楽しみたいです。

今年は連続してお盆休みが取れたので、3泊4日のキャンプに行ってきました。
行き先は世界遺産「知床」
私は30年近く前に2回行ってますが妻は初めてとの事。
今回は義妹も一緒ですので旭川でピックアップし、ウトロにある知床国設野営場を目指す事に。

2泊3日のキャンプは何度も経験していますが3泊4日は初めて。
4日になると食事が大変、現地調達しなければなりません。
その点、知床(ウトロ)は海産物の宝庫ですので一昨年のキャンプの時のように贅沢海鮮丼が期待できちゃいます。

自宅から旭川を経由しウトロまで丁度400km。5時半に出発し途中昼食休憩をとり、知床の有名景勝地の一つ「オシンコシンの滝」に着いた時は14時を過ぎていました。
オシンコシンの滝に着いてみると、駐車場が一杯。
取りあえず先にテント設営してから出直しましょう…と、まずはキャンプ場へ。

で、キャンプ場についてみてビックリ!
ガイドブックで読んではいましたが、恐ろしい数のテントテントテント…
キャンプ場自体広いのですが、100張り近くあるんじゃないかと思われるキャンパーで、テント設営場所も駐車スペースも限られていました。
まぁ、お盆ど真ん中の土曜日(13日)ですから仕方ないですね。
サイトはとても大きなハルニレの木に囲まれた素敵なロケイション。
空いていたら快適だろうなぁ。
f0021369_11534070.jpg
(樹齢何年なんだろ?とても大きなハルニレ↑)

それでも何とか良さげなスペースを見つけて設営、もう一度オシンコシンの滝へと向かいました。
30年前に行った時は滝の上から見下ろした記憶があったので、まずは妙に交通量の無い滝上の道へ。
記憶を頼りに登ってみると…途中で通行止め。道理で車が走って無いわけだわ。
車を降りて少し歩くと、上から滝を見下ろせました・・・が、記憶ではもっと綺麗に見えたはずなんだけど…
当時よりも樹木が枝葉を伸ばし見晴らしを遮っているのかもしれません。
f0021369_11475064.jpg

f0021369_11475374.jpg

下からはきれいな階段ができて見やすくなってましたし、当時と同じ迫力のある姿を楽しめました。

妻と義妹は滝よりも道路を挟んだ反対側、海岸の方が気になる様子。
つられて見に行ってみると、滝つぼから流れ出た川の河口近くから、その先の小さな岬にかけてたくさんの釣り人が。
f0021369_11533772.jpg
これだけいるんだから釣れるんだろうね〜と話している先から50〜60cmはある大きなカラフトマスが次々かかってました。
釣り竿を持ってこなかった事を悔やむ事しきり…でも、自分達じゃ釣れなかったんだろうね(^^;;
f0021369_11533399.jpg

この日は他に観光予定も無いので、さっさとサイトに戻ってすぐ近くの温泉に行き、その後晩ご飯のの準備をする事に。
このキャンプ場内には知床八景の一つの数えられる「夕陽台」と呼ばれる夕陽の名所があります。
(もちろん「オシンコシンの滝」も八景の一つ)
この日は好天に恵まれ夕陽を観るには最高の天気。
それほど広くない夕陽台は、夕陽が落ちる前からたくさんの人が集まって来ていましたが、写真撮影の場所をしっかりキープ、夕陽が落ちるのを待ちます。
f0021369_11534330.jpg
ウトロ港を見下ろすと、明日乗る予定の「オーロラ号」(真ん中の二艘)や、やはり知床八景の「オロンコ岩」(中程左)が見え、その奥に夕陽が沈んでいく風景はとても美しかったです。
f0021369_11534645.jpg

夕陽をゆっくり観ていたら、すっかり晩ご飯支度が遅くなっちゃって、真っ暗な中ローストチキンを焼く事になっちゃいました。
もう一つのメニューは、道の駅で羅臼産キンキをゲットしたので「キンキ汁」に。
ちょっと遅めの夕食でしたが、外で食べると何でも美味しいですよね(^^)
f0021369_11535562.jpg

この日は長距離ドライブの疲れもありさっさと就寝と相成りました。
(続く)

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
一昨日の結婚記念日に続いて、本日は妻の誕生日。
彼女もついに○○代に突入です、Welcome!!

特別お祝いはない代わりに、結婚記念日と誕生日合わせてプレゼントを買って帰りました。
結婚記念日の方はありきたりですが花束。
で、誕生日のプレゼントは……
f0021369_21585077.jpg
昆虫図鑑!
妻はかなりの虫好きで、以前から昆虫図鑑を欲しがっていました。
で、ん十代突入の記念に昆虫図鑑ってどーよ??とも思いましたが、思いのほか喜んでもらえたので良かったです。
本屋さんでラッピングもしてもらいましたが、まさかこんな大人へのプレゼントだとは思わなかっただろうな(^^;;

で、実際読むと面白いんですよ、これが。
図鑑って楽しいですよね♪


にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
by aki3man | 2011-08-10 22:09 | 日常
今日8月8日は…そろばんの日、ひょうたんの日、屋根の日・瓦の日、ヒゲの日、パパイヤの日、白玉の日、親孝行の日、地球歌の日、発酵食品の日、笑いの日、タコの日で、アンディ・ウォーホル、ロマン・ポランスキー、ダスティン・ホフマン、ナイジェル・マンセルの誕生日で…私達夫婦の結婚記念日です。
平成8年8月8日に入籍しましたので、今年で15周年。
二人とも記念日にはこだわらない、と言うか覚えられない人達なので、こんなうちらでも忘れないようにとぞろ目を選択し入籍。
その甲斐あって、今まで結婚記念日に気付かず過ごした日は数回に留まってます。
で、記念日に何かした年は…何回あったっけ??…(汗)
スウィート10ダイヤモンドはもちろん、まともにプレゼントした事も無いけど、15年も我慢しながらついて来てくれた妻には感謝しています。
♪形のない優しさ〜♪は♪見せかけの魅力♪(from「恋するカレン」by 松本隆)に負けてします恐れがあるので、こりゃ頑張らなきゃいけないな…ってここでも気持ちだけ…(汗)

結婚した当初は激動の数年間を過ごしましたが…一体何回引っ越ししたんだろ…今の穏やかな生活を手に入れられたのは、妻の忍耐と努力に依る所が多いのは、私達夫婦に近い人達には周知の事と思います。
近すぎてつい我が侭や不満ばかりが先にたちがちですが、こう言う日ぐらいは感謝の気持ちを文字に託そうと思います。
「15年ありがとう。そしてこれからもよろしくね。」


にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
by aki3man | 2011-08-08 11:42 | 日常
先日、午前中仕事の休みをもらってeasyさん主催の壮行会に行ってきました。
滅多に参加できない私に気を遣って頂き、コースはスウェーデンヒルズ方面をセレクトして下さいました。
今回初めてお会いする方も数名いらっしゃいましたが、すぐに打ち解ける事ができたのは、easyさんの人柄と自転車の魅力。
f0021369_084228.jpg
詳しいレポは本家と、今回初めてお会いしたsiro_pugさんのブログにお任せ(^^;;
今回は他にもPharrowさん、gamくんと初顔合わせ。
ミカワさん、toneさん、jinさんとは初走行でした。
f0021369_084518.jpg

f0021369_084833.jpg
街中の待ち合せ場所まで通勤で走り慣れたCRを走り、また同じCRを逆戻り、スウェーデンヒルズへ向かいます。
1週間前に納車になったばかりのLOOK(Pharrowさん)があったり、GIANTのTCRが4台(siro_pugさん、gamくん、easyさん、toneさん)並んだり、めっちゃ軽〜いKUOTA(jinさん)があったり、バイクを拝見するだけでも楽しい。
集団走行初心者の私はほぼシンガリを走行。
おかげで皆さんのバックショット(とノーファインダーでフロントショット)を撮る事ができました(^^)
f0021369_09298.jpg

f0021369_085322.jpg
天気が良く青空も綺麗!
今度はもっとカッコ良く撮りたいなぁ…やっぱり一眼持ってくかな…
f0021369_085757.jpg

スウェーデンヒルズの丘の上にある火〜木曜が定休日のパン屋さん、Du Pain Noahで休憩。
私の休みと重なってるので何度行っても食べられなかったのですが、やっとありつけました(^^)
大変美味しく頂きました〜♪(で、次に食べられるのはいつの事やら…)
f0021369_091467.jpg

f0021369_091090.jpg
(↑ひまわりバックだとツールドフランスみたいでしょ(^^))
残念ながら私はここでタイムアップ。
泣く泣く皆さんとお別れして、超アゲインストの風の中仕事へ戻りました。
結局3時間半、80kmのサイクリングでした。
やっぱりたくさんで走ると楽しいなぁ。
疲れをあんまり感じないのが不思議。
参加の皆様、楽しい時間をありがとうございました。
(坂は外す方向で)是非またお誘い下さい>皆様

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
by aki3man | 2011-08-03 23:02 | 自転車
←menuへ