<   2011年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

毎年この時期は庭で採れたぶどうを使ってワインやら100%ジュースやらを作ります。
ぶどうは一年おきに豊作と凶作(?)を繰り返すのですが、今年は凶作の年。
収穫量はそれほどでもなく(と言ってもパスタ用の大きめ寸胴鍋1.5杯分)ジュースも3Lくらいしか作れませんでした。

だから…と言う訳ではないのですが、最近凝って作っているのが「ジンジャーエール」
元々ジンジャーエールは大好きな飲み物で、下戸の私は飲み会でもウーロン茶かジンジャーエールばかり飲んでます。
ちょっと調べてみると割合簡単に自分でも作れるらしいので、試しに作ってみたところ、これがなかなか美味しい!

作り方は簡単。
水にすり下ろした生姜を入れ、砂糖とハチミツを加え、クローブとシナモンスティック、鷹の爪を入れてグツグツする事15~20分。火を止めてレモン汁を加え、ざるで濾したらジンジャーシロップの出来上がり。
これをソーダ水で5〜8倍に薄めたら、ガツンとくる超スパイシーな男のジンジャーエールになります。
f0021369_22111937.jpg

ウィルキンソンのジンジャーエールをご存知の方は、あれを3倍、いや5倍くらい辛くした感じ。
紅茶やミルクで割っても美味しい…らしいです(まだ試してない)
お酒に入れても美味しいんじゃないかな、分からないけど(^^;;
興味がある方はお試しを。
生姜は身体を温めるので、これからの時期には良いですよ。
そうそう、二日酔いにも効くので、忘年会が続くこの時期にはますます最適♪

<ジンジャーシロップ 約500cc分>
・生姜 200g
・砂糖 150g
・ハチミツ 50g
・水 200cc
・クローブ 6~8粒
・シナモンスティック 4本
・鷹の爪 2本
・レモン 2個


にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
さて、この一ヶ月であった数少ないイベントのお話。
11/11(Fri)に、札幌交響楽団のコンサートに行ってきました。
札響の演奏を聴くのは何年振りでしょう、かなり久し振り。ついでに会場のKitaraに行くのも、昨年の村治佳織以来。
今回聴きに行ったのはベートーベンのシンフォニー。
50周年記念イヤーに、尾高忠明音楽監督と札響が02年以来再び挑む「ベートーヴェン:交響曲全曲連続演奏会=ベートーヴェン・ツィクルス」。9月から12月までの4回の定期演奏会と、12月開催の「札響の第九」で、楽聖ベートーヴェンの全9曲の交響曲をお聴きいただきます。並行してレコーディングも行い、記念CDも制作する予定です。(札響HPより)

で、11日のプログラムは、交響曲第4番と第5番。
4番は知ってる方そうそう多くはないでしょうが、5番は知らない人はいない…ジャジャジャジャーン♪…そう「運命」
何度聴いたか分からない本当に大好きなシンフォニーですが、あまりにも有名に過ぎて、人前で聴くのが気恥ずかしい程。
壮大で重厚な曲ですので、聴く方もそれなりに気合いを入れて聴かなければならないですが、それに値するのは間違いない。逆に“俗っぽく”なっちゃったのが悲しい感じ。
ジャジャジャジャーンのイメージから重たく暗い曲と思われがちですが、決してそんな事はない希望に満ちた楽曲です。

一応ベートーベンの交響曲は全部持ってますが、ほとんど聴いた事が無かった4番をCDで予習。
「英雄」と「運命」に挟まれて少々地味な印象がありますが、聴き込むとなかなか通好みの曲。
もっとも私は“通”ぢゃないので…ははは。。。。

さて肝心の札響の演奏…っと、その前に、今回ゲットしたシートなのですが、初めてのステージの後側の席(P席)
前から二列目のど真ん中。
f0021369_1151618.jpg
(ここ↑安いんです、とっても(^^;;)
座ってみると指揮者の表情がよく見えそうだし、楽譜の書き込みまで見えますが…

4番は管が難しそうなフレーズが随所にありますが破綻しそうな雰囲気すらなく(当り前…でもないんです、結構プロのオケでも破綻する事ありますから)安心して聴く事ができました。
非常に丁寧で美しい演奏でした。
肝心の5番。
尾高さんのジャジャジャジャーンは思ったよりも短くスピーディ。
第三楽章もシャープな演奏で現代的な解釈に感じました。(帰ってきてから家のバーンスタイン盤を聴いてみたら、今までよりも古くさく聴こえちゃいました、不思議なものです)
第二楽章は限りなく美しく、第三楽章最後の緊張から第四楽章へと開放される部分は感動的。
今まではもう少しねっとりした(^^)演奏が好きでしたが、こう言う演奏も悪くないなと思わせてくれる、とてもいい演奏でした。

ただ…P席は…本来奥からコ〜〜ンと飛んで聴こえて来るハズの金管が足元から沸き上がってくるのが気持ち悪いし、ティンパニも回り込んで聴こえてくるような不自然さ。
音の出所は近いのに全然近くから聴こえてこない…視覚からは迫力のある映像が確認できるのに実際に聴こえる音はその迫力を感じない…不思議で奇妙な感覚。
語弊があるのを承知で言えば、高級なオーディオシステムで聴いた方が臨場感があるかも…そう思うような聴こえ方でした。
やっぱりフロント側から聴かなきゃダメだって事が分かったので、良い勉強になったと言う事で(^^;;

それでも久し振りにベートーベンに首まで浸かり心地良い時間を過ごす事ができましました。
勢い余って、来月の第九まで申し込んじゃったとさ(^^)v
第5番を「運命」と呼ぶのも、年末に第九を聴くのも日本だけですが、そんな事は気にせず良い音楽に身を委ねられる幸せを甘受したいと思います。


にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
by aki3man | 2011-11-22 23:03 | ライブ
しばらく更新してないなぁ…と思ったら、ちょうど一ヶ月さぼってたみたいで。。。
もっともその間、何か書くようなイベントがあったかと言うとそれ程でもなく。

椎間板ヘルニアは快方に向かう気配はなく、鍼灸に行っても行った数日はちょっと良いけど、行かないと元通りと言う状態。
それでも薬は少しずつ減らしていて、それでも何とか生活できる状態なので、まぁ焦らず治していきたいと思います。

数少ないイベント、先月の22日に「いとこ会」と言うものを開催しました。
母方のいとこは全部で25人もいるのですが、なかなか一堂に会する機会はなく、すっかり没交渉になっているいとこも多いので(と言うか、ほとんどのいとこと連絡を取ってない状態)一度「いとこ会」を開催したいと常々思っていました。
半分が首都圏、半分が札幌と旭川在住なので、今回は札幌で開催。
残念ながら思ったより集まってもらう事ができませんでしたが、それでも東京からも駆けつけてくれたいとこもいて懐かしい顔に会う事ができました。
一番上の叔父(元近衛兵で、御年95歳)が元気な姿を見せてくれたのも嬉しかったです。
今回は7/25の参加でしたが、出欠のハガキには「次回は必ず参加します!」と言う言葉か書き加えられていて、今から次回の開催が楽しみ。
たくさんのいとこがいる事は、とても心強いし有り難い事だと思います。

ちなみに母の実家は現在、東川町の「キトウシ森林公園家族旅行村」の『生活体験の家』として元々あった場所から移動され保存、公開されています。
f0021369_035119.jpg

元々建っていた場所は「東川町の森  Polyphony Point」として様々なイベントが開催されているようです。
祖父の家や開拓した土地がこう言う形で残されてる事は嬉しいですし、また誇りに思います。


さて、他にこの一ヶ月であったイベントと言えば…それは別記事で。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
by aki3man | 2011-11-21 23:28 | 日常
←menuへ