「EZO音楽祭」

昨日、時計台ホールで行われた「EZO音楽祭」に行ってきました。f0021369_15221815.jpg
ちょうど札幌雪祭り開催中という事もあって、時計台の前は観光客でいっぱい。
「札幌のミュージシャンによるライブ、入場無料で〜〜す!」とスタッフが呼び込みしていましたが、その甲斐あってか会場はほぼ満席状態。

18:30に始まったライブは、最初「児玉梨奈」と言う女の子。ギター一本の弾き語り。
2曲目の最後の方でやっと声が出てきたかなぁ、と思ったら2曲で終わっちゃいました。
ギターがフレット音痴なのか、ちょっとハイフレットを押弦すると音が狂ってて気になっちゃいました。
2人目は「板谷みきょう」さんと言うややお年を召された男性、こちらもギター一本の弾き語り。
初めて拝見(拝聴)しましたが、フォークソング創成期にあった感じの、替え歌風だったりメッセージソングだったり、60〜70年代の香りがするシンガーでした。
そうそう、ホーミーも聴かせてくれました。

3組目、「ZERO」と言う三人組ユニット。
f0021369_15225661.jpg

私は初めてだったのですが、音楽仲間のAPさんやいっせいさん、seoさんなどはよくご存知だったようです。
ギターの男性二人がカホンの女性を挟んで、素敵なハーモニーを聴かせてくれました。
メンバーさんのプロフを読むとスタレビ好きと言う事でしたが、それが分かる雰囲気のオリジナル楽曲。
残念だったのは、ギターの音とヴォーカルのバランスが悪かった事。
もっと良いPAでまた聴きたいものです。

4組目は「池庄」
f0021369_1524040.jpg近々発売予定の3枚目アルバムからを中心に5曲ほど。
こちらはもうすっかり安心して聴ける、余裕の演奏でした。
いつ聴いても心地良くって、ほんと和ませていただけます。

時計台のホールは、アコースティックな演奏を聴くにはとても雰囲気が合ってます。
音は別にして、歴史を感じさせる独特の空気がいつも心地良く、とってもリラックスさせてくれます。
固くて座り心地に悪いイスが全然気にならないんですから、ホント不思議(^^;;

夏場のライブだと窓を開けてやる事も多く、外の音が気になる事も多いのですが(ご存じない方にお伝えすると、札幌時計台はビジネス街のど真ん中にあってとても交通量が多いのです!)冬は窓を閉めている事はもちろん、雪が音を吸収するのか街の音も柔らかく感じ、あまり気になりません。
f0021369_15292193.jpg

さて、トリはHTBラジオ『カーナビRadio』やセイコーマートのCMで有名なYASUさん率いる「The Black Beatles」
YASUさんは最初Gibsonのアコギを使っていたのですが、弦が切れるアクシデントもあり途中からエレキに持ち替え、全然(予定の)アコースティックヴァージョンじゃなかったです(^^;;
それでも楽しいMCもあり、場内は盛り上がりました。
結構荒っぽい演奏だったりしますが、メンバーが一番楽しんで、それがお客さんに伝わる…そんなライブでした。まぁ、基本ですね(^^)
"I Feel Fine" "Lady Madonna" "Get Back"などを演奏して、アンコールは時計台ホールが9時までに撤収しなきゃダメなのよ〜…と言うMC(本当にそうなのですが)にかけて"One After 909"(次の9時9分発の列車)で締め。

例年になく暖かく雪が少ない札幌ですが、窓の外はぱらぱらと雪が、そしてその奥には先日経営破綻が報じられた「丸井今井札幌店」が見えました。
世の中は大変な不況で、何かとギスギスしがちな最近ですが、そんな心のコリをほぐしてくれたひと時でした。
EZO音楽祭はまだ今日と明日の18時半〜21時、時計台ホールで行われますので、興味がある方はぜひ足を運んでみて下さい。入場は無料ですので(^^)v
f0021369_1653382.jpg
f0021369_1655717.jpg

[PR]
by aki3man | 2009-02-07 16:05 | ライブ
←menuへ