<   2013年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

村上春樹の新刊『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』が発売されたんですね。
私は特別ファンではないので、気になれば文庫になってから読む程度。
『1Q84』は文庫化されたけど未読。
『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ノルウェイの森』辺りまでは結構読んだかな。
俗っぽいと言われても『ノルウェイの森』は結構好き。

今回のは内容はさておき、登場人物の名前が気になってます。

赤松慶
青海悦夫
白根柚木
黒埜恵里

主人公以外の4名は赤・青・白・黒の色が付く名前。
(だから『色彩を持たない多崎つくると…』ってタイトルなんでしょうし)
この4色、ご存知の方も多いと思いますが「四神」と言って方角を表した神様の名前の色。大相撲の「赤房下〜」とか言ってるあれですね。
赤=朱雀=南 青=青竜=東 白=白虎=西 黒=玄武=北

大学生の頃、村上春樹とよく似たテイストを持つ作家、庄司薫を愛読していました。
その庄司薫の代表四部作が、
『赤頭巾ちゃん気をつけて』
『さよなら快傑黒頭巾』
『白鳥の歌なんか聞えない』
『ぼくの大好きな青髭』
やはりこの四色をモチーフにしていました。
この四部作で「四神」って言葉を覚えました。
大好きな四部作と同じ四色の名前が出てくるって言うだけかもしれないけど、今回の村上新刊は読んでみようかな。
それより、庄司薫を読み返そうかな。
久し振りに「薫ちゃん(主人公の名前)」に逢いたくなっちゃったし。

庄司薫に興味を持った時には『白鳥…』までは既に上梓されていて、リアルタイムで読んだのは『…青髯』だけでした。
新刊を待つ楽しさを教えてくれた初めての作家・作品群だったのを覚えています。
30年前に読んだ本が、今(しかもKindleで)読み返してどう感じるんだろう。

調べてみたら、一番読みたかった『白鳥…』だけがKindle化されていないみたい、残念。
(中央公論の『白鳥…』の装丁は奥さまの中村紘子さんがイラストを書かれていました)
取りあえず『…青髯』をDLしたので早速読んでみようっと。

あっ、村上新刊は…やっぱり文庫化まで待つ事にします、多分^^;;


にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
by aki3man | 2013-04-12 12:34 | 日常
今日と書きましたが、今日に限らず空いた時間でパンを焼く生活がすっかり板に付いてきました。
ほとんどはコネと一次発酵までをHBに任せちゃうので簡単簡単。
クックパッドを参考に、自分でちょこちょこアレンジしながら作ってます。

最近は全粒粉を混ぜたハード系パンがお気に入り。
バターや牛乳をあまり使わない素朴な味だけど、焼きたてじゃなくても美味しいし食べ飽きないです。
まずは抹茶大納言。
抹茶の苦みと小豆の甘さが程よく、まさに日本のパンって感じ。
f0021369_1601229.jpg

今回は小麦粉をフランスパン等によく使われるリスドールに代えてドライフルーツミックスを入れて焼いてみました。
ドライフルーツの甘みがちょうど良いアクセント。
f0021369_15584194.jpg

もうちょっとパリッとさせても良かったかな。
クープも失敗だし、リベンジしなきゃ。

たまに趣向を変えて、コーンミールを使ったイングリッシュマフィンを。
f0021369_1665494.jpg

シンプルな味なので、半分に切って間にベーコンと目玉焼きを挟んで食べました。
朝食パンには最高。

そして今日はあんパンを。
生地作りの際に塩の量を間違えちゃって、ちょっとしょっぱ目になっちゃいましたが、あんパンには合っていたかも。怪我の功名?^^;;
f0021369_167368.jpg

f0021369_16105973.jpg

今日は休みなので午前中から作り始められましたが、いつも夕食後に作り始めるので、焼き上がるのが夜中。
やっぱり焼き上がりを食べたいので、つい夜中にパクッ。これはマズいなぁ(いや、美味しいんだけど)夜じゃ写真も窓からの自然光で撮れないし。
でも…やっぱり止められないんですよ、楽しいパン作り^^

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
←menuへ