<   2012年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「きたひろしまロードレース」の前日、カーボローディング気取って、晩ご飯のメニューは「丸亀製麺」
当日の朝食はバター入れないで焼いたパンと100%オレンジジュース。
会場にはエナジーゼリーとバナナを持って行きました。
15kmですから何食べても全然平気なんでしょうけど、それはホレ、気分的に…ね^^

なのにスタート前のプチオフ会的おしゃべりに夢中になって(この前の記事参照)バナナを食べ忘れてしまいました。
(で、目標タイム更新したんだから、やっぱり必要なかったって事ですな・・・)
折角買ってきたバナナですので、ダルにあげるのも勿体ないし、バナナスコーンを焼く事にしました。
普通のスコーンよりもサクサク感は無くなるけど、焼き上がりの甘い香りがたまらないのです。
発酵させないので短時間でできるし、簡単で失敗無いスコーンはパンに比べると楽ちん♪
今回も美味しく焼き上がりました〜
f0021369_2340591.jpg

飲み物は、庭で採れたぶどうを使ったジュース。
毎年たくさんの実をつけてくれるのですが、今年は特に豊作。
一年置きみたいですね。
水を加え鍋で煮て、砂糖を少し加え軽く濾す。最後にレモンを一絞り入れて完成。
色は良くないですけど、この時期しか飲めないフレッシュで美味しいジュースの出来上り。
ソーダで割っても美味です。
3時のおやつは自給自足な私でした^^
f0021369_2340799.jpg



にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
この前の日曜「きたひろしま30kmロードレース」と言うランニングイベントに参加してきました。
先月の「旭川ハーフ」に続いて二度目のレース。
ところが、その旭川ハーフ以降、アキレス腱や足の付け根(の外側)の痛みが引かず、ランニングを再開したのはやっと一週間前。
それも5km程度を2回だけ…さすがに不安で、ギリギリまで参加を迷っていました。
10km程走って様子をみてやっと出場を決めたのは金曜日の事でした。
f0021369_23381254.jpg
(駐車場は綺麗に紅葉していました)
旭川の時はこっそり一人で参加したのですが、今回は自転車仲間のでかつさんも参加なので安心です。
(でかつさん、旭川も出てたんですけど、私が内緒にしていたのでお互いにひとりぼっちでした、ごめんよ〜<でかっちゃん)

新しくなった体育館で受付し(この体育館のリニューアル記念大会だったんですね)前回の轍を踏まないように、重ね着したランシャツにゼッケンを付けストレッチしていたらでかつさん登場。
その大きな身体に隠れるように、やはり自転車仲間のGossyさんが!
びびってDNSしないようにスタートを見届け(てくれ)る魂胆か^^
自転車の400kmクラスのロングライドイベントを始め、北海道マラソンも完走している大先輩(私よりひと回り若いですが^^;;)のGossyさんに応援してもらえば完走は約束されたようなもの…な訳は無い…
いろいろとお話しさせてもらってると、自転車のヘルメットを被った素敵なカップルさんがでかつさんに話しかけてきました。
どなたかと思って伺ってみると、何と参加の前々日にブログにコメントさせて頂いたばかりのしぃさんご夫婦でした。ビックリ!
お二人ともとても素敵な方で、拙ブログも以前から見て頂いていたとの事。
こんな出会いがあると、細々でもブログを続けてきた甲斐があると言うものです。
スタート前に緊張する暇も無く楽しい時間を過ごさせて頂きました。

この日はとても風が強く気温も低め。しかも午後からは雨の予報…
こりゃまた遅い人程雨に当たる罰ゲーム的レースになる可能性が(>_<)
取りあえずでかつさんとスタート地点へ向います。
コースは何度も自転車で走っているエルフィンロード。
そうそう、私はでかつさんと同じく15kmの部です。
ハーフ走ったんだから次は30km…とも考えたのですが、30kmは15kmのコースを2周なので、同じ道を走るのが嫌いな私には精神的に無理。
「また同じ道走るのかぁ…」と思った途端テンション↓↓
できれば折り返しもしたくない、ワンウェイかグルッと周回コースがいいですね。

f0021369_23381525.jpg(←スタート前、余裕ぶっこいてます)
前回序盤でオーバーペースだったので、今回はペースに気を付けてのんびりスタート。
200〜300m程走った所ででかつさんと「次は折り返しで!」とお別れし、マイペースで進みます。
キロ5'45"程度で走る予定でしたが、往路はフォローの風に背中を押され、下りが始まる3km辺りからは5'10"くらいのペース。
コースの両脇の木々は程よく色付いていて、隣のランナーと「綺麗ですね〜」なんて話してみたり。
ほんと途中の紅葉は美しくて、その中を走るランナーのカラフルなシャツも印象的で、よっぽどポーチのiPhone引っ張り出して写真撮ろうかと思ったほど。
でもこの曇天では走りながらじゃ絶対にブレちゃうなぁ…足は止めたくないしなぁ…ピーカンだったら走りながらでも撮れたのになぁ…などと考えてるとこが、一応カメラマンの端くれみたい^^

今回のレース、ゼッケンが前だけで後ろに着いていないので、前のランナーのゼッケンのかけ算…と言う暇つぶしができないのが残念。
実はかけ算より、その番号が『素数』かどうか計算する事が密かな楽しみなのですが、いちいち振り返ってゼッケンを見せて頂く訳にもいかず…
それでも、きれいなおねーさんランナーを目標にするとペースが上がるのはいつも通り。
今回は特に、ほぼ同ペースで走ってくれた(いや、私の為にじゃないのは分ってますが)おねーさんのおかげで、随分助けられました。彼女は30kmでしたが^^;;

思ったよりもペースが落ちないまま折り返し地点。まだまだ余裕です。
折り返してからちょっと登り、しかもアゲインストでペースが落ちますが、それでも5'30"を切って随分と調子がいいみたい。
折り返して1kmちょっと走った所ででかつさんとハイタッチ!
でかつさんも笑顔です^^

12kmを過ぎた辺りから下り基調になり、思った程風の影響も無くまたペースが上がります。
アキレス腱は痛くないけど、靴の中に小石が入ってるような痛みが土踏まずにありますが、残りわずか、何とかなりそう。
当初の目標は85分(キロ5'40")で、あわよくば82分(キロ5'28")でゴールできれば良いなぁ…と思って走ってたので、このペースは計算外。
残り2kmの所でGarminのGPSウォッチを見ると『68』の数字が見えました。
(悲しい事に、老眼では肝心の秒数が読めない…
タイムは狙わず、ケガしないようにのんびり…と思ってたのに、おっさん、ちょっと欲を出して計算を始めました。
「って事はだ…68分1秒だったら、キロ6分で良いんだから楽勝で80分切りじゃん。んで、68分59秒だったら…キロ5分半以上で走らなきゃならないじゃないか!」
ん〜、今までで一番老眼が悲しかった瞬間。この不安な気持ちをどうしてくれよう…
残りは下りだし、罰ゲーム的降雨も無いし、取りあえずダッシュだ!
…あれっ、最後にこんな登りあったっけ??短いけど…
それでも頑張ってゴール。
すぐに記録証をもらってみたら『1:19:27』
おぉ〜〜、80分切っちゃった〜〜(^^)v

後でGPSデータを見てみたら、18km地点の記録は68分58秒でした…なはは。
これ、69って見えてたら最後頑張れなかったかもしれない。
上がり2kmはキロ5'16"で走ってました。
気持ちって大事なもんですね。
今回は最後までキロ6分どころか、キロ5分半を越えずに走れたので充分満足のレースでした。
まぁ前回より距離短いけどね。

f0021369_154896.jpg走り終えて体育館に戻り、預けてあった荷物を受け取り、ソックスを脱ぎ足の裏を見ると、土踏まずに水膨れ(;_;)
小石じゃなく何かがぶつかってたみたい、よく調べてみなきゃ。
痛い足を引きずりゴール地点へ戻ったら、ちょうどでかつさんがゴール!
でかつさんも目標タイムを大幅に更新したらしく「復路の方がアゲインストなの楽だった〜♪」と言ってました(の割にはヤラレた顔してましたが…なぁんて^^;;)→

今回のイベント、参加人数も少ないし全体にゆるい感じでしたが、スタッフ(ボランティア?)さんのホスピタリティと言う点では、ちょっと残念だったかも。
旭川も河川敷と言う事で一般の応援が少なかったですが、スタッフさんは皆「頑張れ〜」と声をかけてくれていました。
今回は狭いサイクリングロードで、一般の応援は皆無。なのに各所にいるスタッフさんは誰一人として声援を送ってませんでした。
強風と寒さの中ずっと立っているスタッフさんには頭が下がりますが、やっぱりちょっと寂しい…
声援はiPhoneに繋がったヘッドセットから聞こえてくるRuntasticでの声援だけ。
(FBで「いいね!」を押すと、リアルタイムで「ウォ〜〜!」と声が聞こえるのです)

それと給水。3kmちょっとで最初の給水だったので「まだ早いわ」…と、口を濡らしただけにしたら…折り返してゴール3kmちょっと前(要は同じ場所)まで無しだったのね…30kmの人にはこれでいいのか。。。

まぁそんなこんなで、無事完走してきました。
自転車のイベントにも出た事無いのに、今年は二回もランニングイベントに出る事ができてほんとに良かったです。
これから冬場しっかりトレーニングして来春のイベント…ランニングか自転車か…に出たいものです。

今回の戦利品。
f0021369_2338249.jpg
かぼちゃとタマネギときたあかり。あっ、それと長T。


にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
二日目、3時に目を覚ましテントを出てみると、空には雲一つない…いや見えない?…好天。
急いで洗顔と歯磨きを終えると、前日のうちに用意してあったリュックを背負い、キャンプ場のすぐ横の登山口から登山開始です。
新月で真っ暗なこの日、頼りはヘッドライトの灯りだけ。
これじゃペースが落ちるだろう…と思いきや、いつものように写真を撮らない分スタスタ登っちゃいます^^;;
急な坂も高い段差もなく迷い様もない非常に登りやすい登山道のおかげで、スムーズに高度を稼ぐ事ができました。
途中、下界の灯りがポツポツ見えましたが、何せ元々が山の中、夜景と言う程の景色が見える訳でもなく黙々登るだけ。
予定より早く1時間半程で山頂近くまできました。
f0021369_0224372.jpg
真っ暗だった空も、いつしかほんのりと明るさを取り戻し始め、山頂の稜線と避難小屋のシルエットがハッキリと見えるようになっていました。そしてその上には輝く明けの明星も。

この山、初めて登った人は山頂に着いた瞬間、必ず「わぁ〜〜」と声を上げます。
山頂からは、それまで全く見えなかった羊蹄山の素晴らしい稜線が目に飛び込んでくるから。
初めて登ったT君も例外ではありませんでした。
先頭で登って行った彼の感嘆の声で「あっ、山頂に着いたんだな」と分かる程。
f0021369_0224659.jpg

日の出は6時ちょっと前ですので、まだご来光まで一時間程は山頂で過ごす事になるのですが、その時間が全然長く感じない程、刻々と変わって行く雄大で美しい景色に見とれてしまいました。
(ちょっとウソ、めっちゃ寒くて時々避難小屋に文字通り避難してました^^;;)
待っている間、以前使っていたiPhoneを使って、最近流行の「タイムラプス」動画を撮ってみました。
ちょっと設定を誤って滑らかじゃなくなってますが、刻々と変わる景色を見てみて下さい。
こちらにアップしてあります。
f0021369_022492.jpg
それにしても「蝦夷富士」の名に恥じない、本当に美しい稜線です。
日の出時間が近付くにつれ、少しずつ雲が上がってきて、肝心のご来光を拝めないかも…と心配しながらその時を待ちます。
f0021369_023795.jpg
雲には朝日が暖かい色を反射させ始めました。
f0021369_0231095.jpg
待つ事1時間、とうとう雲の合間から朝日が顔を出しました。
ガスったおかげで逆に神々しい朝日に見えました。
f0021369_0231329.jpg
日の出を待っていたかのように、その後あっという間に山頂は雲の中…一同避難小屋に退避して、温かい珈琲で暖をとる事に。
一休みしてまた外に出てみると…いつしかガスが抜けて、今度は素晴らしい雲海が広がっていました。
f0021369_0231695.jpg
本当に幻想的な景色で、眠い目を擦って頑張って登って、寒さに耐えて待ち続けた私達に神様がご褒美をくれたみたい…本当にそう思っちゃうくらい正に"神々しい"風景でした。
f0021369_0231953.jpg
その後、あちこちから雲が湧いてきて景色は一転…天気予報も下り坂と聞いていたので、急いで下山する事に。
下山後は朝から鍋で朝食(^^)暖まるぅ〜〜〜

雲は厚くなる一方でしたので急いで撤収し、キャンプ&登山と言えばデフォルトの温泉へ。
キャンプ所の目の前には「五色温泉」と言う、とってもお気に入りの温泉があるのですが、ニセコにはいくつも有名な温泉があるので、今回はちょっと離れた「雪秩父温泉」へ。
f0021369_0595231.jpg
隣には「大湯沼」と言う源泉沼があり、辺りは硫黄の匂いが漂う、これまた随分と(良く言えば)雰囲気のある温泉でした。
f0021369_0594763.jpg
(T君も満足そう^^↑)
温泉を出て帰路に着く頃には大粒の雨が…
翌日からは一気に寒波が押し寄せ、道内各地の山々は初冠雪を記録したとの事。
本当に「ここしかない」と言うタイミングで、最高のキャンプ&登山を楽しむ事ができました。
これで今年のキャンプは打ち止め(我が家は冬のキャンプはしません^^)
登山はどうかなぁ…本当は札幌近郊の山が綺麗に色付きでもしたら、もう一度くらい登ってきたいのですが、このまま紅葉しないで枯れちゃいそうな気配…
あと二週間ほど、ちょっと様子見ですね。

あっ、そうそう、キャンプにはダルちんも連れて行きました、山は登ってないけど。
ほとんど参加する事も無く、半分はハウスにいたのでちょっと可哀想でしたので、せめて写真だけ…って、写真もまともに撮ってないや^^;;
ごめんよ〜〜、そんな目で見ないで〜
f0021369_0232374.jpg


にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
今週の火・水曜日、いつもの仲間と以前から予定していた今年最後のキャンプに行ってきました。
今回はニセコキャンプとアンヌプリご来光登山を計画。
この時期のニセコはちょっと寒いでしょうけど、とても綺麗な紅葉を堪能できるはずですし、澄んだ秋の空気を満喫の予定。
もう7~8年、毎年行ってる大雪山系の紅葉登山を今年はキャンセルしたので、ニセコの紅葉を楽しみにしていました。

ところが今年は残暑が続いたせいで、例年より2週間ほど紅葉の進み具合が遅れてるようです。
しかも天気予報はここしばらく芳しくない…
まぁあまり期待せず、美味しい食事と気の置けない仲間と過ごす時間を楽しんできましょう…と出かけてきました。

私たち夫婦とカメラマン仲間のCちゃん、T君、Fちゃんの5人。
Fちゃんは仕事の都合で夜の部から参加。
まずはニセコの紅葉のメッカ、神仙沼を目指します。
f0021369_21534161.jpg
(T君・Cちゃん・妻↑)
f0021369_21535551.jpg

f0021369_2154648.jpg
例年通りだといきなり木道の入り口からツタウルシが綺麗なのに、やっぱり全然色付いてない…
色を探してレンズを向けても、やっとこの程度です。
f0021369_21535095.jpg

f0021369_21534481.jpg

f0021369_21541784.jpg

f0021369_215436.jpg
神仙沼からの景色もやはり例年に比べると全然ですが、それでも予想外の好天に恵まれたおかげでそれなりに素敵な景色^^
f0021369_2154070.jpg
折角ですので長沼にも足を延ばしました。
長沼は神仙沼に比べあまり見応えのある景色ではないしなぁ…と思っていたのですが、風になびいた草が美しく、荒涼とした景色はなかなか良かったです。
色付きにばかり気を取られていたら見逃しちゃいますね。
f0021369_21541442.jpg

f0021369_2154106.jpg
そんなこんなで散策を終えてからニセコアンヌプリ登山口にあるニセコ野営場へ。
想像はしていましたが、やはりキャンパーは私達だけ。
それどころか、まさかキャンパーが来るとは思わずさっさと帰り仕度をしてたらしい管理人さんに「キャッ、キャンプ??」「元気だね〜寒くないの?」と聞かれる始末^^;;
おかげでテントサイト下、管理東横にテントを張らせて頂けました。
風の影響を受ける上のサイトに比べ、炊事場は隣だしとても快適。
本当はNGなんでしょうが、許可して下さってありがとうございました。

今回のキャンプメニュー、いつものローストチキンではなくチキンレッグのスープカレーにしようと決めていました。暖まるしね。
f0021369_21542432.jpg
で、DOでチキンを焼いたらスープに入れるのが勿体なくなっちゃって、結局別盛りに。
f0021369_21542718.jpg
いつもの事ながら、キャンプの食事は美味しい!!
すっかり炭の加減もDOに扱いにも慣れて、ここ数年失敗無しです。
キャンプはちょっと苦手。山登りなんて以ての外!…と言うインドアな方にこそキャンプの食事を食べさせてあげたいです。絶対食べたらハマるから^^
食事を終えた後、やっとFちゃんが到着。
「Fちゃんの分も残しておこうね」なぁんて言ってたのに、すっかり忘れて完食^^;;(ごめんね<Fちゃん)
f0021369_21543730.jpg


さて、今回のキャンプの最大の目的は「ニセコアンヌプリ山頂から羊蹄山越しにご来光を見る!」事。
しかし当初天気が微妙だった(と思ってた)ので、半分諦めていました。
それがどうした事か^^夜中になっても雲が出てくる気配無し。
目を凝らすと天の川も見えました。
こりゃご来光も可能性が出てきたぞ〜
f0021369_21543158.jpg

f0021369_21543476.jpg

ちなみにこの時の気温、おそらく5〜6度。
フルクローズのスクリーンタープの中はそれなりに暖かかったのですが、外は息が白いどころの寒さじゃなかったです。
こんなに寒いのに例年より紅葉が遅い…何だか晩夏から秋を飛ばして一気に初冬って感じです。

と言う訳で、楽しい語らいの時間もそこそこに、取りあえずさっさと寝ることにしました。
明日(?)は3時起床、3時半登山開始です。

(二日目へと続く)

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
ここ数日急に寒くなってきて、駆け足どころかダッシュで秋がやって来た感じですね。
体調崩したりしてませんか?

北海道の自転車シーズンはもう少し(いや、冬でもMTB乗ってる方は多いですけど、私は今のところご遠慮組なので^^)
最近はランニングが多く自転車に乗ってなかったので、休みを待ちかねて慌てて乗っくる事に。
休みの前日まで連日好天だったのに、休みの水曜日は朝から曇天…
まぁ雨の心配はなさそうなので、エガちゃんスタイルで出かけました。
f0021369_23572158.jpg

家から5分も走れば牛さん達に出会えます。
これからのシーズン、牛乳は脂肪分が増えてコクが増し美味しくなりますね。

江別から地味なCRが始まってるのですが、ほとんど使われていないので、道は荒れ放題。
年間の走行車数、絶対二桁だろうな…さすがに、んな訳ないか^^;;
途中立派な栗の木があって、CR上にイガイガがたっくさん。
f0021369_2357166.jpg

踏んでパンクしちゃったら笑えないですけどね。

豊平川CRに入ってからは気持ち良く走れましたけど、黙々走ってたらあっというまに南端まで着いちゃいました。
家からたった25km。なのに何だかもう飽きてしまった…
やっぱり美味しいものが待ってるとか、綺麗な景色が見れるとかが無いとモチベイションが上がらない。
それらが全部無くても一緒に走る人がいたら全然違うんだろうけどね。
食事もしないでサッサと帰る事にしました。
そうそう、豊平川では60を過ぎていると思われるウェットスーツを着込んだおじさんが、ウェイクボードの様なボードに乗って練習していました。
それを見ているのは、やはりお年を召した方ばかり(あっ、私も似たようなもんか^^)
年齢に関係なく、チャレンジしている姿を見ると元気をもらいます。
f0021369_23571911.jpg

それにしても、一人で、しかも天気が良くないとこんなにテンションが上がらないもんかなぁ…
単純に寒いと楽しくないのかしら。

あっさり50km程で帰宅。
もっと天気が良い日…小春日和にラストランに出かけてこようっと。
今度は美味しいもの食べに^^
(写真はiPhone5+HDR加工)

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
by aki3man | 2012-10-11 23:42 | 自転車
一昨日、初ハーフマラソンに出場してみました。
結果は、無事完走!・・・ホッ^^

実は一月前からエントリーはしていたのですが、休みが取れるかどうかもちょっと心配だったのと、何より完走する自信がなかったので誰にも内緒でした。
ここ数ヶ月、それなりに走り込んだおかげで、20km程なら何とか走りきれるかも…と言う自信がついてきた矢先、右足のアキレス腱・足の付け根と二カ所も痛みが出てきて、周りは口を揃えて「無理せずランニングは休みましょう」とのアドバイス。そりゃそうです、もっともなお話。
自分でもかなり心配になって、最後の一週間は5km走っただけ(で、その時もやっぱり痛かった)

年内に一度、ハーフを走りたいと思ったのが8月中旬、それから申し込み可能で休みが取れそうな日程の大会を探したら、たまたま見つけたのが旭川。
妻の実家が旭川なので勝手にお世話になる事を決めて^^義妹に送迎を頼んだは良いけれど、本番が近付くにつれ自信が無くなってきて泣きそうでした、ほんと。
しかも数日前からの天気予報は…雨…
DNFどころかDNSも頭に入れて、一応前日旭川入りしました。

さて当日、天気は曇りながら雨の気配はほとんど無し。予報も正午頃にパラつく程度との事。
足は相変わらずだけど、リタイヤしてもいいや、だってパンフレットにはスタートラインに立った者、全てが勝利者だ。って書いてあるもん。行くだけ行ったら参加賞のTシャツはもらえるし…そう思って会場へと足を運びました。

何せこう言うイベント、自転車も含めて一度も出た事無しな私は、どう言う感じなのか全然分からない。
周りは全員速そうな人に見えるし(いや、実際ほとんど自分より速いんだけど)何して時間つぶせば良いのか分からんし、ゼッケンの付け方も分からんし^^;;
そう、会場まで車で送り迎えしてもらえる事に甘えて、走る格好のまま着替えも持たずに会場入りして、ゼッケンを渡されたは良いけど、どうやって自分で付けるの??
会場で上半身裸になり付けてる人もいたけど、私は人様にお見せできる様な身体してないので、前を付けて、袖から手を抜いてぐるっと前後ろ入れ替えて背中側を自力で付けると言う力技。
ヨシヨシ…と思ったらゼッケンには小さく背中用。。。後ろ前に付けてました。
基!また付け直し・・・早目に来てて良かったわ…
f0021369_0463956.jpg
(ゲストランナーの千葉真子さんがおばちゃんに囲まれてました↑左にはドナルド君も)

それでも何とか準備も終え、入念にストレッチ・軽くトラック3週程走って身体を温めスタートラインに。
早目にスタートラインについたおかげで、随分と前の方でスタートする事になったみたい、選んだ訳じゃないんだけど。
ランニングウォッチのスタートボタンに手をかけて号砲を待ちます(ここだけアスリート気分^^)
そうそう、Garminのランニングウォッチの他に、iPhoneのランニングアプリも動かし片耳のヘッドセットで1km毎のペースを教えてもらいながら走る事にしていました。
だって、ランニングウォッチの小さい方の文字(ラップタイム・距離)老眼で読めないんだもん(;_;)
f0021369_0435970.jpg

トラックを3/4周走ってからコースへ。
川沿いのサイクリングロードと堤防の上の道を往復する平坦で走りやすいコース。
1km目のペースはバタバタして(見)聞き逃したのですが、ヘッドセットから流れてきた2km通過のタイムとペースを聞いてビックリ。
練習でも走った事のない4分/km台の超オーバーペース!
ついつい引っ張られて最初はオーバーペースになるよ〜と皆から聞いてはいたけど、こんなに速くなっちゃうとは。
慌ててペースダウン。「ゆっくりゆっくり」とつぶやきながら5km位まで。
で、実はこの辺りで「何でこんなの出ちゃったんだろ。無理せず10kmにしておけばもう半分なのに」「足痛い事言ってあるからDNFでも笑われないよな」とか、超〜ネガティブな想いを背負って走ってました。

オーバーペースに気付いてペースダウンした2km過ぎから、私が抜いたランナーは10数名。抜かれた人数、おそらく数百人、いや千人くらいかも、ほんとほんと。
あまりに抜かれるので自分の後ろに走ってる人いるのか心配になってきたのですが、振り返る勇気も出ず…
折り返し地点で往路を走るランナーが思った以上にいるのを見て一安心^^
なんとかかんとか10km過ぎのその折り返しを回った辺りからパラパラと雨が。。。
それでも気にする程の降りではなかったのですが、この頃からジワジワと足に痛みが。
それも予想していたアキレス腱ではなく膝が。
今まで膝は痛んだ事がなかったのですが、おそらくアキレス腱をかばってるうちにバランスを崩していたんだと思います。
膝の次は太もも、次は付け根…と、だんだん痛みは上へ。
15kmを越えた辺りからは膝が痛くて、ちょっとの登りでも足を引きずる感じ。
しかも17km辺りからは雨が本降りになって泣きっ面に蜂。

この後の事は良く覚えていなくて、気付いたら随分前にスタートした陸上競技場が見えてきていました。
このコース、フラットで走りやすいのは良いけれど、所詮河川敷、応援の人がもの凄く少なくて、たまにいても歴史の浅い大会(今回が第4回目)の悲しさか、皆さん知り合いを捜すのに一所懸命で、見ず知らずのおっさんランナーにはあまり声を掛けてもらえない。
そんな中、特にペースが上がらない復路の数少ない声援は本当に力になりました。
声援を受けた瞬間はきっとキロ4分台^^
足が痛いだけで息が上がっている訳ではなかったので、声援には必ず「ありがとうございます」と応える事を自分に科して走りました。
あっ、それと給水コップはゴミ箱に入れる事と。アマチュアランナーはアマチュアランナーらしく…ね。

走ってる途中、前を行くランナーのゼッケンの数字をかけ算して暇つぶししたり、ターゲットランナーを見つけて着いて行き、置いていかれると「はいターゲット変更〜〜!!」と心の中で叫び、綺麗なおねーさんランナーに抜かれるとその時だけはちょっと頑張って着いて行ったり(でもすぐ置いていかれる)まぁいろいろ考えながら走るのですが、何が悲しいって、前を行くヨレヨレのおじさんランナーを見つけ「あのおじさんはすぐ抜けるわ、ヨレヨレじゃん」と思った割にいつまで経っても距離が縮まらず「もしかして自分もあんな風に見えてる訳?」って気付く瞬間の切ない事ったら…(悲)

そんなこんなで無事(か?本当に)ゴール。
ゴールの時が一番のザンザン降りでした。
ヘロヘロの割にちゃんとランニングウォッチのストップを押す事は忘れず(だってこれがしたかったんだもん)
で、タイムは
2:05:09
できればハーフで2時間切りたかったですが、20km通過タイムは1:58:11と2時間切れましたし、取りあえず現実的な目標としていた2時間10分を切れたので充分満足。
走ってる間は後悔していましたが、これを書いている今は「楽しかったな、また頑張ろう!」なぁんて思っています。
でも…今日は階段を上るのも一苦労で、ちょっと身体の不自由な人になってたのは内緒^^;;

帰ってきてGarminのデータを見てみたら、11kmまではキロ5分台半ばだったのに後半はずっと6分台。
足の痛みのせいで遅くなったのはもちろんですが、その足の痛みは走り方の問題と、単純に筋力不足に起因していると思います。
要するにペースダウンは故障のせいではなく実力不足って事です。
冬場、しっかりトレーニングを積んで来年は2時間切れるように頑張りたいです。
f0021369_0455383.jpg

雨のせいでぐちゃぐちゃの完走記録証、ちょっと愛おしい。
宿泊〜送り迎え〜食事と至れり尽くせりの義親&義妹に多謝。
また来年もよろしくお願いします^^

さて、次は今月末の北広1015kmだ!
f0021369_22535271.jpg


にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
←menuへ