二日目、3時に目を覚ましテントを出てみると、空には雲一つない…いや見えない?…好天。
急いで洗顔と歯磨きを終えると、前日のうちに用意してあったリュックを背負い、キャンプ場のすぐ横の登山口から登山開始です。
新月で真っ暗なこの日、頼りはヘッドライトの灯りだけ。
これじゃペースが落ちるだろう…と思いきや、いつものように写真を撮らない分スタスタ登っちゃいます^^;;
急な坂も高い段差もなく迷い様もない非常に登りやすい登山道のおかげで、スムーズに高度を稼ぐ事ができました。
途中、下界の灯りがポツポツ見えましたが、何せ元々が山の中、夜景と言う程の景色が見える訳でもなく黙々登るだけ。
予定より早く1時間半程で山頂近くまできました。
f0021369_0224372.jpg
真っ暗だった空も、いつしかほんのりと明るさを取り戻し始め、山頂の稜線と避難小屋のシルエットがハッキリと見えるようになっていました。そしてその上には輝く明けの明星も。

この山、初めて登った人は山頂に着いた瞬間、必ず「わぁ〜〜」と声を上げます。
山頂からは、それまで全く見えなかった羊蹄山の素晴らしい稜線が目に飛び込んでくるから。
初めて登ったT君も例外ではありませんでした。
先頭で登って行った彼の感嘆の声で「あっ、山頂に着いたんだな」と分かる程。
f0021369_0224659.jpg

日の出は6時ちょっと前ですので、まだご来光まで一時間程は山頂で過ごす事になるのですが、その時間が全然長く感じない程、刻々と変わって行く雄大で美しい景色に見とれてしまいました。
(ちょっとウソ、めっちゃ寒くて時々避難小屋に文字通り避難してました^^;;)
待っている間、以前使っていたiPhoneを使って、最近流行の「タイムラプス」動画を撮ってみました。
ちょっと設定を誤って滑らかじゃなくなってますが、刻々と変わる景色を見てみて下さい。
こちらにアップしてあります。
f0021369_022492.jpg
それにしても「蝦夷富士」の名に恥じない、本当に美しい稜線です。
日の出時間が近付くにつれ、少しずつ雲が上がってきて、肝心のご来光を拝めないかも…と心配しながらその時を待ちます。
f0021369_023795.jpg
雲には朝日が暖かい色を反射させ始めました。
f0021369_0231095.jpg
待つ事1時間、とうとう雲の合間から朝日が顔を出しました。
ガスったおかげで逆に神々しい朝日に見えました。
f0021369_0231329.jpg
日の出を待っていたかのように、その後あっという間に山頂は雲の中…一同避難小屋に退避して、温かい珈琲で暖をとる事に。
一休みしてまた外に出てみると…いつしかガスが抜けて、今度は素晴らしい雲海が広がっていました。
f0021369_0231695.jpg
本当に幻想的な景色で、眠い目を擦って頑張って登って、寒さに耐えて待ち続けた私達に神様がご褒美をくれたみたい…本当にそう思っちゃうくらい正に"神々しい"風景でした。
f0021369_0231953.jpg
その後、あちこちから雲が湧いてきて景色は一転…天気予報も下り坂と聞いていたので、急いで下山する事に。
下山後は朝から鍋で朝食(^^)暖まるぅ〜〜〜

雲は厚くなる一方でしたので急いで撤収し、キャンプ&登山と言えばデフォルトの温泉へ。
キャンプ所の目の前には「五色温泉」と言う、とってもお気に入りの温泉があるのですが、ニセコにはいくつも有名な温泉があるので、今回はちょっと離れた「雪秩父温泉」へ。
f0021369_0595231.jpg
隣には「大湯沼」と言う源泉沼があり、辺りは硫黄の匂いが漂う、これまた随分と(良く言えば)雰囲気のある温泉でした。
f0021369_0594763.jpg
(T君も満足そう^^↑)
温泉を出て帰路に着く頃には大粒の雨が…
翌日からは一気に寒波が押し寄せ、道内各地の山々は初冠雪を記録したとの事。
本当に「ここしかない」と言うタイミングで、最高のキャンプ&登山を楽しむ事ができました。
これで今年のキャンプは打ち止め(我が家は冬のキャンプはしません^^)
登山はどうかなぁ…本当は札幌近郊の山が綺麗に色付きでもしたら、もう一度くらい登ってきたいのですが、このまま紅葉しないで枯れちゃいそうな気配…
あと二週間ほど、ちょっと様子見ですね。

あっ、そうそう、キャンプにはダルちんも連れて行きました、山は登ってないけど。
ほとんど参加する事も無く、半分はハウスにいたのでちょっと可哀想でしたので、せめて写真だけ…って、写真もまともに撮ってないや^^;;
ごめんよ〜〜、そんな目で見ないで〜
f0021369_0232374.jpg


にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
今週の火・水曜日、いつもの仲間と以前から予定していた今年最後のキャンプに行ってきました。
今回はニセコキャンプとアンヌプリご来光登山を計画。
この時期のニセコはちょっと寒いでしょうけど、とても綺麗な紅葉を堪能できるはずですし、澄んだ秋の空気を満喫の予定。
もう7~8年、毎年行ってる大雪山系の紅葉登山を今年はキャンセルしたので、ニセコの紅葉を楽しみにしていました。

ところが今年は残暑が続いたせいで、例年より2週間ほど紅葉の進み具合が遅れてるようです。
しかも天気予報はここしばらく芳しくない…
まぁあまり期待せず、美味しい食事と気の置けない仲間と過ごす時間を楽しんできましょう…と出かけてきました。

私たち夫婦とカメラマン仲間のCちゃん、T君、Fちゃんの5人。
Fちゃんは仕事の都合で夜の部から参加。
まずはニセコの紅葉のメッカ、神仙沼を目指します。
f0021369_21534161.jpg
(T君・Cちゃん・妻↑)
f0021369_21535551.jpg

f0021369_2154648.jpg
例年通りだといきなり木道の入り口からツタウルシが綺麗なのに、やっぱり全然色付いてない…
色を探してレンズを向けても、やっとこの程度です。
f0021369_21535095.jpg

f0021369_21534481.jpg

f0021369_21541784.jpg

f0021369_215436.jpg
神仙沼からの景色もやはり例年に比べると全然ですが、それでも予想外の好天に恵まれたおかげでそれなりに素敵な景色^^
f0021369_2154070.jpg
折角ですので長沼にも足を延ばしました。
長沼は神仙沼に比べあまり見応えのある景色ではないしなぁ…と思っていたのですが、風になびいた草が美しく、荒涼とした景色はなかなか良かったです。
色付きにばかり気を取られていたら見逃しちゃいますね。
f0021369_21541442.jpg

f0021369_2154106.jpg
そんなこんなで散策を終えてからニセコアンヌプリ登山口にあるニセコ野営場へ。
想像はしていましたが、やはりキャンパーは私達だけ。
それどころか、まさかキャンパーが来るとは思わずさっさと帰り仕度をしてたらしい管理人さんに「キャッ、キャンプ??」「元気だね〜寒くないの?」と聞かれる始末^^;;
おかげでテントサイト下、管理東横にテントを張らせて頂けました。
風の影響を受ける上のサイトに比べ、炊事場は隣だしとても快適。
本当はNGなんでしょうが、許可して下さってありがとうございました。

今回のキャンプメニュー、いつものローストチキンではなくチキンレッグのスープカレーにしようと決めていました。暖まるしね。
f0021369_21542432.jpg
で、DOでチキンを焼いたらスープに入れるのが勿体なくなっちゃって、結局別盛りに。
f0021369_21542718.jpg
いつもの事ながら、キャンプの食事は美味しい!!
すっかり炭の加減もDOに扱いにも慣れて、ここ数年失敗無しです。
キャンプはちょっと苦手。山登りなんて以ての外!…と言うインドアな方にこそキャンプの食事を食べさせてあげたいです。絶対食べたらハマるから^^
食事を終えた後、やっとFちゃんが到着。
「Fちゃんの分も残しておこうね」なぁんて言ってたのに、すっかり忘れて完食^^;;(ごめんね<Fちゃん)
f0021369_21543730.jpg


さて、今回のキャンプの最大の目的は「ニセコアンヌプリ山頂から羊蹄山越しにご来光を見る!」事。
しかし当初天気が微妙だった(と思ってた)ので、半分諦めていました。
それがどうした事か^^夜中になっても雲が出てくる気配無し。
目を凝らすと天の川も見えました。
こりゃご来光も可能性が出てきたぞ〜
f0021369_21543158.jpg

f0021369_21543476.jpg

ちなみにこの時の気温、おそらく5〜6度。
フルクローズのスクリーンタープの中はそれなりに暖かかったのですが、外は息が白いどころの寒さじゃなかったです。
こんなに寒いのに例年より紅葉が遅い…何だか晩夏から秋を飛ばして一気に初冬って感じです。

と言う訳で、楽しい語らいの時間もそこそこに、取りあえずさっさと寝ることにしました。
明日(?)は3時起床、3時半登山開始です。

(二日目へと続く)

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
ここ数日急に寒くなってきて、駆け足どころかダッシュで秋がやって来た感じですね。
体調崩したりしてませんか?

北海道の自転車シーズンはもう少し(いや、冬でもMTB乗ってる方は多いですけど、私は今のところご遠慮組なので^^)
最近はランニングが多く自転車に乗ってなかったので、休みを待ちかねて慌てて乗っくる事に。
休みの前日まで連日好天だったのに、休みの水曜日は朝から曇天…
まぁ雨の心配はなさそうなので、エガちゃんスタイルで出かけました。
f0021369_23572158.jpg

家から5分も走れば牛さん達に出会えます。
これからのシーズン、牛乳は脂肪分が増えてコクが増し美味しくなりますね。

江別から地味なCRが始まってるのですが、ほとんど使われていないので、道は荒れ放題。
年間の走行車数、絶対二桁だろうな…さすがに、んな訳ないか^^;;
途中立派な栗の木があって、CR上にイガイガがたっくさん。
f0021369_2357166.jpg

踏んでパンクしちゃったら笑えないですけどね。

豊平川CRに入ってからは気持ち良く走れましたけど、黙々走ってたらあっというまに南端まで着いちゃいました。
家からたった25km。なのに何だかもう飽きてしまった…
やっぱり美味しいものが待ってるとか、綺麗な景色が見れるとかが無いとモチベイションが上がらない。
それらが全部無くても一緒に走る人がいたら全然違うんだろうけどね。
食事もしないでサッサと帰る事にしました。
そうそう、豊平川では60を過ぎていると思われるウェットスーツを着込んだおじさんが、ウェイクボードの様なボードに乗って練習していました。
それを見ているのは、やはりお年を召した方ばかり(あっ、私も似たようなもんか^^)
年齢に関係なく、チャレンジしている姿を見ると元気をもらいます。
f0021369_23571911.jpg

それにしても、一人で、しかも天気が良くないとこんなにテンションが上がらないもんかなぁ…
単純に寒いと楽しくないのかしら。

あっさり50km程で帰宅。
もっと天気が良い日…小春日和にラストランに出かけてこようっと。
今度は美味しいもの食べに^^
(写真はiPhone5+HDR加工)

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
# by aki3man | 2012-10-11 23:42 | 自転車
一昨日、初ハーフマラソンに出場してみました。
結果は、無事完走!・・・ホッ^^

実は一月前からエントリーはしていたのですが、休みが取れるかどうかもちょっと心配だったのと、何より完走する自信がなかったので誰にも内緒でした。
ここ数ヶ月、それなりに走り込んだおかげで、20km程なら何とか走りきれるかも…と言う自信がついてきた矢先、右足のアキレス腱・足の付け根と二カ所も痛みが出てきて、周りは口を揃えて「無理せずランニングは休みましょう」とのアドバイス。そりゃそうです、もっともなお話。
自分でもかなり心配になって、最後の一週間は5km走っただけ(で、その時もやっぱり痛かった)

年内に一度、ハーフを走りたいと思ったのが8月中旬、それから申し込み可能で休みが取れそうな日程の大会を探したら、たまたま見つけたのが旭川。
妻の実家が旭川なので勝手にお世話になる事を決めて^^義妹に送迎を頼んだは良いけれど、本番が近付くにつれ自信が無くなってきて泣きそうでした、ほんと。
しかも数日前からの天気予報は…雨…
DNFどころかDNSも頭に入れて、一応前日旭川入りしました。

さて当日、天気は曇りながら雨の気配はほとんど無し。予報も正午頃にパラつく程度との事。
足は相変わらずだけど、リタイヤしてもいいや、だってパンフレットにはスタートラインに立った者、全てが勝利者だ。って書いてあるもん。行くだけ行ったら参加賞のTシャツはもらえるし…そう思って会場へと足を運びました。

何せこう言うイベント、自転車も含めて一度も出た事無しな私は、どう言う感じなのか全然分からない。
周りは全員速そうな人に見えるし(いや、実際ほとんど自分より速いんだけど)何して時間つぶせば良いのか分からんし、ゼッケンの付け方も分からんし^^;;
そう、会場まで車で送り迎えしてもらえる事に甘えて、走る格好のまま着替えも持たずに会場入りして、ゼッケンを渡されたは良いけど、どうやって自分で付けるの??
会場で上半身裸になり付けてる人もいたけど、私は人様にお見せできる様な身体してないので、前を付けて、袖から手を抜いてぐるっと前後ろ入れ替えて背中側を自力で付けると言う力技。
ヨシヨシ…と思ったらゼッケンには小さく背中用。。。後ろ前に付けてました。
基!また付け直し・・・早目に来てて良かったわ…
f0021369_0463956.jpg
(ゲストランナーの千葉真子さんがおばちゃんに囲まれてました↑左にはドナルド君も)

それでも何とか準備も終え、入念にストレッチ・軽くトラック3週程走って身体を温めスタートラインに。
早目にスタートラインについたおかげで、随分と前の方でスタートする事になったみたい、選んだ訳じゃないんだけど。
ランニングウォッチのスタートボタンに手をかけて号砲を待ちます(ここだけアスリート気分^^)
そうそう、Garminのランニングウォッチの他に、iPhoneのランニングアプリも動かし片耳のヘッドセットで1km毎のペースを教えてもらいながら走る事にしていました。
だって、ランニングウォッチの小さい方の文字(ラップタイム・距離)老眼で読めないんだもん(;_;)
f0021369_0435970.jpg

トラックを3/4周走ってからコースへ。
川沿いのサイクリングロードと堤防の上の道を往復する平坦で走りやすいコース。
1km目のペースはバタバタして(見)聞き逃したのですが、ヘッドセットから流れてきた2km通過のタイムとペースを聞いてビックリ。
練習でも走った事のない4分/km台の超オーバーペース!
ついつい引っ張られて最初はオーバーペースになるよ〜と皆から聞いてはいたけど、こんなに速くなっちゃうとは。
慌ててペースダウン。「ゆっくりゆっくり」とつぶやきながら5km位まで。
で、実はこの辺りで「何でこんなの出ちゃったんだろ。無理せず10kmにしておけばもう半分なのに」「足痛い事言ってあるからDNFでも笑われないよな」とか、超〜ネガティブな想いを背負って走ってました。

オーバーペースに気付いてペースダウンした2km過ぎから、私が抜いたランナーは10数名。抜かれた人数、おそらく数百人、いや千人くらいかも、ほんとほんと。
あまりに抜かれるので自分の後ろに走ってる人いるのか心配になってきたのですが、振り返る勇気も出ず…
折り返し地点で往路を走るランナーが思った以上にいるのを見て一安心^^
なんとかかんとか10km過ぎのその折り返しを回った辺りからパラパラと雨が。。。
それでも気にする程の降りではなかったのですが、この頃からジワジワと足に痛みが。
それも予想していたアキレス腱ではなく膝が。
今まで膝は痛んだ事がなかったのですが、おそらくアキレス腱をかばってるうちにバランスを崩していたんだと思います。
膝の次は太もも、次は付け根…と、だんだん痛みは上へ。
15kmを越えた辺りからは膝が痛くて、ちょっとの登りでも足を引きずる感じ。
しかも17km辺りからは雨が本降りになって泣きっ面に蜂。

この後の事は良く覚えていなくて、気付いたら随分前にスタートした陸上競技場が見えてきていました。
このコース、フラットで走りやすいのは良いけれど、所詮河川敷、応援の人がもの凄く少なくて、たまにいても歴史の浅い大会(今回が第4回目)の悲しさか、皆さん知り合いを捜すのに一所懸命で、見ず知らずのおっさんランナーにはあまり声を掛けてもらえない。
そんな中、特にペースが上がらない復路の数少ない声援は本当に力になりました。
声援を受けた瞬間はきっとキロ4分台^^
足が痛いだけで息が上がっている訳ではなかったので、声援には必ず「ありがとうございます」と応える事を自分に科して走りました。
あっ、それと給水コップはゴミ箱に入れる事と。アマチュアランナーはアマチュアランナーらしく…ね。

走ってる途中、前を行くランナーのゼッケンの数字をかけ算して暇つぶししたり、ターゲットランナーを見つけて着いて行き、置いていかれると「はいターゲット変更〜〜!!」と心の中で叫び、綺麗なおねーさんランナーに抜かれるとその時だけはちょっと頑張って着いて行ったり(でもすぐ置いていかれる)まぁいろいろ考えながら走るのですが、何が悲しいって、前を行くヨレヨレのおじさんランナーを見つけ「あのおじさんはすぐ抜けるわ、ヨレヨレじゃん」と思った割にいつまで経っても距離が縮まらず「もしかして自分もあんな風に見えてる訳?」って気付く瞬間の切ない事ったら…(悲)

そんなこんなで無事(か?本当に)ゴール。
ゴールの時が一番のザンザン降りでした。
ヘロヘロの割にちゃんとランニングウォッチのストップを押す事は忘れず(だってこれがしたかったんだもん)
で、タイムは
2:05:09
できればハーフで2時間切りたかったですが、20km通過タイムは1:58:11と2時間切れましたし、取りあえず現実的な目標としていた2時間10分を切れたので充分満足。
走ってる間は後悔していましたが、これを書いている今は「楽しかったな、また頑張ろう!」なぁんて思っています。
でも…今日は階段を上るのも一苦労で、ちょっと身体の不自由な人になってたのは内緒^^;;

帰ってきてGarminのデータを見てみたら、11kmまではキロ5分台半ばだったのに後半はずっと6分台。
足の痛みのせいで遅くなったのはもちろんですが、その足の痛みは走り方の問題と、単純に筋力不足に起因していると思います。
要するにペースダウンは故障のせいではなく実力不足って事です。
冬場、しっかりトレーニングを積んで来年は2時間切れるように頑張りたいです。
f0021369_0455383.jpg

雨のせいでぐちゃぐちゃの完走記録証、ちょっと愛おしい。
宿泊〜送り迎え〜食事と至れり尽くせりの義親&義妹に多謝。
また来年もよろしくお願いします^^

さて、次は今月末の北広1015kmだ!
f0021369_22535271.jpg


にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
昨日、今日と連休だったのでキャンプに行く予定だったのですが、修理に出していた車が戻ってこず、代車のプリウスではダルちん連れてキャンプは無理になっちゃいました。
もっとも、昨日は大荒れの天気予報が出ていたので行かなくて正解だったみたい。

昨晩は結構な勢いで雨が降ってたので、今日もお出かけは無理かな…と思っていたのに、起きてみると素晴らしい青空!
家にいるのは勿体ないのでダルちん連れてドライブに行く事にしました。
さて行く事は決めたけど、どこに行こう…
で、どこに行くか迷った時の支笏湖^^
距離は程よいし今時期はキャンプ場はガラガラだし、なんたってロケイションは最高だしね。

いつものモーラップに着くと、やっぱりガラガラ。
他にはカヤッカーは3人いるだけ。
天気はちょっと下り気味で、風不死岳は見えるものの隣の樽前も恵庭岳も山頂は雲の中。
f0021369_2238535.jpg
(iPhone5のパノラマ撮影機能を使ってみました↑)
カヤッカーが舟を出したスキに、ダルちんはノーリードでお散歩です^^
f0021369_22381785.jpg

ここは来る度にマックの姿が見えるようです。
当時はカヌーにマックを乗せて沖へと漕ぎ出したものですが、ダルちんは水辺に行かないし、カヌーもないので散歩くらいしか楽しみがありません。
仕方ないので焼肉。
これが一番の目的だったりして^^;;
f0021369_22381474.jpg

札幌は午後からザーザー振りだったらしいですが、こっちは雨にあたる事も無くラッキー♪
久し振りにたっぷりダルちんを走らせてくる事ができました。
f0021369_2238995.jpg

f0021369_2238346.jpg

f0021369_22381274.jpg

いつ行っても支笏湖は楽しい。

まだ自転車で行った事が無く、度々お誘いも頂いているのですが、なかなかタイミングが合いません。
今年中には自転車で行ってきたいなぁ・・・


にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
一昨日、新しいランニングシューズを買いました。
今まで使ってたのは、春に半額で買ったアンダーアーマーのシューズ。
まだランニングが続くかどうか自信がなかったので、取りあえず「ランニングシューズ」と言う括りであれば何でもよかったので^^;;
(何にも知らずに買いましたが、取りあえずトレーニングには悪くはなかったと思います、クッションの割にとっても軽いし)

最近諸先輩にシューズに関して相談すると「ちゃんとしたショップで見てもらって、ちょっと良いシューズを買った方が良い」と皆さん口を揃えます。
それではと、3次元足型計測器があって走行診断・走行分析もしてくれるアシックスショップに行ってきました。
何度か行った事はあるのですが、何分シューズの前でウロウロしていても店員さんは全然声をかけてくれなくて、よっぽど「ランニングオーラ」が出ていないんだ…と凹んだ苦い経験があります^^;;
(ちなみに、スポーツショップでサイクリングウェアを見ていると「そちらは自転車用ですね(おじさんが着るもんじゃないよ)」と言われ、アウトドアショップでトレッキングシューズを見ていると「それは山登りする方向けですね」と言われ…スポーツオーラ無しな事は良く分かっております、とほほ)

と言う訳で今回は「ランニングシューズ下さい!!」と大きな声で言ってやろう…と思ってショップに行くと、とっても可愛い店員さんがすぐに「ランニングシューズですか?」と声をかけてくれました^^
もうこの時点で、ここで買うことに決定!
まぁそんな事はどうでも良いんですけど^^;;

ショップ内の3D計測器で足を計りトレッドミルで走行診断をしてもらって、いろいろとアドバイスを受けてきました。
分かってはいましたが、やっぱりすごい扁平足で、踵は太目。
右と左で随分違っていて、プロネーションも右はオーバー、左はニュートラル。
親指は左は外反、右は内反。
特別珍しくはないけれど、ちょっとバランスは悪いらしいです。
胸も張っていて良く腕も振れていてランニングフォーム自体はとてもきれいです…と褒められましたが、腰の上下が大きく無駄があるとの事。
ふくらはぎが張って、そこからアキレス腱が痛む…と言う悪循環は、蹴り上げ過ぎる(腰が上下する)ランニングフォームのせいらしいです、フムフム。
で、どうやって直せば良いんでしょ?

そんなこんなで、クッション性に優れてトレーニングに最適、スピードよりも完走を目指したマラソンに適したシューズ…NEW YORK…を選んできました。
まぁ半分はデザイン(色)で選んだんですけど^^;;
f0021369_22335355.jpg

ひと月後には来年モデルが出るらしいですが、それは仕方ないか…
一昨日、昨日と撮影で遅かったので、やっと先ほど7km程走ってきました。
私の様な素人でも分かる程クッション性は優れていて、普通の運動靴がアルミなら、まるでクロモリの自転車に乗ってるみたい。
当然その分パワーロスしている感覚もあって、スピードが欲しければ別のセレクトになるんだろうなぁ…と言う事が分かりました。
なぁんてね、偉そうに語れる程走っちゃいないんですけど^^;;

さて、来月休みが取れればランニングイベントに出てみようかと思っています。
それまでしっかりトレーニング積まなくっちゃ。
元取らなきゃならないしね^^

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
さて二日目。
翌朝、目を覚ますと昨日の雨がウソの様な強い日差し。
雲はまだ残ってましたが、気持ち良い天気。
f0021369_15262865.jpg

f0021369_15315967.jpg

f0021369_15321330.jpg

ダルちんも湖畔を気持ち良さそうに散策。
マックのように走り回る事はなくって、のんびりゆったり。
f0021369_15321179.jpg

f0021369_15321626.jpg

キャンプの朝はほんとに気持ち良いです。あっ、もちろん天気が良ければ…ですけどね。
f0021369_1531544.jpg

ここのキャンプ場は残念な事にチェックアウト時間が決められているので、朝食後急いで撤収。
朝天気が良いと撤収が楽ちん。
雨中の撤収は撤収自体も大変ですが、帰ってからテントやらタープやらを乾燥させなきゃならないのが面倒なんです。
今回は朝からの強い日差しのおかげであっという間に乾いちゃいました〜

天気も良いので樽前山に登る事にしました。
数年前、マックとダルを連れて樽前山の外輪山を歩きましたが、今回は途中までの予定。
で、行ってみたら…
登山口の駐車場の遥か下で車は進入禁止に。
山開き前に行って同じ目に遭った事ありましたが、今回は何故??
仕方なく延々3km程砂利道を登り駐車場に着いた所で原因判明。
数日前の大雨で駐車場直前の砂利道がえぐられてスタックの可能性あり。
まぁ仕方ないけど、この道のりは楽しく無さ過ぎです。

登山口から数分登れば「見晴台」と呼ばれる、支笏湖を見下ろせる素敵な場所に。
f0021369_15322832.jpg

ちょっと雲が垂れ込んできてましたが、やっぱり支笏湖は美しいですね。
ダルちんはと言うと、あんまり綺麗な景色に興味はないらしく、長過ぎる散歩にちょっとご機嫌斜めみたい。
こんな顔して訴えてました…
f0021369_15323393.jpg

ちょっとおだてれば、まぁこんな程度には機嫌戻ります^^
f0021369_15323122.jpg

これ以上登る事は諦めてさっさと下山。
何度か行ってる休暇村の温泉で汗を流し、テラスのハンバーガーが美味との噂を聞いた「水の謌」へ。

支笏湖温泉は駐車場が有料。
ただし温泉利用者は当然無料。
「水の謌」で(軽食だけど)食事をとるのだから駐車場は無料だと思ったら、ハンバーガーの人は有料駐車場に停めろと言われました。
これってひどくない??
ホテル施設利用者でも金額によって駐車場料金取るるわけ?
気に入らないので、一度休暇村に戻り(駐車場無料)そこから湖畔沿いにテラスへ。
天気も良いし気持ち良く歩けたから、まぁ良しとしましょ。
(でもやっぱりちょっと納得いかない)
ハンバーガーはとっても美味しくて、今度は他のも食べたいです。ちょっと高いけどね。
f0021369_15323523.jpg

一日目ちょっと雨には当たりましたが、二日目天気が良ければキャンプの印象はよくなりますね。
久し振りの美笛、楽しく過ごす事ができました。
やっぱり秋のキャンプは最高ですね。

雪がやってくるまでもう少し。
それまで紅葉狩り登山やキャンプを楽しみたいものです。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
先日の休み、支笏湖の美笛にキャンプに行ってきました。
美笛キャンプ場は我が家が初めてキャンプをした場所で、カヌーの進水式も(今は亡き)マックを初めて連れてきたのもここでした。
当時はまだ「キャンプ場」ならぬ「野営場」と言う雰囲気の、森に囲まれた穏やかで静かな場所でした。
それがちょうど10年前、台風で場内の木が倒れキャンパーが亡くなると言う事故があって、以来場内はきれいに整備され(すぎ)て、オコタンとポロピナイが閉鎖になった事も手伝い、今では夏休みや週末ともなると多くの若者や家族連れで賑わう、超メジャーなキャンプ場になってしまいました。

以前よりも木々が半分近く減ってしまった今でも、畔に車を乗り入れられ、美しい支笏湖と、その向こうに恵庭岳、風不死岳を望めるロケイションの素晴らしさは相変わらず。
秋の平日に行くには最高のキャンプ場です。

湖畔のキャンプ場はマックが大好きだったので(と言うか、マックがいた頃は湖畔以外のキャンプ場に行った事はないです^^)連れて行く事にしました。
f0021369_1454195.jpg

ダルちんは水が嫌いなので、折角の湖畔だけどイマイチ盛り上がりにかけます^^;;
天気予報は二日とも雨でしたが、幸い着いた時は曇り。
それでもいつ降り出してもおかしくない様な、超〜〜どんより空気。
f0021369_14544436.jpg

急いで簡単な昼食を作り済ませることに。
いつもはローストチキンやらパンやら、ダッチオーブンを使っていろいろ作るのですが、今回は面倒な事は止めてのんびりする予定。
それでもDOを使うとチャーハンも焦げ付かずパラパラで旨いんですよ^^
f0021369_14541056.jpg

昼食後、雨が落ちてくる前にちょこっとお散歩。
ここは巨木の森と言われるだけあって、樹齢数百年であろう木々が鬱蒼としています。
f0021369_14541559.jpg

f0021369_14542385.jpg

f0021369_14542718.jpg

エゾリスも見つけました。
f0021369_14544040.jpg

小一時間の散歩から戻ってくると、それを待っていたかのように雨・・・
それも結構な勢いで。
そうそう、やはり雨の予報のせいか、他のキャンパーは若者10人ぐらいのグループと、一人できていた女性、男性2人組、それと私達の4組だけ。
やっぱりキャンプは秋の平日に限ります^^

雨は止む気配も無く降り続けます。
スクリーンタープのおかげでそれ程不自由はしませんが、夜中にも降られ続けるとサイトには小さな川の流れができ上がっちゃうので、タープ(テント)周りに溝を掘り備える事に。
f0021369_14544767.jpg

夏と違って日が落ちるのが早いのがこの時期のキャンプの難点ですね。
炭を起こしさて食べましょう〜って頃には、すっかり暗くなっちゃってました、まだ7時前なのに。
今回の晩ご飯メニューはジンギスカン。
簡単で美味しい、北海道のキャンプでは定番メニューですな。
f0021369_14545123.jpg

鍋の横にあるのは椎茸。
バーターと醤油をちょこっと垂らして食べると美味しい。
で、残った炭を使って、来る途中で仕入れてきた朝もぎトウキビを焼きます。
皮のまま弱火でじっくり…蒸し焼きの要領で。
これはキャンプじゃなきゃなかなか食べられない食べ方ですけど、本当に美味しいですよ、おススメ!
ほら、ダルちんも食べたくてこんな顔しておねだり。
f0021369_1516545.jpg

(写真じゃ皮むいちゃってますけど、むかずに網の上でゴロゴロね)
食事が終わっても雨は降り続けます。
こりゃ夜中も降られるだろうな…と思いながら就寝。
f0021369_14545478.jpg

翌日に続く・・・


にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
例年になく残暑厳しい北海道ですが、気温に関係なく着実に日が短くなってきて、仕事を終えて急いで帰宅しても外は夕暮れ。
それから準備して自転車で走り出す気にはなかなか…
ライトを付けないと走れない時間帯は極力避けたい人なもので。

そんな訳で、平日仕事の後はできるだけ走るようにしています。
自転車よりも準備が簡単だしね。
ランニングは昨秋に始めたのですが、始めた途端ヘルニアを発症してしまい、昨年はほとんど走れず。
今年の春頃からまたぽちぽち走り出しました。
最初は5km走るのも大変で、走り出して1kmも行かないうちに「まだ4km以上あるんだ(;_;)」「今日は調子悪いから2kmにしちゃおうかな…」なぁんて思っていました。
走っている間も全然楽しくなんか無くて「早く走り終えたい!」の一心。
ただ走り終えた時の爽快感や達成感、そして滝汗だけが楽しみでした。
そんな感じでしたから週に1〜2度走るのがやっと。
距離も5kmで一杯。

ちなみに小中高とマラソン大会は常にTop10入りしていましたし、大学の体育祭の駅伝チームで走ったり、それなりに自信はありましたが、それは遠く遠くいずれも大昔の話・・・
だらだらと身体を動かさずに過ごした20数年のつけは大きく、思ったように身体は動きません。
そんな私でも10回20回と走っているうちに、気付けば10km程度は割合楽に走れるようになってきて、何より走っている間「気持ち良い〜」と思えるようになってきました。
自転車が気持ち良いのは乗る前から想像つきましたが、走っていて気持ち良いと言う感覚、学生時代に走っていた頃もなかった事で、自分でもちょっとビックリ。
ほとんどの人がそうだと思いますが、どっちかと言うと「キツイ・ツライ」事でしたしね。
昨今のマラソンブーム、ちょっとだけその訳が分かった気がしました。
今はだいたい1km/5m30〜40sペースでちょうど良いので、このまま距離を伸ばしハーフ2時間切るのが目標。
来年はフルに挑戦…なぁんて考えてますが、その為にはゆっくりしっかりトレーニングを続けていかなくちゃ。
巷には「3ヶ月でフルマラソン」なんて本もたくさん出ていますが、この歳でそれはちとキツイ(と言うか危ない)

登山とマラソン、ちょっと似ていますが、おそらく決定的に違うのは「マラソンにまぐれはない」ってことかと。
マラソンは充分にトレーニングして、しっかり準備をしなければ完走できないだろうなぁって思います。
登山はしっかりとした準備は必要ですが、逆に言うと準備だけしっかりしておけば、誰でもそこそこの山には登れます。
自転車のロングランもどちらかと言うと登山に近い感覚。
そっか、途中で(ゆっくり)足を止められるかどうかの違いなのかな。

自転車のシーズンは長くないので、天気が良ければ休日はできるだけ自転車に乗りたいですが、平日はランニングを続けていきたいです。
ただ…無理して走った訳ではないのですが、最近足の付け根(の外側)や膝に違和感が。
スポードをあげて走るとアキレス腱が痛む事は時々あるのですが、しっかりストレッチをすればこれは大丈夫そう。
足の付け根の違和感はちょっと心配だなぁ。
自転車で100〜200km走ってもこんな事はないのになぁ。
無理して故障しない程度に頑張る事にします。

f0021369_13531016.jpg



にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
もう8月も終わると言うのに、こんなに暑い日が続くなんてどうかしてますね。
いつもならお盆を過ぎると急に朝晩はひんやりしてくるのに。
でも元々夏が短い北海道、その
暑さを甘受しちゃいましょう^^

と言うわけで、一昨日〜昨日、キャンプに行ってきました。
今年のお盆休みは雨でキャンプに行けなかったしね。
今回選んだキャンプ場は「岩内オートキャンプ場マリンビュー」
私は基本的に、電源が設備されているサイトがあるような綺麗なオートキャンプ場には行かないのですが、ここはカーサイト以外にフリーサイトもあるようですし、何より「マリンビュー」の名が示すように、岩内の街と港を見下ろせる素敵なロケイションが魅力。
ただこの手のキャンプ場の常で、チェックイン・チェックアウトが決められてるところが難点。
時間を気にしないでのんびりできるのがキャンプの良いところなんですけどねぇ…まっ仕方ないか…

C.I は13時だったので、途中積丹岬へ寄り道。
昨年行った時は岬の途端から下、海岸には降りられなかったのですが、また降りる事ができるようになっていました。
残念ながらこの時は天気がイマイチで、あの積丹ブルーは見れませんでした(;_;)
f0021369_23121.jpg

積丹に入ってから岩内まで次々現れる“ウニ丼”“ウニ丼”の看板に吸い寄せられそうになるのをぐっと我慢して(原発のおかげで作られた?)きれいな道を進みキャンプ場へ。

キャンプ場は「野営場」ではなく、今時の「オートキャンプ場」である事を思い知らせるに充分きれいに整備されていました。
フリーサイトからの眺望は期待通り。
f0021369_231826.jpg

岩内港の向こうには泊原発が見えます。黒い点々はトンボね。

他のキャンパーはフリーサイトに二組。
同じく犬(ハスキー)連れの夫婦と、親子3人組だけ。
オートサイトは誰もいなくて、広〜いサイトはガラガラ。
夏休み中は連日賑わっていたんだろうなぁ…

おかげさまでダルちんもいつもよりのんびりムード。
ノーリードで遊ばせる事はできないけど、久し振りに走る姿を見れました(って、そんなに走らんのかい!)
f0021369_2311046.jpg

f0021369_2314950.jpg

晩ご飯はやっぱりダッチオーブンでローストチキン。
その代わりごはんも炊かず、パンも焼かずこれだけ。
これだけ何度も焼いていると火加減も上手いもんで、今回も超〜〜美味!!
f0021369_231421.jpg

f0021369_232032.jpg

肉はもちろんですけど、周りの野菜が本当においしいんです。
野菜嫌いの子どもに食べさせてあげたいなぁ、いやマジで。
ふたを開けた時の音と匂いが食欲をそそるんですが…匂いは我慢してもらって音と絵だけはここで

夕暮れ時の眺望は特に素敵でした。
f0021369_2322799.jpg

ただこの日は月が明る過ぎて星空はお預け。
f0021369_2311310.jpg

さて、その夜中の事。
ゴ〜ゴ〜と言う音で目を覚ますと強風でタープの形が変わる程!
何度もペグを刺し直したりロープ自体を張り直したりしましたが、久し振りにテントを飛ばされるかも…と言う恐怖を感じる程でした。
あとでネットを見てみると「山から吹き下ろす強い風でテントが飛ばされる事があるので、そう言う時はキャンプを諦めて下さい」と言う注意書きが…やっぱりそう言う所だったのね^^;;

すっかり早起きさせられたおかげで、きれいな朝焼けを見る事ができたら良しとしましょ。
f0021369_2324255.jpg

f0021369_2323956.jpg

f0021369_2324176.jpg

強風の中、急いで撤収してニセコ〜中山峠経由で帰路へ。
ニセコパノラマラインは雲の中。
折角の眺望、こちらはNGでした。
f0021369_2324422.jpg

f0021369_2324679.jpg

豊平峡で美味しいカレー&ナンを食べて帰宅。
f0021369_231616.jpg

最近は休みと言うと登山や自転車に行く事が多く、以前に比べるとキャンプ頻度はグッと減っちゃいましたが、やっぱりキャンプは楽しい!
実はこれからのシーズンがキャンプには最高。
来月、また行ってこようっと(^^)v


にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
終っちゃいました。
何がって? オリンピック?…もちろんそれもそうなんですが…夏休みが…です。

盆休みには毎年、もう十年以上キャンプに行ってたのですが、今年は行く予定の日に天気が崩れて急遽キャンセル。
秋の紅葉登山に合わせてキャンプに行く予定なので、それまでお預けになりそうです。
仕方なくキャンプは諦めて妻の実家から自転車で出かける事にしました。
先日も行ったばかりですが、また美瑛へ。
f0021369_14113535.jpg

f0021369_14114071.jpg

旭川の妻の実家からだと片道40km程でちょっと物足りない。
あっという間にパッチワークの丘に着いちゃいました。
一応お約束で"セブンスターの木"↓や
f0021369_14114564.jpg

"ケンとメリーの木"↓
f0021369_14114818.jpg

を巡って、ペンショントムテ・ルムへ。

オーナーのmasaさんには、昨年吹上温泉まで一緒に登って頂きました。
今回は残念ながら自転車はご一緒できなかったですが、一年振りにいろいろお話させて頂き、バーニーズの子犬にも会えて大満足^^
もう可愛くて可愛くて…子犬を見ると欲しくなりますね〜
f0021369_14115197.jpg

おねえちゃんのロッタは相変わらず穏やかに迎えてくれました。
f0021369_14115349.jpg

masaさんとこれまた可愛いお嬢さん二人(あっ、本物のお子さんね^^)とお別れして、一路白銀荘へ。
昨年masaさんと一緒に登った時は本当にヘロヘロで大変だったのですが、昨年よりもちょっと登れるようになって来ている事に気を良くしての再チャレンジ。

そうそう、後発隊(義両親&義妹&妻)は車で遅れて白銀荘を目指してきて、白銀荘で待ち合わせ〜温泉入浴の予定…だったのですが…想像通り後発隊の出発が早くて、白樺街道の入り口で早々に追いつかれてしまいました(;_;) まだ待ち合せ場所まで25km以上あるのに!(もちろん延々上りね)
このペースじゃ温泉で1時間以上待たせちゃう計算。
f0021369_14115634.jpg

(あの山の中程まで自転車で登ります↑)
入浴は諦めて一緒に「カフェレストラン バーチ」で昼食をとることにしました。
f0021369_141212.jpg

美味しくビーフシチューを頂きリスタート。
後発隊は「青い池」を目指します。
ここから15km程はダラダラと登るのですが、1%〜2%程度だし楽勝♪と思ってたら、全然足が回らない・・・
タイヤが路面にネッパル感じで重くて重くて…やっとの思いで白金温泉へ。
ここまで出発からまだ60km。普通なら余裕で脚が残っているはずなのに、この調子じゃこの先、白銀荘までの10km登れるかどうか心配になっちゃいました。
それでも一休みして補給もしっかりしていざHC!
f0021369_1412493.jpg

勾配は4%〜7%になるのですが、心拍数も昨年より全然上がらずゼーゼー言う事も無く、脚も何とか戻ったようで足を着く事も無く無事到着。
(心筋が衰えて心拍数が上がらなくなっただけ…と言う説もありますが…^^;;)
f0021369_1412626.jpg

(しっかりインナーローに入ってますな^^;;)
後発隊の車を確認して、私は温泉に入らずそのまま来た道を一気に下山。
いつもの「美瑛選果」で美味しいソフトクリームを食べてる所で後発隊にピックアップしてもらい帰路へつきました。
青空が広がる好天の割に気温はそれ程上がらず、絶好のサイクリング日和でした。
まさに北海道の夏!って感じ。
こんな行程↓
f0021369_1438294.jpg

距離:101.03 km
タイム:6:08:54
平均スピード:16.4 km/h
移動時間:4:38:05
Avg Moving Speed:21.8 km/h
最高速:58.1 km/h
高度上昇値:1,262 m
最高高度:1,007 m

旭川では、先日DOで作ったパエリアが美味しかったので同じ物を作ってみたり、
f0021369_1412949.jpg

麻雀をしたり…あっという間に盆休みは終っちゃいました。
北海道の短い夏はもうすぐ終っちゃう。
で、後2週間もしたら紅葉が始まっちゃうんだよなぁ…嬉しいような悲しいような…
秋には秋の楽しみがたくさんあるけど、まだもう少し夏を楽しみたいです。
次の休みはどこに行こうかな^^

(今回の写真は全てiPhone+HDR加工です)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
# by aki3man | 2012-08-18 15:43 | 自転車
今日の休み、天気も良さそうだしどこに行こうか迷っていました。
自転車に乗ろうか、山に登ろうか…
それが、昨日の飲み会が予想以上に延びて寝不足決定…もっとも、飲み会が無くてもサッカー男子準決勝戦観戦で同じことなんですけどね…で、お出かけは諦めていました。
たっぷり寝坊して起きてみると、めっちゃ良い天気!(いや、だからそう言う予報だったんだって、最初から!)
じっとしていられなくなり、慌てて山に向かうことにしました。
1時間そこそこで登れて景色が良い山…と言うことで「塩谷丸山」に決定。
妻は昨年も登ってますが私は3〜4年振りでしょうか。

青空の下気持ち良く登り始めたのですが、半分程登った辺りから何やら様子が変わってきて、山頂付近は真っ白なガスの中・・・
あんなに良い天気だったのにぃ〜
やっぱり登山は早朝出発に限ると言うことですね^^;;
f0021369_0422537.jpg

それでも山頂に着く頃には山頂のガスは抜け石狩方面は見渡せるように。
本当は積丹方面の見晴が素晴らしいんですけどね。
残念ながら真っ白な雲に阻まれて全く見えませんでした。
(山頂から石狩湾を望む↓)
f0021369_0423649.jpg

ここの山頂ではいつも面白い人に出会うのですが(山頂で急須でお茶を飲んでる人とかね)今回は出発が遅かったおかげでだ〜〜れもいない。
f0021369_0512844.jpg

いたのはクワガタだけだったり…^^;;
f0021369_0422462.jpg

f0021369_0423279.jpg

眺望はイマイチでしたが、家でじっとしているよりはやっぱり楽しい休日でした。
夏は短過ぎて、天気の良い休みは本当に貴重なんですもん。
来週はお盆休みに突入。
まだ予定を立てていないのですが、キャンプはデフォルトです(^^)v
f0021369_0421819.jpg

f0021369_0432919.jpg



にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
折角の休み、生憎の天気でお出かけできる雰囲気じゃない。
まぁ連日のオリンピック観戦疲れを取るには最適なんだけど。。。

そんな訳で昼過ぎまでダラダラしていましたが、降る降る…と言いながら一向に落ちてこない雨雲を見上げているうちに我慢ができなくなっちゃいました。
で、手稲山まで車で行って一年振りのヒルクライム。
登り初めから真っ白でほぼ雲の中状態。
暑いよりは全然良いんですけどね。
f0021369_2212693.jpg

昨年登った時は早々に心拍数が150を越え、160前後をウロウロ。最高は174!脚よりも心臓がヤバかったのですが…
今回は平均143、最高160。
心臓は昨年とは打って変わって全然辛くなかったです。
f0021369_2212863.jpg

ただ、こんな天気で先が全然見えなくて、どこまで道が続いているのか心配になっちゃいました^^
それでも無事ゴール。お約束の写真撮影。
f0021369_22115945.jpg

タイムはと言うと、42'30"
昨年が48'55"ですので、6分半近く縮めました。
昨年より6kg程痩せたので、1kg当り1分縮まった感じ。
あと3kg痩せたら40分切れるかな…なんて^^

50歳の普通のおっさんのタイムとして妥当かどうかは全然分からないのですが、誰かと比べるのではなく、昨年の自分を上回ったことがとても嬉しいです。
40代よりも50代の方が良い成績だなんて、ちょっと素敵。
昨年秋の椎間板ヘルニアで、ちょっと心折れそうになりましたが、頑張って減量&ランニング等を続けてきた甲斐があったようです。

ランニングも以前は5km、30分のペースで心拍数が160を越えたりしましたが、今は10km、55分ペースで140台。
やはり数字になって成果が見えるとモチベイションが上がりますね。
さて、またがんばろっと^^

そうそう、下りはめっちゃ寒くて、とても8月とは思えない。
ウィンドブレーカー持ってきて良かった良かった。
帰宅後自転車ほっぽり出して温泉に行きましたとさ^^;;


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
# by aki3man | 2012-08-01 22:52 | 自転車
先週の休み、当初はキャンプに行く予定でしたが、急に仕事が入りに日帰りに変更。
でもそのおかげで参加者が増えて、楽しい賑やかなデイキャンプになりました。

場所は支笏湖のモーラップ。
雨の予報が出ていたのでちょっと雲行きが心配でしたが、行ってみたら雨どころか時々日が差し暑いくらい。
そうそう、今回はダルちんも一緒です。
まぁ、一緒に行っても楽しいんだか迷惑なんだか、飼い主の私にもイマイチ解らないワンコなんですが…
f0021369_2322191.jpg

(結構楽しそうな顔してますね↑^^)
f0021369_23221740.jpg


デイキャンプと言えばメニューは焼肉…はもちろんですが、今回はCちゃんが12inchのダッチオーブンでローストチキンを焼くと言うので、私は10inchのDOを持って行きDO二段重ねに挑戦。
f0021369_2330558.jpg

DOはこういう風に重ねると、下のDOの上火が上のDOの下火になるので、炭を効率良く使えます。
ただ、多くのDO料理は上火7割、下火3割と言った比率で調理しますので、上のDOの下火が強くなりすぎる可能性があります。
今回は少々時間差を付けたおかげでいい感じに焼くことができました。
ちなみにC調理長はチキンにクレイジーソルトを擦り付けたところでお仕事終了^^;;
ローストチキンは先に蓋に多目の油を入れ熱ししっかり焼き目を付けると、皮がパリッと焼き上がります。
こんな具合に↓
f0021369_23222490.jpg

チキンはもちろんですが、周りの野菜が本当に美味しい!
野菜本来の甘みがじゅわ〜っと中から溢れ出てくる感じ。
ニンジン嫌い、タマネギ嫌いのお子さんに是非、いや本当に。

上の段ではパンを焼こうかとも思ったのですが、焼肉とパンもなぁ…と言うことで、パエリアにしてみました。
米は研がずにオリーブオイルで炒めてから炊きます。
水加減がちょっと難しいですが、さすが魔法の鍋DO。こちらもきれいにちょうど良く炊きあがりました。
f0021369_23222284.jpg

アサリたっぷり(すぎ?)で米が見えませんね^^;;
どちらもと〜〜っても美味しく頂きました^^
f0021369_23222089.jpg

今回はデザートも充実。
T君がかき氷機を持ってきてかき氷を。
Fちゃんが赤肉のメロンを。
f0021369_23305361.jpg

デイキャンプはグルメキャンプになりました。
あっ、メインメニューの焼肉撮るのを忘れた^^;;
青空の下、気心の知れた友人と食べる焼肉なんて、和牛じゃなくても間違いなく美味しいです。
この日だけはしばしダイエットを忘れてお腹いっぱい食べさせてもらいました。

ダルちんはと言うと、人数が多いと焼肉も余ることが無く当りが悪い。
なので専用メニューを水中レストランで。
f0021369_23221657.jpg

手前の黄色いのがバナナ。
水が大大大嫌いなのに、バナナの為なら水に顔を入れちゃえまーす。
無事バナナをゲットして満足そうでした…って、動物虐待??^^;;

今年はまだキャンプに行ってないので、近いうちにキャンプ行きたいなぁ。
自転車でソロキャンでもいいんだけど・・・

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
また日付が遡りますが…
先月の26日、旭岳に登ってきました。
f0021369_2255177.jpg

北海道の最高峰ですが、ロープウェイのおかげで割合簡単に登る事ができます。
とは言え、天気が崩れると遭難の危険性もありますので、睨めてかかるわけには行きません。
幸い当日は最高の天気に恵まれ、その心配はありませんでした^^

20数年前は仕事で年に3~4回登っていたのですが、プライベートで登るのは何年振りでしょ。
ロープウェイを使わず下から登る事もできるのですが、今回は有り難くロープウェイを使わせて頂き、姿見駅から山頂を目指す事に。
f0021369_23433017.jpg

姿見駅を降りるとそこにはまだ一面の雪が。
それでも数分歩けば姿見の池を目指す散策路が姿を現します。
f0021369_2255458.jpg

姿見の池の手前、満月池や夫婦池もまだ雪が残り、白と青の素敵なコントラスト。
f0021369_2255696.jpg

f0021369_2255881.jpg

f0021369_22551161.jpg

この散策路沿いには、メアカンキンバイやエゾノツガザクラなどの高山植物が咲き誇り目を楽しませてくれます。
もっとも、姿見の池を過ぎると森林限界を越えてしまい草花は一切なくなります。
と言う事で、妻もここは新調したマクロレンズを使い写真撮影に精を出していました、こんな感じで↓^^
f0021369_22552154.jpg

で妻が撮った写真はこれ↓
f0021369_22551588.jpg

私も負けずにちょこちょこ撮ってきました。
f0021369_22551868.jpg

f0021369_22552487.jpg

f0021369_22552645.jpg

f0021369_22553471.jpg

f0021369_22553160.jpg

f0021369_22553980.jpg

姿見を越えると本格的な登山開始。
ここからは日差しを遮るものも無く、ハッキリとした登山道も無く、ゴロゴロとした岩に黄色いペンキで書かれた矢印を頼りに山頂を目指します。
f0021369_22554339.jpg

f0021369_23133558.jpg

f0021369_2338494.jpg

ないはずの場所にキバナシャクナゲが!力強い生命力を感じちゃいますね。
f0021369_2315311.jpg

山頂直下には「金庫岩」と呼ばれる特徴的な岩があります。
この岩をルートの目印にするのですが、その手前には「ニセ金庫岩」と呼ばれる、似た形状の岩があり、これを見間違えルートを誤り遭難…と言う事が度々あります。
天気が良い日にはあり得ないのですが、一度ガスると足元もおぼつかない程の視界不良になりますので、天気の急変は本当に恐い山です。
私も一度恐い目に遭いました。幸い事なきを得ましたが…
f0021369_2321423.jpg

さて、今回は間違える事も無く(間違える方が難しい天気^^)無事登頂!
山頂からは素晴らしい眺望を楽しむ事ができました〜
f0021369_23225047.jpg

f0021369_2323670.jpg

山頂には好天にも関わらずほとんど登山者もいず、最高の景色を一人締め(あっ、二人締めでした)
なかなかこれだけの好天には巡り会えません。
もう少し時間があれば、中岳温泉から裾合平経由で下る事もできたのですが、今回は残念ながら諦める事に。
特に裾合平にはチングルマも大群生があるので一度見てみたいと思っていたのですが、時期的に少々早かったようでした。
来年は時期を合わせて裾合平に行きたいなぁ。

取りあえず温泉を楽しみに下山の脚を進めます。
すると登山時には気付かなかった美しい稜線が目に飛び込んできました。
2009年に9名の命を奪った遭難事故で有名になった…トムラウシ。
f0021369_23354815.jpg

いつかは登ってみたいものです、体力に自信があるうちに。
f0021369_2337918.jpg

f0021369_23365311.jpg

f0021369_23373030.jpg

f0021369_23383263.jpg

無事下山しロープウェイ駅を目指していると、野鳥を撮っているカメラマンさんに遭遇。
レンズの先には美しい声で無く小さな鳥がいました。
私も慌ててレンズを向けました。
f0021369_23403711.jpg

f0021369_2341056.jpg

野鳥には全く明るくないのでカメラマンさんに聞いてみると、オスの「ノゴマ」だそうです。
派手に鳴いていました^^

ロープウェイで降りた後はお約束の温泉へ。
今回は湧駒荘をチョイス。
日帰り入浴は小さい方のお風呂しか入れませんが、お湯がとっても良くいい温泉でした。
料理自慢の宿らしいですし、一度のんびり泊まりにきたいです。

と言うわけで、今年…多分4回目?…の山登りのご報告でした。
やっぱりマメにブログ更新しなきゃ、いつどの山に登ったかも分からなくなっちゃいますね^^;;



にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
[PR]
←menuへ