山下達郎 "Performance 2008-2009" in 札幌(注:ちょっとネタバレあり!)

f0021369_1563614.jpg昨日、首を長くして待ち続けた、山下達郎 "Performance 2008-2009"(北海道厚生年金会館)のライブに行ってきました。

今回のツアー、今日の北海道で千秋楽のはずでしたが、沖縄と東京の追加公演が決まったので、4公演8,000人のまだ見ぬ方々のためにネタバレには配慮する約束。
とは言うものの多少のネタバレはありますので、これからライブに行かれる方はご自分のご責任でお読み下さいm(_._)m

さて昨日のライブ、私、開始時間を勘違いしていて、余裕を持って行ったつもりが席に着くと実は開演数分前。トイレに行くタイミングを外してしまいちょっと心配…
だって、たっぷり3時間以上演ってくれるはずだし。
お客さんはやっぱりかなり年齢層が高かったですが、それでも青森の時よりは若かったかも。

ステージセットは(当然)1月の青森と同じ。
今回はなんと9列目…だけど右端だったため、右側の建物が見えない…でもまぁいいや。
それよりこの角度からだと、達っつぁんに隠れて佐橋が見えなさそう。
いつものゴジラの左には見慣れぬ茶色い置物が…双眼鏡で見てみると“HERSHEY'S Syrup”
新しいお守りかしら?

開演時間を7分ほど過ぎたところで、メンバー登場。
達っつぁんはブルージーンにネイビーのシャツに、いつものテレキャス。
そして"あの"カッティングから始まり始まり〜♪

セットリストは基本的に1月と同じでした。
(♪春よ来い♪が、♪春が来〜た♪に変わったりはしてましたが)
1月は1曲目のカッティングを聴いた途端からボロボロ泣きっぱなしで、3曲目くらいまでの記憶があまり無かったりするのですが(^^;; 今回は3曲目に伊藤広規さんが親指だけで16ビートを奏で続けるのに合わせて、自分も親指を動かし続ける余裕がありました(^^)
ただ、席のせいもあるのでしょう、あまり音が良くなくて、特に最初の数曲はハウリ気味だったりベースがブーミーすぎたりした事も手伝ってちょっと気になりました。
青森のホールは、達郎自身がMCで「ここは日本でも有数の音の良いホール」と言っていただけあって素晴らしい音だったのですが、それに比べると明らかに音抜けが悪く楽器の分離もイマイチ。
ん〜、これだけはちょっと残念。
それでも、それを差し引いても充分すぎるパフォーマンスで、満足度が下がる事は無かったです、はい。

青森から時間が経っているので、バンドの成熟具合も気になるところでしたが、想像以上に熟しきっていた感じ。
特にドラムの小笠原拓海君は、以前より明らかにバンドにフィットしてきて、リラックスしながらも素晴らしい演奏でした。

MCでは、昨年来サンソンで何度も異を唱え続けている、日本各地のホール取り壊しの件について、これでもかと言うほど吠えてくれました。
内容についてはとてもここでは書けません(達っつぁんからも箝口令が出たしね)ただ、取り壊し論争の真ん中にあった、当の「北海道厚生年金会館」のステージですから予想通りのお話。
ほんと熱い人です。

途中、一人ア・カペラのコーナー(とアンコールラスト)では、上がりっ放しのオケピット(この件もMCで話されていました)まで出てきて歌ってくれました。
そこはモニタースピーカーよりも前なので、自分の声がモニターできないハズ…
これを見て、以前サンソンで「昔はモニターなど無いとこでライブやってたので、モニタースピーカーがなくても困らない訓練ができている」と言っていたのを思い出しました。さすが!

青森の時はラスト近くになっても立つ人がそれほど多くなかったのですが「今日のお客さんとは“気”が合う」と言っていただけあって、クラッカーのあの曲からは1Fは総立ち!
(あっ、クラッカーと言えば、間違ってワンコーラス早いタイミングで、しかも中のテープが飛び出すクラッカーを鳴らした人いました…まぁご愛嬌か(^^;;)

アンコールは一曲増えて、なんだかとっても得した気分(^^)v
もうお腹いっぱい…って感じの3時間20分のステージ。
会館の外はまだちょっと寒かったですが、出てくるおじさんおばさん達はみんな笑顔笑顔…
「いやぁ、3時間半はキッツイなぁ」と言いながらもニコニコ。
「聴きたい曲、全部聴けた〜!」と言ってニコニコ。
「また来年もくるかなぁ?」と、気持ちは早くも来年に飛んでる人も。
『音楽で革命は起こせないけれど、音楽で元気付ける事はできると思ってるので、元気がなくなったらまたライブに来て』と言ってくれた達郎の言葉は、ちゃんと皆の心に届いているのでしょうね。
かく言う私も、今から来年のライブが(Joy2と共に)楽しみでなりません。
あっ、トイレは無事最後まで我慢できました(^^;;

ライブ後は音楽仲間のS氏とY嬢と共に美味しい食事を頂きながら、興奮をフェードアウト。
とても楽しい夜を過ごしてきました。
いやぁ、ほんと良かったです。

ライブの詳細は前回レポートしてありますが、備忘録としてセトリをこっそり。
これからライブをご覧になる8,000名の方々は見ないように…ね(^^)

2009.04.24 (Fri)
北海道厚生年金会館


01.Sparkle
02.Jungle Swing
03.Blow
04.春が来た〜Donut Song
05.夏への扉(The Door Into Summer)
06.ついておいで(Follow Me Along)
07.Paper Doll
08.さよなら夏の日
09.Forever Mine
10.バラ色の人生~ラヴィアンローズ
11.Chapel Of Dreams
12.Have Yourself A Little Merry Christmas
13.We Wish You A Merry Christmas~クリスマス・イブ
14.蒼氓
15.Get Back In Love
16.Bomber
17.Let's Dance Baby(~Dancing Queen~ ? ~踊ろよ、フィッシュ)
18.高気圧ガール
19.Ride On Time
Encore
20.ずっと一緒さ
21 アトムの子
22.Down Town
23.Circus Town
24.Your Eyes


山下達郎 (Vocal,Guitar)
小笠原拓海 (Drums)
伊藤広規 (Bass)
難波弘之 (Acoustic Piano & Rhodes)
柴田俊文 (Keyboard)
佐橋佳幸 (Guitars)
土岐英史 (Saxophone)
国分友里恵 (Background Vocal)
佐々木久美 (Background Vocal)
三谷泰弘 (Background Vocal)
[PR]
by aki3man | 2009-04-25 16:12 | ライブ
←menuへ